上越教育大学大学院

[国立]

大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
Topics
社会人入試
Topics

一般入試 Topics

教育職員免許取得プログラム:大学院で学位と教員の免許が取得できるプログラム

このプログラムは、長期履修学生制度に基づき3年間で大学院修士課程又は専門職学位課程(教職大学院)の教育課程と学部の教育課程を併せて履修することにより、教職に関する高度な専門知識を修得するとともに、得意分野を持った小学校教員や中学校教員等の養成をめざすものです。
学部の教員養成カリキュラムを履修し、単位を修得することにより、教育職員免許状取得の所要資格を得ることができます。本プログラムを申請した方(※)で、大学院の入学試験に合格し、併せて本プログラムの受講を許可された方が受講することができます。

※修士課程の臨床心理学コース及び専門職学位課程の教育経営コースは、本プログラムの対象外としていますので、両コースの志望者は、本プログラムを申請することができません。

筆記試験免除:機関長(学長・学部長)推薦者

大学新卒者を対象に、大学院修士課程又は専門職学位課程(教職大学院)進学への強い熱意を有し、かつ、学業成績及び人物ともに優れていることを機関長(学長又は学部長)が認め推薦する者に対し、大学院入試において筆記試験が免除されます。

対象となる修士課程の専攻・コース(科目群)は、以下のとおりです。
課程専攻コース(科目群)
修士課程 学校教育専攻 道徳・生徒指導コース
教育連携コース
臨床心理学コース
幼年教育コース
教科・領域教育専攻 言語系教育実践コース(国語)
芸術系教育実践コース(音楽)
芸術系教育実践コース(美術)
生活・健康系教育実践コース(保健体育)
生活・健康系教育実践コース(技術)
生活・健康系教育実践コース(家庭)
生活・健康系教育実践コース(学校ヘルスケア)
専門職学位課程
(教職大学院)
教育実践高度化専攻 教育臨床コース

筆記試験免除:教員採用試験合格者

教育委員会が実施する教員採用試験(当該年度前に実施された試験を含む。)の合格者で、採用候補者名簿に登録された者又は公立学校の常勤教員として正規採用された経験のある者(ただし、派遣教員は対象としない。)に対し、大学院入試において筆記試験が免除されます。

対象となる専攻・コースは、以下のとおりです。
課程専攻 コース(科目群)
修士課程 学校教育専攻 グローバル・ICT・学習研究コース
道徳・生徒指導コース
教育連携コース
幼年教育コース
特別支援教育コース
教科・領域教育専攻 言語系教育実践コース(国語)
言語系教育実践コース(英語)
芸術系教育実践コース(音楽)
芸術系教育実践コース(美術)
生活・健康系教育実践コース(保健体育)
生活・健康系教育実践コース(家庭)
生活・健康系教育実践コース(学校ヘルスケア)
専門職学位課程
(教職大学院)
教育実践高度化専攻 教育臨床コース

筆記試験免除:派遣教員・教職経験者

派遣教員又は教職経験者は、一部のコースを除き、大学院入試において筆記試験は課しません。

対象となる専攻・コースは、以下のとおりです。
課程専攻コース
修士課程 学校教育専攻 グローバル・ICT・学習研究コース
道徳・生徒指導コース
教育連携コース
幼年教育コース
特別支援教育コース
教科・領域教育専攻 言語系教育実践コース
社会系教育実践コース
自然系教育実践コース
芸術系教育実践コース
生活・健康系教育実践コース
専門職学位課程
(教職大学院)
教育実践高度化専攻 教育臨床コース
教育経営コース

※ 派遣教員:都道府県教育委員会又は政令指定都市教育委員会から現職のまま「同意」を受け出願する者
※ 教職経験者:初等中等教育における3年以上(2018年4月1日現在)の教職経験を有する者

修学支援:科目等履修生の検定料、入学料、授業料の無料化

科目等履修生の検定料、入学料及び授業料の無料化により、多様化する学校教育の現場が求める複数の教員免許状の取得を支援します。
本学大学院学校教育研究科に在籍する学生が、科目等履修生として学校教育学部の授業科目を履修する場合は、1年間の履修上限単位を34単位とし、検定料、入学料及び授業料が無料になります。

※1 本学大学院学校教育研究科に在籍する学生(現職教員(派遣・修学休業制度利用)を除く)は、科目等履修生として学校教育学部の教育実習に係る授業科目の履修はできません。
※2 授業科目によっては、履修者数による制限があり、受講できない場合もあります。
※3 本学科目等履修生規則及び同細則に基づき手続き等が行われます。
※4 本学大学院学校教育研究科には、「教育職員免許取得プログラム」という教育職員一種免許状を取得するためのプログラムがあります。

修学支援:教員採用候補者名簿登載期間延長制度を利用して修学する者への授業料免除制度

教員採用候補者名簿登載期間延長などの特例措置を利用して修学する者を対象に、授業料の全額又は半額を免除する制度があります。なお、在学中に教員採用試験に合格し、この制度を利用して修学を続ける者も対象となります。

修学支援:大学院修学休業制度等を利用して入学する者の授業料免除制度

教育公務員特例法に基づく「大学院修学休業制度」、国家公務員の自己啓発等休業に関する法律及び地方公務員法に基づく「自己啓発等休業制度」によって本学大学院に入学した現職教員に対し、授業料の全額を免除する制度があります。

修学支援:社会経験者への修学(学び直し)支援

大学卒業後5年以上の社会経験(会社勤務、アルバイト、子育て、留学、大学院修学など)を有する教員免許状所有者で、入学時における年齢が50歳未満の者を対象に(派遣教員を対象としない。)入学初年度のみ授業料の半額を免除する制度があります。また、世帯用学生宿舎を優先的に貸与します。

修学支援:「上越教育大学くびきの奨学金」による修学支援

「上越教育大学くびきの奨学金」は、経済的理由により修学が困難でかつ成績が優秀な者と認められる場合(授業料免除申請者で、免除を受けられなかった者が対象)に、選考により給付されます。給付額は、前期及び後期の各期8万円(長期履修学生および教育職員免許取得プログラム受講生は、5万円)です。

臨床心理士養成の「第一種指定大学院」

臨床心理学コースは、臨床心理士の受験資格が得られる第一種指定大学院として、財団法人日本臨床心理士資格認定協会から指定されています。本コース修了後、直近の臨床心理士資格認定試験が受けられます。

「学校心理士」の受験資格

道徳・生徒指導コース、教育連携コース又は臨床心理学コースに在籍し、所定の単位を修得することで、「学校心理士」の申請要件の一部を満たすことができます。申請には、このほか学校心理学に関する1年以上の専門的実務経験と、「学校心理士」認定運営機構が実施する試験への合格が必要です。

本学の資料請求はこちらから
http://www.juen.ac.jp/110request/010graduate.html