上越教育大学大学院

[国立]

大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
Topics
社会人入試
Topics

研究科・専攻

学校教育研究科 学校教育専攻

さまざまなニーズに対応するための専門能力・資質を高める

本専攻は、2016年4月より、6つのコースとして生まれ変わりました。

グローバル・ICT・学習研究コースは、学びのある学習活動やカリキュラムを創造し、教科などの学習過程や学びのフィールドの現況を捉える資質や感性を備え、教育の現代的課題に対応できる教員を養成します。

道徳・生徒指導コースは、近年の、いじめ対策推進法の制定や道徳の教科化など、大きく変わりつつある学校教育を巡る状況に対応して、日々学校現場で起こる生徒指導に関するさまざまな問題に適切に対処できる教員や研究者を養成します。
狭い意味での生徒指導ばかりでなく、「道徳教育」「特別活動」「教育相談」「キャリア教育」などを網羅的に取り扱います。

教育連携コースは、「子どものための連携とは何か」「連携の窓口となって多様な人々・機関との関係を構築していくために教師に必要な知識や力量とは何か」「具体的な連携をどのように進めていったらよいか」など、連携という視点に立って教育学や心理学の立場から、教育の在り方について専門的に追究しています。それらにより俯瞰的視野をもちながら、教育実践における多様な連携をデザインできる教育者を養成します。

臨床心理学コースは、「こころ」と「行動」の問題の解決に必要な理論と知識を学ぶとともに、体系的な心理実習を行います。修了と同時に臨床心理士の受験資格を得ることができ、いじめ、不登校、ひきこもりなど児童・生徒のさまざまな問題の解決・改善を図るスクール・カウンセリングをはじめ、多くの領域で活躍できる心理臨床家の養成をめざしています。

幼年教育コースは、幼児期から児童期の特徴を探り、その望ましい教育のあり方を求める教育研究を、幼稚園・保育所・小学校および家庭の教育などとの関連に留意しながら総合的に行います。幼稚園・小学校の現職教員や保育所の保育士はもちろんのこと、学部新卒者など幼児教育に強い関心をもつ者を対象としています。

特別支援教育コースは、障害のある幼児・児童・生徒の教育的ニーズに応じて適切な指導と必要な支援を行うことができる実践的指導力を持つ教員の養成を目標としています。特別な教育的ニーズのある児童・生徒などに対して、多角的にアプローチし、特別支援教育が直面するあらゆる問題や課題に対応できるよう配慮されています。
詳細はこちら

学校教育研究科 教科・領域教育専攻

各教科と連携し、より高度な研究を完成する

本専攻は、個別の教科にかかわる基礎的・理論的な知見や応用、並びに教育方法を研究と教育の対象とし、5つのコースに分かれ教育・研究を行います。

言語系教育実践コースは、言語の本質と機能、言語表現、言語芸術(文学)に関する総合的研究を基盤とし、言語・文学および言語系教科教育に関する専門的な研究・教育を行います。「国語」と「英語」の科目群で構成されています。

社会系教育実践コースは、社会科教育学、社会科に関する人文科学、社会科学、自然科学の諸領域について総合的・専門的な研究を行います。この目的を達成するために、歴史的変遷、社会構造、地域認識およびその成果を教育実践に有機的に関連づけることを重視しています。

自然系教育実践コースは、「数学」と「理科」の科目群で構成されており、自然や科学の理解に関する各分野について高度な研究・教育を行います。

芸術系教育実践コースは、芸術の表現や鑑賞等に関する科目、音楽科教育、音楽に関する専門科目および美術科教育、美術に関する専門科目などについて総合的・専門的な研究・教育を行います。「音楽」と「美術」の科目群で構成されています。

生活・健康系教育実践コースは、「保健体育」、「技術」、「家庭」および「学校ヘルスケア」の4つの科目群で構成されており、生活・健康に関する科目、保健体育科教育、技術科教育、家庭科教育および健康教育・食の教育に関する専門科目について総合的・専門的な研究・教育を行います。
詳細はこちら

学校教育研究科 教育実践高度化専攻(教職大学院)

連携協力校と教育課題の解決をめざす「学校支援プロジェクト」を実施

本専攻(教職大学院)は、2016年4月より、コース名を教育臨床コース教育経営コースに改め、教育経営コースには修業年限を1年とする教職大学院1年制プログラムを設置しました。
本専攻(教職大学院)では、教育実践を特徴づける「即応力」、それを支える「臨床力」と「協働力」を重視します。
「即応力」とは、研究過程と一線を画する、まさに教育実践を特徴づけるコンセプトです。それは、刻々と変わる教育現場の状況を即時に判断し、適切に対応しながら教育実践を展開していく力です。このような力を真に実現するためには、「臨床力」と「協働力」が不可欠です。
「臨床力」とは、学問知と実践知の動的なバランスを保持する力であり、実践のただ中に身を置き、学問知を用いて教育実践の記録・分析を行い、それに基づいて実践知を組み替えていく力のことです。
「協働力」とは、教員同士はもちろん、保護者や地域の人々など、さまざまな人々とのつながりを持ちつつ課題を解決していく力や、人々の中に協働性を構築する力のことです。
教職大学院のカリキュラムは、臨床共通科目、コース別選択科目、実習科目で構成されています。全国から多くの中堅現職教員が集まる上越教育大学では、その特色を生かして独自の「学校支援プロジェクト」を中核とした教員養成カリキュラムを開発しました。このプロジェクトは、近隣の連携協力校など97以上の施設において、「学校支援フィールドワーク」(実習科目)、フィールドワークにおける実践の省察を行う「学校支援リフレクション」(コース別選択科目)、その成果を学校現場に還元する「学校支援プレゼンテーション」(コース別選択科目)という相互に関連付けたカリキュラムによって実現されます。
詳細はこちら

本学の資料請求はこちらから
http://www.juen.ac.jp/110request/010graduate.html