神奈川大学大学院

[私立]

基本情報

より深く、より専門的に進化する教育体制で自己実現をサポート

7学部・20学科・2プログラムを設置する神奈川大学。本学大学院は、これらの各学部を母体とする7研究科と、独立大学院としての歴史民俗資料学研究科の計8研究科を設置しています。
2010年、全研究科・専攻の教育研究上の目的を見直すとともに、「ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)」「カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)」「アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)」の『3つのポリシー』を策定(2012年改定)。それぞれの研究科でより深く、より専門的な学修と研究を展開し、一人ひとりの自己実現をサポートします。

研究科・専攻

博士
研究科 専攻 募集人員(注)
博士前期 博士後期
法学 法律学
20名
3名
経済学 経済学
30名
4名
経営学 国際経営
10名
3名
外国語学 欧米言語文化
10名
3名
中国言語文化
5名
2名
人間科学 人間科学
12名
4名
理学 理学
59名
3名
工学 機械工学
45名
6名
電気電子情報工学
45名
6名
応用化学
45名
6名
経営工学
20名
6名
建築学
40名
6名
歴史民俗資料学 歴史民俗資料学
20名
3名

注)上記入学定員には、社会人特別入試・外国人留学生入試・指定校制推薦入試による募集人員(若干名)を含みます。

学び方

◆該当項目に○がついています。
土日・夜間開講
※1
通信制大学院   
長期履修制度
※2
修業年限1年
※2
科目等履修生
※2
駅前・サテライトキャンパス   
独自奨学金・学費減免

項目の説明

※1 昼夜、土曜日開講。
※2 研究科・専攻により異なります。

昼夜開講制度

本学大学院では社会人の入学を促進し、大学院教育の一層の充実をめざすために、法学研究科法律学専攻、外国語学研究科欧米言語文化専攻、歴史民俗資料学研究科歴史民俗資料学専攻で昼夜開講制度(博士前期課程)を導入しています。
昼夜開講制度では昼間主コースと夜間主コースが設定されており、夜間主コースを選択する学生に対しては、夜間時間帯・土曜日の学修で課程を修了することができる授業科目の時間割を念頭におきつつ、また、基本的にはこれまでの教育課程の枠を維持しながら、それぞれの学修目的に沿った履修モデルを設定するというような学修の便宜が図られています。

科目等履修生

単位修得を目的とし、大学院授業科目を履修する場合に利用する制度です。本学大学院の学生以外の方で、大学院の正規の単位を修得したいという方を対象に、選考のうえ、科目等履修生として入学を許可します。
科目等履修生は、本学大学院の授業科目の中から選択した科目を履修し、単位を修得できます。また、すでに教諭一種免許状を取得済みの方で修士の学位をお持ちの方が、この制度を利用して所定の科目を修得することにより、「専修免許状」を取得することができます(ただし、教職課程を設けている研究科、専攻に限ります)。

問い合わせ先

入試センター

〒221-8624  横浜市神奈川区六角橋3-26-1
TEL:(045)481-5857

所在地・アクセス

横浜キャンパス
【法学・経済学・外国語学・人間科学・工学・歴史民俗資料学】

〒221-8686  神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1
東急東横線「白楽」駅、または「東白楽」駅下車、徒歩13分
JR線「横浜」駅西口バスターミナルから横浜市営バスを利用(東神奈川駅西口経由)
   【1番乗場 36系統】菅田町/緑車庫行(約14分)「神奈川大学入口」または「六角橋西町」下車
   【1番乗場 82系統】八反橋/神大寺入口行(約14分)「神奈川大学入口」または「六角橋西町」下車
横浜市営地下鉄「片倉町」駅前より横浜市営バス利用
   【2番乗場 36・82系統】「東神奈川」駅西口/「横浜」駅西口行(約6分)「神奈川大学入口」または「六角橋西町」下車

事務局のある1号館や入試センター・セレストホールのある16号館へは「神奈川大学入口」で、またシンポジウムなどが多く行われる20・23各号館や神奈川大学生協へ行く場合は「六角橋西町」で下車すると便利です。

湘南ひらつかキャンパス
【経営学・理学】

〒259-1293  神奈川県平塚市土屋2946
JR東海道本線「平塚」駅北口から神奈川中央交通バスを利用(約28〜35分)
   【平10・37・38系統】 「平塚」駅北口発神奈川大学校舎前行・・・11番乗場(始発から13時まで)・1番乗場(13時から終発まで)
   【平76系統】 「平塚」駅北口発中沢橋経由秦野駅南口行・・・2番乗場
小田急小田原線「秦野」駅北口から神奈川中央交通バスを利用(約25分)
   【秦38・39系統】 神奈川大学校舎前行 「神奈川大学校舎前」下車・・・1番乗場