岐阜大学大学院 自然科学技術研究科
岐阜大学・インド工科大学グワハティ校国際連携食品科学技術専攻

[国立]

基本情報

国際共同学位プログラムで両国地域の
“食品及び関連産業の発展”を牽引する人材を育成(修士課程)

本専攻では、留学を伴う国際的な教育環境の中で、食品科学技術に関する専門性、デザイン思考活用力、英語を共通言語としてコミュニケーションする力、国際的対応力(異文化適応力と国際的協働力)ならびに産業を牽引するリーダーとしての資質を有する人材育成のための教育研究を行います。
主な学問領域:食品工学、微生物学、生物工学、生命科学、食品科学、栄養学、数理工学、化学工学など

アドミッションポリシー
本専攻では、以下のような資質が必要となります。
@化学及び生物学を中心とする専門的な学理と技術を既に修得し、さらに食品科学技術に関する高い専門性を得ようとするもの
A能動的な研究活動を実践する意欲のあるもの
B英語を共通言語とし留学を伴う教育環境で学ぶ意欲のあるもの
C文化的な違いに適応し協働する意欲と産業界のリーダーとなる意志をもつもの

国際連携専攻について
国際連携専攻(ジョイント・ディグリープログラム)とは、本学と海外協定大学がそれぞれの強みを活かしたカリキュラムをもとに、共同で作成する教育プログラムです。学生は本学と海外協定大学の両方に在籍して修学し、標準修業年限の中で一定期間を相手大学で学びます。留学を伴う国際的な教育環境の中で講義履修および研究活動を行い、在学期間を延長することなく日本と海外における2大学の連名で、単一の学位を取得することができます。

インド工科大学グワハティ校について
インド工科大学は、工学と科学技術を専門とした国立大学としてインド各地に20校余りが設立されています。グワハティ校は、その第6校目として1994年にアッサム州のグワハティ市に設立され、翌年開学し現在に至ります。B. Tech.、B. Des.、M. A.、M. Des.、M. Tech.、M. Sc.、Ph. D.プログラムを提供する11の学部と5つの学際領域センターがあり、工学、科学、人文科学の主要分野を網羅しているほか、高度な研究を行うための世界クラスの施設が整備されており、最先端の科学技術装置も備えています。
http://www.iitg.ac.in/

研究科・専攻

修士
専攻 入学定員 領域 募集人数
岐阜大学・インド工科大学グワハティ校
国際連携食品科学技術専攻
10名 食品科学技術領域 5名(岐阜大学)

※定員は岐阜大学入学者とインド工科大学グワハティ校入学者を合わせた人数を記載しています。

備考
出願資格として、岐阜大学大学院自然科学技術研究科推薦入試、一般入試、社会人特別入試及び外国人留学生特別入試のいずれかに合格することが必要です。

学び方

◆該当項目に○がついています。
土日・夜間開講     通信制大学院    
長期履修制度     修業年限1年    
科目等履修生     駅前・サテライトキャンパス    
独自奨学金・学費減免

入学料

入学料は徴収しません。

授業料

一年目の前期については全員免除します。その後、学期ごとに成績判定を行い、成績優秀者について授業料を免除します(標準修業年限内)。

問い合わせ先

岐阜大学応用生物科学部学務係

〒501-1193 岐阜市柳戸1-1
TEL:(058)293-2838 FAX:(058)293-2841

http://gnst.gifu-u.ac.jp/

所在地・アクセス

〒501-1193 岐阜市柳戸1-1
JR岐阜駅・名鉄岐阜駅から大学まで約7km
両駅から岐阜バスで約30分
https://www.gifu-u.ac.jp/access/


岐阜大学大学院自然科学技術研究科入試情報
http://gnst.gifu-u.ac.jp/admission/