福島大学大学院 共生システム理工学研究科

[国立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

博士前期課程 共生システム理工学専攻

数理・情報システム分野

数理科学・情報科学・経営工学を基礎とした研究を展開する数理・情報システム分野では、高度情報化社会に適応できる研究者や専門技術者を養成。数理科学では現実の問題を数学的手法によって抽象化・モデル化して解決する能力やアルゴリズム設計能力、情報科学ではソフトウェアシステムを設計・開発・運用できる実践能力、経営工学では工学的手法により経営情報システムや戦略情報システムを構築して企業経営の効率化を図る能力を養います。数理科学やITを基盤に、現代の科学技術の進展や技術革新、社会経済の急激な変化に対応し、課題解決をめざした研究に取り組みます。

【修了後の進路】
IT(ソフトウェア)、物流・流通、コンサルタント等の企業、教員、博士後期課程進学など
【主な研究テーマ】
数学、情報科学、経営システム工学、およびそれらを基礎とする数理・情報システム分野の研究

物理・メカトロニクス分野

物理学・機械工学・電気工学を基盤とした研究を展開する物理・メカトロニクス分野では、社会に役立つ新たな“もの”や“技術”の創出を担う研究者・開発者を育成。新機能を持つデバイスなどの要素技術や新たな測定手法、ロボティクスや生体工学における制御技術・情報技術などの開発を通して物事・ヒト・現象などをシステムとしてモデル化する方法を学び、ヒトの生活に役立つものづくりに必要な設計思想と製作技術を探究します。

【修了後の進路】
電機、医療機器、輸送機器、素材・部材等の製造業や国・県等の試験研究機関、教員、博士後期課程進学など
【主な研究テーマ】
物理学、機械工学、電気電子工学、制御工学、およびそれらを基礎とする物理・メカトロニクス分野の研究

物質・エネルギー科学分野

持続循環型社会の構築への寄与をめざす物質・エネルギー科学分野では、高機能・高付加価値で環境負荷の少ない材料へのニーズに応えるため、無機・有機それぞれにおける新たな物質の創製、新機能の発現をめざしながら、省資源・省エネルギーの製造方法を探求しています。またエネルギー技術に関する革新的研究・実証的研究や、放射性物質の高度分析・汚染土壌に関する研究を通し、福島の復興にも貢献していきます。

【修了後の進路】
化学、エネルギー関連、マテリアル関連、ライフサイエンス、石油・高分子、電気ガス、化粧品・香料、医薬品、バイオ関連、自動車、教員、博士後期課程進学など
【主な研究テーマ】
化学、材料工学、化学工学、エネルギー工学、およびそれらを基礎とする物質・エネルギー科学分野の研究

生命・環境分野

生物学・心理学・地学・気象学・水文学などを軸に研究を展開する生命・環境分野では、自然と人間の共生や環境のモニタリング・管理・計画を担う研究者・専門技術者を育成。生物多様性の調査・保全、人間の心理・生理的仕組みの解明、自然災害の予測、防災と人間活動が環境に及ぼす影響の解明、環境を構成する自然・社会・文化を総合的にとらえたデザイン・計画などの取り組みを通し、幅広い専門分野で活躍できる実践力を修得していきます。

【修了後の進路】
民間企業(土木・環境系、医薬・心理系)、公務員(技術職・総合職)、教員、博士後期課程進学など
【主な研究テーマ】
生物学、心理学、地学、気象学、水文学、およびそれらを基礎とする生命・環境分野の研究

修士課程 環境放射能学専攻

環境中の放射性核種の動態を多角的に捉え、解明する

空気中に放出された人工放射性核種による影響については未解明な部分が多く、またレアメタルなど天然資源の開発における天然放射性核種の管理も重要な課題となるなか、環境放射能学専攻では人工および天然放射性核種の環境中の動態を解明し、中長期的視点をもって計測、モニタリング計画、制御、予測、評価などに総合的に取り組んでいます。専門的な知識・技術・技能、実践的な知識運用・課題解決能力、多元的な視点で事象を捉える姿勢を持って、環境防護、予測評価、環境修復、廃炉、中間貯蔵、浄化などの解決と学術的な発展をめざし、生態学・モデリング・計測の3つの分野における研究に取り組みます。

生態学分野

生態学、生物学、またはそれらを基礎とする放射生態学分野の研究を通して、専門的な知識・技術・技能および、実践的な知識運用・課題解決能力、および多元的な視点から事象をとらえようとする姿勢を育成します。

