藍野大学大学院

[私立]

  • 資料請求
大学院紹介
基本情報
カリキュラム
この大学院の資料を請求する

カリキュラム

看護学専攻

本研究科は、実践看護分野と看護マネジメント分野の2つを設置しています。
実践看護分野:成育看護学、高齢者看護学および精神看護学の3領域。
看護マネジメント分野:地域保健看護学と看護管理学の2領域。

共通科目

看護理論、看護倫理、看護教育論、看護研究方法論、発達医療保健論、臨床心理学、医療保健システム論、感染防御論、医療統計学、国際看護論、災害看護論(看護倫理および看護研究方法論は必修科目、それ以外は選択科目)

実践看護分野

◆成育看護学

子どもと家族のよりよい成長発達を促進するための包括的看護を探求する内容です。
成長・発達や家族看護に関する諸理論について学び、子どもの発達評価や健康評価について発達性障害の症例や事例も交え理解します。

◆高齢者看護学

高齢者を多角的にアセスメントする視点を養い、創造的な看護実践を遂行する能力を養う内容です。
総合的で高度な看護判断と看護実践のための理論的基盤を固め、看護実践の最新の方法論と実際およびその課題を総合的に学びます。

◆精神看護学

精神障がい者の援助の実際について施設研修や病院での事例を通して理解を深め、実践や教育・指導の深化につなげます。
ノーマライゼーションや倫理的な視点から、精神障がい者の処遇や精神保健福祉に関する課題や展望、および精神科臨床看護の質の向上に向けた対象理解や構造的な援助方法について理解します。また、地域における自立生活支援に向けた保健・医療・福祉の連携と協働、システム化について考察します。

看護マネジメント分野

◆地域保健看護学

地域保健看護実践のリーダーシップや管理に関する概念・理論および方法論を理解し、効果的・効率的な活動方法、ヘルスケアシステムを探求するマネジメント能力と教育研究能力を修得します。
地域におけるグループ支援の理論と方法、ケアマネジメントに関する諸理論・モデルを理解し、地域住民への個別指導・集団指導を行う際の知識と技術を学びます。

◆看護管理学

現場で優れたマネジメント能力を発揮し、教育研究者としての役割を担える管理者の養成を目的としています。医療・看護をめぐる社会経済環境の変化と、看護政策・行政の動向について理解を深め、そのような変化に対して看護サービス提供システムを改善し変革する組織的対応について学びます。

特別研究

成育看護学、高齢者看護学、精神看護学、地域保健看護学、看護管理学のいずれかの領域に所属して、指導教員、指導補助教員と、また研究室ゼミでのディスカッションによって研究上の問題点を解決しながら、主体的に研究課題テーマに取り組みます。データを収集し、それらを分析・解析し、説明と考察を通して、修士論文の作成・発表を行います。このような研究活動によって、研究的な思考を養い、問題探求のあり方を具体的に修得していきます。この科目は2年通期に設置されていますが、研究テーマの選定をはじめ、研究計画書の作成と研究倫理審査の申請は、可能な限り1年後期中の実施をめざします。