名古屋市立大学大学院 芸術工学研究科

[公立]

大学院紹介
基本情報
研究科・専攻

研究科・専攻

芸術工学研究科(博士前期課程)

情報環境デザイン領域

映像・音響、メディア表現、インタフェース、テキスタイル、情報通信工学、メディア工学に関わる高度な理論・技術・技法を修得し、情報空間のデザインやメディア表現、情報環境を向上させるシステムやソフトウェアに関する研究や制作を行います。
関連分野のデザイナー、クリエーター、技術者、研究者を養成します。

 

(写真:Stretchar(m) HMDを使用した「腕が伸び縮みする感覚」を与える装置 小鷹研究室)

産業イノベーションデザイン領域

プロダクト、グラフィック、3DCG 、機械・電気工学、環境情報学、人間工学を対象とし、健康や医療に資するプロダクト、プログラミング技術を活用した3DCG 、新しいグラフィック表現などの研究や制作を行います。デザイナーや技術者、研究者を養成します。

 

(写真:CGアニメーション Numeric code 高橋研究室)

建築都市領域

意匠・計画、構造・材料、環境・設備、都市・地域に関わる理論と技術を修得し、美しく、機能的、安全で快適な建築・都市の設計に関する研究や制作を行います。
建築・都市分野の設計家や技術者、研究者を養成します。

 

(写真:陸前高田市 箱根山テラス 久野研究室 ©photo by Tatsuya Noaki)

芸術工学研究科(博士後期課程)

「情報環境デザイン学」「産業イノベーションデザイン学」「建築都市学」の3科目のいずれかの特別研究と特別演習を履修します。各自が主指導教員と相談の上設定した研究テーマについての研究を実施し、博士論文としてまとめます。
博士後期課程に在籍する大学院生は、情報工学、プロダクトデザイン、音響デザイン、建築学、環境デザインを専門とする教員を主指導教員として、芸術工学分野の高度な専門的テーマの研究に取り組んでいます。
研究内容とこれまでの学位取得テーマについて


本学の募集要項はこちらから
http://www.nagoya-cu.ac.jp/admissions/graduate/sda/