中部学院大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

人間福祉学研究科(修士課程)

あらゆる人が、人間らしく、自分らしく生きるために

キーワードは「連携・協働化」「総合化」「統合化」「情報化」「地域化」「計画化」。家庭、学校、地域が協働で取り組む地域福祉システムの構築と開発、また保健、福祉、医療での統合的実践方法の開発と評価、さらにはバリアフリー社会実現のためのシステム開発を進め、専門研究の推進と実践力を育成します。

新時代に呼応した問題解決実践的研究開発がこれからの「人間福祉」

新しい福祉社会に対応できる人材を育成

社会福祉理論と援助方法の修得をはじめ、地域社会などとの共同研究体制のもとで実践的訓練を演習することで、新しい福祉社会に対応できる問題解決型、実践的研究型の人材を育成します。

実践研究の方法論も有した社会福祉学研究者として

このような専門技術を有する人材の活躍が期待されるフィールドはさまざま。地域介護システムのもとでの保健・福祉・医療分野においては、実践の中枢的役割の担い手になることをめざします。自治体や社会福祉協議会では政策実践の企画・開発に、また学校や地域においては子どもや障害者をめぐる問題解決に精通した専門家として、高度の専門性に加え、実践的研究の方法論も身に付けた社会福祉学研究家としての活躍が期待されています。

人間福祉学研究科(後期博士課程)

政策・制度・計画に関わる研究と、個別的援助方法の研究を両輪とした「総合的な社会福祉研究」を展開

社会福祉の基礎理論研究・社会研究をさらに深め、政策・制度・計画に関わる研究と個別的援助方法の両輪からなる「総合的な社会福祉研究」の発展をめざし、問題解決・開発型の社会福祉専門職業人、社会福祉研究者・教育者を養成します。

実践的手法を身に付けたソーシャルワーカーを養成

時代に即応した社会福祉学の基礎と現実的な応用力を兼ね備えた福祉専門従事者を養成します。
さらに、重要性を増した保健・医療および福祉の連携、地域の教育・福祉推進や、利用者に対する権利擁護などの実施者となる、より専門性の高いソーシャルワーカーを養成します。
また、地域構造、人口特性、地域コミュニティの学際的な分析など、きめ細かな比較研究を展開。地域の特性を理解し、独自の福祉政策を推進できる手法と洞察力を身に付けます。