新潟医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科

[私立]

  • 資料請求
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
資料請求

研究科・専攻

保健学専攻(修士課程)

保健医療福祉サービスの積極的な連携と質的向上などを推進

長寿高齢社会の急速な進展に伴って増大している健康増進、疾病障がい予防、リハビリテーション、QOLの向上、自立支援などのニーズに対応して、保健医療福祉サービスの積極的な連携と質的向上などを推進することを目的としています。また、リハビリテーション、義肢装具・福祉機器、心身機能等に関する研究と教育を行い、さらに専門職教育に携わる人材の育成に関する研究を行うことも目的としています。 

理学療法学分野

本分野では、各種疾患に起因する身体機能障がいに対する臨床的評価方法、病態生理の解明及び障がい予防・改善のための研究・教育を行います。そして、日常生活活動(ADL)・生活の質(QOL)・国際生活機能分類(ICF)などの方法論的課題に関する研究を通して理学療法学の科学的基盤を探求し、リハビリテーション・臨床理学療法・地域理学療法をコーディネートする高度専門職業人の育成を行います。
また本分野では、日本初の【臨床徒手理学療法コース】を開設しています。かねてより現場で働く理学療法士からのニーズが高かった、現場で役立つ高度な知識と技術の修得をめざすことができます。本コースのカリキュラムは国際徒手療法連盟(IFOMPT)と日本整形徒手療法連盟(JFOMPT)の教育基準に準じた構成となっており、国内の臨床現場はもちろん、国際的にも通用する内容での指導を行います。
<特色>

  • 運動解析に関する研究
  • 脳機能解析に関する研究
  • 転倒予防に関する研究
作業療法学分野

本分野では、心身機能障がいによって引き起こされる作業機能障がいに対する評価と治療のための基礎及び臨床研究と教育を行い、心身機能・活動・社会的側面から評価・治療・指導・援助できる高度専門職を育成します。さらに作業療法士養成教育を担当する優秀な教員を育成し、社会に還元します。
<特色>

  • 科学的検証能力の育成と作業療法教育法の習得
  • 幅広い専門領域で研究
  • 各領域の専門家による教育
言語聴覚学分野

本分野では、言語・聴覚系の構造・機能・病態に関する実験研究と、臨床研究を行うことに加え、学術的・臨床的に近縁にある摂食・嚥下機能そして高次脳機能に関する原理を明らかにすることにより、それらの障がいや機序、評価・訓練・治療方法を総合的に研究します。それにより、言語、聴覚、摂食嚥下機能そして認知機能などに障がいを持つ人々のQOL向上を目的として、有効な治療や支援を的確に実践できる人材を育成します。
<特色>

  • 専門的知識と応用力を備えた人材の育成
  • 大学院ならではの施設・設備
  • 臨床に根ざした視野の広い研究の実践
義肢装具自立支援学分野

本分野では、人間の身体についての科学的検証・分析を行うことができ、さらには研究成果を実際に義肢装具や福祉機器の製作、適合へと応用させることのできる人材や、医師や理学療法士、作業療法士等の他専門職種との連携により、対象者のQOLおよび自立支援を多面的に支援できる高度専門職の育成をめざします。
<特色>

  • 医学面および福祉機器の学問も重視
  • 国内外の第一線で活躍する多彩な教授陣
  • 靴と歩行に関する科目を開講
  • 充実した施設・設備
医療技術安全管理学分野

近年、臨床技術学の分野では、リスク管理、品質管理、国際標準化の概念が導入されつつあります。また、医療全体においても安全に関する文化が形成され、医療技術におけるさまざまな安全管理に寄与することのできる人材が必要とされています。本分野では、国際標準化機構(ISO)の品質管理システム・医療機器管理システム・リスク管理についての研究・教育を行うことに加え、新しい医療技術安全管理システムの構築などを実践します。これらを通して、今後、医療の分野にも普及が予想されるISO認定取得におけるプロジェクトマネージャーや医療技術安全管理専門者を育成します。
<特色>

  • 国際化する高度医療の根幹をなす医療技術分野における安全管理学の修得
  • 医療分野のISO認定取得におけるプロジェクトマネージャーや医療技術安全管理専門者の育成
  • 病院の医療安全管理室・ISO15189認定取得施設・医療技術安全セミナーなどでの研修

健康科学専攻(修士課程)

健康に関するサービスの積極的な連携と質的向上などを推進

高齢社会の急速な進展に伴って増大している健康増進、疾病障がい予防、QOLの向上などのニーズに対応して、健康に関するサービスの積極的な連携と質的向上などを推進すること目的としています。また、栄養、スポーツ、看護の分野を中心とした健康科学等に関する研究と教育を行い、さらに、専門職教育に携わる人材の育成に関する研究を行うことも目的としています。 

健康栄養学分野

本分野では、食を通した健康の保持・増進を目標に、健康教育、自己評価を含む評価方法の開発、地域づくりの計画の策定、介護食・高齢者食に対応するための新食材とその調理法等について研究しています。これらの研究を通して、国民の健康保持、増進や生活の質の向上のために活躍できる人材を育成します。
また本分野では、【臨床栄養専門コース】を開設しています。病院や福祉施設等の現場において強く求められる“医師や看護師とチーム医療を実践するための臨床専門知識”や“より専門的で高度な栄養管理および食事支援に対する能力”を修得し、臨床チーム医療の現場でリーダーとして活躍できる管理栄養士の養成を行います。
<特色>

  • 研究に関わる基礎的能力の育成
  • 健康栄養学分野ではさまざまなバックグラウンドの大学院生が学んでいます
  • 食や健康についての幅広い研究内容に対応
健康スポーツ学分野

