神戸学院大学大学院 法学研究科

[私立]

  • 資料請求

カリキュラム

学びのポイント

法学専攻

憲法、行政法、刑法などの公法分野、民法、商法、民事訴訟法などの民事法分野を中心に、主として伝統的な法律分野に関する高度な専門知識と法的思考力の修得をめざします。
また、兵庫県行政書士会との学術交流協定に基づく司法研修講座も開講されており、実務家の皆さんと一緒に学ぶことができる実務系科目も用意されています。
「法学専攻」の博士後期課程では、専攻分野の研究を指導教員の個別指導の下で推進し、博士論文の作成をめざします。

国際関係法学専攻

国際的な素養を有する人材を育成する目的から、国際法、国際取引法、国際関係論など、国境を越えた多様な問題に対応する専門分野を中心に高度な知識と思考力を修得します。

「特殊講義」と「特殊研究」

修士課程における授業は、どちらの専攻においても、「特殊講義」と「特殊研究」から構成されています。「特殊講義」では、少人数のゼミ形式での発表と議論を通じて多様な専門分野における高度な知識と思考力の向上をめざします。科目によっては、判例や文献の輪読とディスカッションという形で進めるところもあります。「特殊研究」では、専攻分野における特定テーマの修士論文の作成に向けて、指導教員の個人指導を2年間継続して受けることになります。