国際大学(IUJ)大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
先輩の声
国際経営学研究科
熊谷陽介さん
MBAを取得し、ビジネスを作る・
競争に勝てる力を身に付けたい!
一般入試
入試要項
Topics
この大学院の資料を請求する

先輩の声

国際経営学研究科

MBAを取得し、ビジネスを作る・競争に勝てる力を身に付けたい!

国際経営学研究科
MBA1年制プログラム(IMBA)
経営学(修士課程修了)   

熊谷陽介さん

早稲田大学政治学部政治学科卒業後、大手メーカーに11年間勤務。体系的にビジネスや経営の基礎知識を身に付けたいと2017年9月より国際大学MBA1年制プログラムに入学。現在は、大手化学メーカー経営企画部門で、企業経営の立案、経営陣へのプレゼンテーションなど、さまざまな面から経営業務のサポートに当たっている。

自分のポテンシャルを上げるために環境を変える

11年勤務した企業を退職し、国際大学への入学を決意した熊谷さん。その思いはどのようなものだったのだろうか。

大学卒業後は、製造業の大手メーカーに入社し、国際営業ビジネスに携わっていました。海外の企業やビジネスパーソンと多く対峙する中で、徐々にお客様に会ってモノを売るというオペレーション的な「経営の一部」ではなく、マーケティングやファイナンスといった経営戦略に関わる知識を得て「自分のポテンシャルを上げたい」という想いが強まり、MBAの取得を考えるようになったのです。

最初は働きながらMBAを取得できる大学への進学を考えていましたが、たまたま参加した国際大学の説明会で、全ての授業が英語で行われていること、世界各国、しかも新たな市場として注目度の高いアジア・アフリカからの留学生が集まっていること、また各業界のリーディングカンパニーとのつながりが強いことを知り、「ここしかない!」と受験を決意しました。1年間という短い期間の中で、どれだけ実り多い学びができるのか、修了後に自分が望む姿があるのかといった点からも大変魅力を感じましたね。

グループワークを通じ、明解な根拠に基づいた「論破力」を磨く

海外留学生からの留学生が8割、使用する言葉はすべて英語という国際大学の学びはどのように行われるのだろうか。

国際大学の授業は全科目がグループワーク。性別も、国籍もバラバラな4〜5人のメンバーで編成されます。1つのテーマに対して5つほどの課題が出され、与えられた資料を読み込み、設定された条件(情報)の範囲で各グループが解決策を模索、「5Forces分析」を用いて企業を取り巻く業界構造や競争要因を把握するのはもちろん、どのような根拠を持って、どのような答えを出すのかをグループのメンバーと議論を重ねていきます。例えば『R&Dに投資すべきか』というひとつの課題に対して「研究開発部門の人材は永年雇用すべきという意見と、「不確定要素が多い研究開発部門は外注すべき」という意見が出たとします。それはどちらも状況や条件によっては正論です。ですから自分たちの意見に対して「正しい」と言い切る確固たる根拠を示し、反論に対しては明解な根拠を持って論破することが求められます。実際、このテーマでは議論が白熱し、各グループの意見は十分な調査・研究がされていると高い評価を受けました。

現実の企業経営では、条件や状況により正解は変化します。みんなが1つの正解にたどりつくのが目的ではなく、答えにたどり着くための最適なフレームワークを用い、緻密な調査・分析・検討がなされたかが重要となります。私にとっては自分の企業勤務経験を振り返り、自分がやってきたことを理論づけ、再度整理し、言語化して再構築する機会にもなったと思っています。

レベルもスピード感もケタ違い! 刺激的な経験を積み重ねた留学生活

交換留学制度を利用し、3ヶ月間、アメリカに留学した熊谷さん。発言のスピードと内容を求められる中で得た知識・経験とは?

2018年9月から11月末までの3か月、アメリカのダートマス大学タック経営大学院で交換留学生として学びました。この3か月は今思い起こしても自分のこれからの人生に大きな影響を与える日々だったと思っています。特に印象に残ったのが「CEOエクスペリエンス」の授業。これは企業の全てを統括するCEOが直面するさまざまなケーススタディを学ぶもので、実際に大きな会社の経営をしつつ、ニューハンプシャー州で知事をしていたという方から講義を受けます。その内容が本当に面白くて、CEOとしての考え方を、ケーススタディを用いながら説明していきます。その中でどんな心持ちでいればよいのか、どんな姿を従業員に示すのか、リーダーシップをどうとれば良いのかを考えていくのですが、判断や意思決定に悩む事例も多く、難しかったですね。実例ですから大失敗をしたような生々しい話も多く、理論や机上の勉強だけで得たビジネスの知識だけで考えるのではなく「ヒューマンスキル」が大切だと知りました。その時にいただいた「大切なのは知識や戦略を考えることではなく、実行力だ」という言葉は、自分の座右の銘となっています。

授業の7割は学生の発言で展開されるので、「1回の授業で2回は発言しよう」と自分に課していたのですが、海外の学生は発言することに慣れているのでスピード感がすごく、難しい点もありました。しかも、議論を巻き起こし、会話を発展されるような発言でないと評価されません。プレッシャーの中、レベルの高い学生たちと肩を並べて学ぶ日々はとても刺激的でしたし、こうした機会を得ることができた点からも国際大学大学院を選んで良かったと思いましたね。

日本企業の文化とMBAの知識・理論を融合させ、企業経営を支える力に!

修了後は化学メーカーの経営企画部門へ就職。企業戦略立案など、経営の根幹に関わる中で感じる成長とは?

2018年12月に修士課程を修了、今は化学メーカーの経営企画部門で勤務しています。M&A、設備投資などのプロジェクトが多く、ファイナンスの考え方を意思決定にもっと取り入れようという議論も活発になっており、大学院で学んだことを活かす場面がたくさんあります。また、入社から半年しかたっていないにも関わらず、経営陣への資本コストや会社の財務選択の在り方についてのプレゼンテーションをさせて頂くなど、非常にやりがいを感じています。よく「MBAを取得しても日本企業では活用の場がない」という声を聴きますが、アメリカで生まれたMBAという理論を日本企業の意思決定に落とし込むためには、やはり、日本企業の文化を知り「翻訳」することが大切だと思っています。大学院で学んだ知識を生かし、日本の企業文化とMBAの知識・理論を融合させ、うまく落とし込む役割を担っていきたいと思っています。

2018年2月に国際大学は、AACSB(The Association to Advance Collegiate Schools of Business)Internationalの国際認証を取得しています。この認証を取得しているのは、約16,000あるといわれる世界中のビジネススクールのうちなんと5%程度。国際的に通用するMBAを海外に行くことなく、日本国内にいて取得できるのはコストパフォーマンスの面でも非常に高いメリットがあると思います。