名古屋市立大学大学院 芸術工学研究科

[公立]

大学院紹介
基本情報
研究科・専攻

研究科・専攻

芸術工学研究科(博士前期課程)

芸術工学分野における学術研究の追究とその高度化を目的とし、より豊かな未来を切り開く原動力となる専門能力を持った人材を育成

人間についての深い理解や広い視野、豊かな感性、科学技術に関する高度な知識と技術を修得し、独創的な研究や制作に従事することにより、高度な専門的職業人や研究者を育成することを目的としています。
博士前期課程は3領域(情報環境デザイン領域、産業イノベーションデザイン領域、建築都市領域)からなり、社会が抱える諸問題の解決の糸口を見つけ出し、持続可能な社会の形成に関与できる能力の獲得を目的としています。
高度な専門的職業人や研究者をめざす大学院生だけでなく、多様な経歴を持つ社会人の再教育や、研究成果を職場で生かしたいと考えている社会人に対する研究教育体制も整えています。

3領域での研究教育内容

1)情報環境デザイン領域

映像・音響、インターフェイス、テキスタイル、メディア工学、情報通信工学を対象とし、情報環境を向上させるためのメディア、システムのデザインに関する教育研究領域です。

2)産業イノベーションデザイン領域

プロダクト、グラフィック、3DCG、機械・電気工学、人間工学を対象とし、産業デザイン領域における技術革新に資するプロダクトや機器のデザインや開発に関する教育研究領域です。

3)建築都市領域

建築計画・設計、構造、環境、都市・地域に関わる知識と技術を修得し、建築都市に関わるデザイン、技術に関する教育研究領域です。

博士前期課程の特色

学外実務プロジェクト・学内実務プロジェクト

一般学生に対して大学院で修得する知識が実務でどのように生かされるかを理解させ、理論と実務を関連づけるために、企業やデザイン事務所、建築設計事務所などに出向き実務を経験する学外実務プロジェクトを、社会人学生に対しては、実務経験をふまえた事例研究や課題研究を目的とする学内実務プロジェクトを実施しています。

芸術工学研究科(博士後期課程)

21世紀基幹産業の拡大および高次化に対応できる、より高度で豊かな専門能力や学識、技術、創造性を有する研究開発能力を持った人材を育成

芸術工学分野の研究者および各分野の高度な専門的職業人の指導者として活躍できる人材の育成をめざします。
「情報環境デザイン学」と「産業イノベーションデザイン学」と「建築都市学」3科目のいずれかの特別研究と特別演習を履修します。各自が主指導教員と相談のうえ設定した研究テーマについての研究を実施し、博士論文としてまとめます。学位取得のためには、学会などの論文誌に第三者の査読を経て掲載されることが条件となります。指導は主指導と副指導2名の教員が中心です。また、年2回実施される中間発表会では構成教員全員による指導が得られるなど、芸術工学の学際性を生かした研究の遂行が可能です。
博士後期課程では15名程度の大学院生を受け入れており、芸術工学分野の情報環境デザイン領域、産業イノベーションデザイン領域、建築都市領域における高度な専門的テーマの研究に取り組んでいます。

修学を支援する制度

研究科内でのTAやRAの臨時雇用を行う研究遂行支援制度や、国際学会での発表における旅費の一部を補助する制度など、奨学金以外に修学を支援する制度も設置しています。社会人は、長期履修制度が利用でき、基本の教育課程の年数分の授業料納入で、修業期間を3年以上に延ばすことも可能です。

これまでの学位取得テーマ

高速道路のインターチェンジ配置手法とその応用に関する研究

明治時代の建築雛形本による洋風意匠の受容に関する研究

環境演出特性の抽出と構造化に関する計画的研究-インスタレーションを用いた環境デザインの可能性に向けて-

老朽化した住宅団地再生事業の計画的研究-戦後の住宅政策の変遷と変質する公営住宅の役割の分析を通じて-

A Study on the Analysis of Formative Methods of Chinese Character,Dongba Script and Tangut Script and Its Application to Pictogram Design For Pictgram Design in China

人間工学への応用を目的とした生体情報統合可視化に関する研究

近現代の待庵の写し茶室に関する研究-利休の茶精神を通して見る待庵の造形の継承-

都市における神社境内地の社叢の保全手法に関する研究-利用主体及び管理主体からの再考-

小中学校の計画・設計におけるユーザー参加の体制と手法に関する研究

歴史的街路の歩行者空間化に関する研究-重要伝統的建造物群保存地区および中山道宿場町を対象として-

建築メディアにみる空間の情報伝達に内在する作法
A STUDY ON THE NATURE OF EXPRESSION ABOUT SPACIAL INFORMATION IN ARCHITECTURAL MEDIA

心拍呼吸位相同期に基づく居眠り運転防止システムの開発
Development of Drowsy Driving Prevention System Based on Cardio-Respiratory Phase Synchronization

西高木家陣屋御殿にみる近世武家住宅の公と私の構成

病院における子どもの療養環境デザインに関する研究-インテリアデザインの実態と評価-

薬剤服用におけるユーザビリティ向上のためのデザインアプローチ

中国北方漢族農村住居の空間概念に関する研究
〜遼寧省と河北省における住居の室の呼称と使われ方の分析〜


本学の募集要項はこちらから
http://www.nagoya-cu.ac.jp/admissions/graduate/sda/