文化ファッション大学院大学

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
カリキュラム
一般入試
入試要項
この大学院の資料を請求する

一般入試・社会人入試 入試要項 

入試日程(一般入試・社会人入試共通)

区分 願書受付期間 試験日 合格発表日 入学手続締切日 入学辞退締切日
I期 2017年
10月6日(金) 〜10月12日(木)必着 
10月21日(土)、22日(日) 10月27日(金) 11月17日(金) 2018年
3月30日(金)
II期 2017年
12月8日(金) 〜12月14日(木)必着 
2018年
1月13日(土)、14日(日)
1月19日(金) 2月9日(金)
III期 2018年
2月16日(金) 〜2月22日(木)必着
3月3日(土)、4日(日) 3月9日(金) 3月16日(金)

試験科目

一般入試

ファッションクリエイション専攻

  1. ファッションデザイン画(90分)
  2. 小論文(60分)
  3. 自己プレゼンテーション・面接(1人約15〜20分間)
    ・過去2年間に製作した作品3点以内の提示とポートフォリオによる作品説明
    ・デザインスケッチノートの提示
    ・面接官との質疑応答

ファッションマネジメント専攻

  1. 小論文(90分)
  2. 自己プレゼンテーション・面接(1人約20分間)
    ・卒業論文や雑誌などへの投稿論文など、事業計画書などの提示とその解説
    ・面接官との質疑応答

※ファッションビジネス能力検定試験1級取得者は、「社会的基礎知識・英語」が免除されます。

社会人入試 ※ファッションマネジメント専攻のみ実施

ファッションマネジメント専攻

  • 自己プレゼンテーション・面接(1人約20分間)
    ・卒業論文や雑誌などへの投稿論文など、事業計画書などの提示とその解説
    ・面接官との質疑応答

アドミッション・ポリシー

グローバル化している今日のファッションビジネスの世界で、知財創造ビジネスモデルを確立し、国際的に通用するデザイン価値を創造・具現化させ、独自のブランドの確立をめざす人を受け入れることとする。

ファッションクリエイション専攻

  1. 本専攻は、次世代ファッションビジネスを創造する、デザイナーやテクノロジストを目指すためのビジョンを明確に描き、その達成に向けて意欲と情熱をもって努力する人材を受け入れる。
  2. 学士課程、高度専門士課程の卒業者のほかに、すでに実務経験があり、さらに高い専門的能力を得たいと願う社会人も受け入れる。

ファッションマネジメント専攻

  1. 本専攻は、次世代ファッションビジネスを創造してマネジメントを行う経営管理者を目指すためのビジョンを明確に描き、その達成に向けて意欲と情熱をもって努力する人材を受け入れる。
  2. 学士課程、高度専門士課程の卒業者のほかに、すでに実務経験があり、さらに高い専門的能力を得たいと願う社会人も受け入れる。

受験資格

一般入試

下記【1】〜【8】のいずれかに該当する者、または2018年3月31日までに該当する見込の者(日本語を母語としない外国籍の方の場合、【9】にも該当すること)

  1. 大学を卒業(学士取得)した者
  2. 大学改革支援・学位授与機構により学士の学位を授与された者
  3. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者
  5. 外国の大学等において、修業年限が3年以上の課程を修了することにより、学士の学位に相当する学位を授与された者
  6. 専修学校の専門課程(高度専門士課程卒業又は修業年限が4年以上であること。その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した者
  7. 文部科学大臣の指定した者
  8. 本大学院において、個別の審査により、4年制大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳以上の者
    ※上記【1】〜【7】に該当しない者は事前の面談が必要です。本大学院まで連絡の上、面談日を相談してください。
  9. 日本語能力に関する下記のいずれかの条件を満たした者(日本語を母語としない外国籍の方のみ)
    1. (公財)日本国際教育支援協会及び(独)国際交流基金が実施する「日本語能力試験」の「N2」もしくは「2級」以上に合格している。
    2. (独)日本学生支援機構が実施する「日本留学試験」の「日本語科目(記述を除く)」において280点前後を取得している。
    3. (公財)日本漢字能力検定協会が実施する「BJTビジネス日本語能力テスト」で420点以上を取得している。
    4. 1、2、3と同等程度の日本語能力を有していると本大学院が認めるレベルである。
      ※上記【9】1〜3 に該当しない者は事前の面談が必要です。本大学院まで連絡の上、面談日を相談してください。

社会人入試

2018年4月1日現在24歳以上で、民間企業または公的機関における同一職種・2年以上の実務経験を有する者で、且つ下記【1】〜【8】のいずれかに該当する者、または2018年3月31日までに該当する見込の者(日本語を母語としない外国籍の方の場合、【9】にも該当すること)

  1. 大学を卒業(学士取得)した者
  2. 大学改革支援・学位授与機構により学士の学位を授与された者
  3. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者
  5. 外国の大学等において、修業年限が3年以上の課程を修了することにより、学士の学位に相当する学位を授与された者
  6. 専修学校の専門課程(高度専門士課程卒業又は修業年限が4年以上であること。その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した者
  7. 文部科学大臣の指定した者
  8. 本大学院において、個別の審査により、4年制大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳以上の者
    ※上記【1】〜【7】に該当しない者は事前の面談が必要です。本大学院まで連絡の上、面談日を相談してください。
  9. 日本語能力に関する下記のいずれかの条件を満たした者(日本語を母語としない外国籍の方のみ)
    1. (公財)日本国際教育支援協会及び(独)国際交流基金が実施する「日本語能力試験」の「N2」もしくは「2級」以上に合格している。
    2. (独)日本学生支援機構が実施する「日本留学試験」の「日本語科目(記述を除く)」において280点前後を取得している。
    3. (公財)日本漢字能力検定協会が実施する「BJTビジネス日本語能力テスト」で420点以上を取得している。
    4. 1、2、3と同等程度の日本語能力を有していると本大学院が認めるレベルである。
      ※上記【9】1〜3 に該当しない者は事前の面談が必要です。本大学院まで連絡の上、面談日を相談してください。

初年度納入金 (2017年度実績)

ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース 1,560,000円
ファッションテクノロジーコース 1,520,000円
ファッションマネジメント専攻 ファッション経営管理コース 1,490,000円

受験料

35,000円