【主な研究テーマ】
・水生生物(淡水魚類、海水魚類等)への放射性核種の移行過程の解明
・陸生動物(哺乳類等)への放射性核種の移行過程の解明
・森林生態系における放射性核種の挙動に関する研究
・低線量被ばくの動植物への影響に関する研究

モデリング分野

地球科学、現象数理学、またはそれらを基礎とする放射性物質の動態を解明し、モデル化するための研究を通して、専門的な知識・技術・技能および、実践的な知識運用・課題解決能力、および多元的な視点から事象をとらえようとする姿勢を育成します。

【主な研究テーマ】
・河川流域を対象とした水循環・土砂移動にともなう放射性セシウムの動態観測
・ため池・ダム貯水池における放射性セシウムの挙動観測
・水・大気中の各種放射性物質の動態解明およびモデル化
・福島およびチェルノブイリにおける放射性物質動態の比較研究

計測分野

化学、物理学、機械工学、電気工学、またはそれらを基礎とする放射能計測分野の研究を通して、専門的な知識・技術・技能および、実践的な知識運用・課題解決能力、および多元的な視点から事象をとらえようとする姿勢を育成します。

【主な研究テーマ】
・2011年に採取したアーカイブ土壌試料を用いた新たな放射性核種の分析・挙動に関する研究
・帰還困難解除区域における作物摂取に伴う内部被ばく線量に関する研究
・放射性核種の存在形態を駆使した挙動解析に関する研究
・キレート分離技術を用いた放射性核種分離に関する研究

博士後期課程 共生システム理工学専攻

研究プロジェクト型博士後期課程で、さらに深く、さらに高度な研究能力を育む

博士後期課程では、他大学教員、企業、行政を含めた多様な研究者、実務家をプロジェクトメンバーに加え、共に研究を進めることで実践的・具体的に研究を支援する、研究プロジェクト型指導体制をとっています。院生は自らの研究テーマと関連した研究プロジェクトに参加し、プロジェクトメンバーなどから助言指導を受けるとともに、プロジェクト内のほかの研究を理解し、自らの研究テーマと関連性を深めながら研究に取り組んでいます。

研究プロジェクトだからできること
  • 研究内容が複合的視点から議論され、自らのテーマの位置付けが理解でき、システム科学的視点がより強化される。
  • 実務家も参加することで、研究内容の具体性、実践性が確保できる。
  • 研究プロジェクト推進の具体的経験を積むことで、プロジェクト・マネジメントの方法を学習できる。
研究プロジェクト例
  • 先端バイオメカトロニクス技術を用いたトップアスリート養成システム開発研究事業
  • 遷移途中にある自然環境を自然遺産として良好に保全するための研究モデルの策定
  • 廃棄物の効率的効果的回収のビジネスモデルと管理システムの開発

共生機械システム領域

次世代の人と機械の共生関係を実現するために、人理解科学、メカトロニクス、情報・コンピュータ科学に関する高度な研究・教育を行います。

【主な研究テーマ】
制御理論とその応用、先進材料システムの開発と力学的評価、睡眠調節の神経機構、眠りの不思議、ヒト理解に基づくヒューマンインターフェイス、人間共存型ロボットとメカトロニクス応用、動物の記憶・学習機能、物性物理学を基盤とした複雑系科学の解明と応用 など

産業共生システム領域

資源材料・エネルギーなどの工学技術、数理情報基礎に加え、産業政策と環境経済、技術経営(MOT)、経営情報システム、生産管理とロジスティクスシステムに関する研究・教育を行います。

【主な研究テーマ】
環境調和材料の創製、サプライチェーンマネジメント、タンパク質モデルの合成、生産システムの最適化、製造プロセス工学、知的管理情報システム、エネルギーシステム工学と流体工学、産業用微生物及び酵素、非加法的尺度とその応用、再生可能エネルギーの分子化学、生産・物流・経営のシステムモデリング、グラフ描画アルゴリズム、再生可能な生物資源を用いた機能性材料、超微量物質の分析システム など

環境共生システム領域

環境の現状を的確に捉え、実践的な保全・浄化技術の開発ならびに改善した環境の管理・計画に関する研究・教育を行います。

【主な研究テーマ】
都市計画とまちづくり、バイオ・エコシステムを活用した流域管理、メソスケール大気循環、地下水資源の評価、大気微量成分の環境微生物、大規模爆発的火山噴火の将来予測、昆虫の形態・機能・種多様性、サウンドスケープ・デザイン、気候変動と水・土砂災害、環境計画へのシステムズ・アプローチ、地球環境モニタリング・モデリング など