本分野では、スポーツや運動に関わる人文・社会科学、自然科学に関する研究・教育を行うと同時に、スポーツ科学の方法論的課題に関する研究を通して健康スポーツ学の科学的基盤を強化し、総合的にスポーツや運動をコーディネートする高度専門職業人の育成を行います。
また、体育学・健康教育学・コ−チ学あるいは運動学に関する応用的な実践における開発を行い、その成果を社会に還元します。
<特色>

  • スポーツに関わる幅広い研究ニーズに対応
  • 専修免許(保健体育)が取得可能
  • 幅広い職種への就職が可能
看護学分野

本分野では、研究者やリーダーを育成する「修士論文コース」と看護の上級資格である専門看護師(CNS)をめざす「がん看護専門看護師(CNS)コース」を開設しています。
修士論文コースでは、がん看護学、母子看護学、看護管理学、精神看護学、慢性病看護学、高齢者看護学の6専門分野を配置し、研究成果を実践に還元できる高度な専門性と実践力をもつ人材を育成します。
「がん看護専門看護師(CNS)コース」では、がん看護分野において、複雑で解決困難な看護問題を持つ患者、家族に対して水準の高い看護ケアを提供するため、がん看護分野の知識・技術を高め医療の発展に貢献し、併せて看護学の向上を図る役割を担う専門看護師を育成します。
<特色あるカリキュラム>

  • がん看護学
  • 看護管理学
  • 慢性病看護学
  • 母子看護学
  • 精神看護学

社会福祉学専攻(修士課程)

保健・医療・福祉関係各専門職従事者の資質・専門的能力の向上

保健・医療・福祉サービスを総合的に提供し、患者・障がい者をはじめ市民のQOL向上と自立を支援するための方策を、国家・国民社会レベル、地域社会・施設・組織レベル、個人・家族レベルの3レベルについて、相互関連を重視しつつ調査研究し、保健・医療・福祉関係各専門職従事者の資質・専門的能力の向上に寄与することを目的としています。
また本専攻では、【認定社会福祉士単位取得コース】を開設しています。 相談援助部門でリーダーシップを発揮し、「高齢」「障害」「児童・家庭」「医療」「地域社会・多文化」の5分野における福祉課題に対し、倫理綱領に基づき高度な専門知識と熟練した技術を用いて、個別支援や他職種連携、地域福祉の増進を担う能力を有する認定社会福祉士を育成します。

保健医療福祉政策・計画・経営分野

本分野では、国及び自治体による保健医療福祉政策・計画策定・実施について総合的に研究し、調査・計画・評価の技法等をマスターすることによって、高度な政策立案・計画策定・実施・評価能力を持つ行政担当者やマネジメント能力を持つ保健・医療・福祉施設の管理運営担当者を育成します。
<特色>

  • 多彩な教員スタッフと総合的な教育・研究体系
  • 教員と院生の研究室が同一フロア
  • 高度専門知識を活かした進路の選択
  • 個性の尊重と双方向のコミュニケーション
保健医療福祉マネジメント学分野

本分野では、ゼネラリスト・ソーシャルワークを中心としてソーシャルワークの理論と実践事例を研究するとともに、保健福祉各分野におけるケアマネジメントの方法・技術を理論的及び実践的に研究し、保健医療福祉・高齢者介護・障がい者支援など各分野でリーダーとなれるようなスーパーバイザー、ケアマネジャー等を育成します。
<特色>

  • 多彩な教員スタッフと総合的な教育・研究体系
  • 教員と院生の研究室が同一フロア
  • 高度専門知識を活かした進路の選択
  • 個性の尊重と双方向のコミュニケーション

医療情報・経営管理学専攻(修士課程)

時代の流れに即応した医療情報管理の専門家を育成

我が国の医療は日進月歩の診断・治療技術の発展、病院の急速なIT化、超高齢社会の到来、国民ニーズの多様化、患者満足度基準の高度化および新しい保険診療システムであるDPCシステム:diagnosis procedure combination(診断群分類包括評価)の導入等の狭間にあり、もはや臨床情報管理と病院経営は医師の診療の合間に行う業務では無く、高度に専門的な知識と技能が必要とされています。

医療情報・経営管理学分野

医療情報・経営管理学専攻 医療情報・経営管理学分野は、患者(利用者)満足度、病院(施設)経営の質と効率性の向上を遅延させているクリティカル・パス(遅延決定要素)を同定し、改善策(近道)を見つけることに貢献できる、時代の流れに即応した医療情報管理の専門家を養成します。
<7つの医療情報対応能力の習得をめざします>

  1. 研究・臨床・教育の高度化への対応
  2. 医療事故(過誤)の系統的、組織的防止への対応
  3. 新診療報酬体系への対応
  4. 医師事務業務の高度化、肥大化への対応
  5. 高齢社会への対応
  6. 社会情勢および制度の変革への対応
  7. 地域的特性への対応

医療福祉学専攻(博士後期課程)

保健・医療・福祉の一貫性ある総合的ケアと総合社会政策の策定ができる人材を育成

ライフスタイルや疾病・障がいに応じて、人々に保健・医療・福祉・スポーツの各専門分野の枠を超えて統合的、一体的サービスを提供できるよう、学術的な研究領域で教育・研究を行い、より優れた教育者・研究者を育成することを理念としています。

心身機能学領域

心身機能を多角的に教育研究する医学・医療・工学にまたがる学際領域の問題点を扱います。運動・動作・行動・感覚機能を生体力学的、生化学的および電気生理学的側面から詳細に分析し、運動障害、認知症、失行・失認・失語症等の高次脳機能障がいに対する臨床的な問題解決能力を培い、新たな治療法を開発するための基本的理論を教育研究します。

福祉人間工学領域

福祉向上に役立つ福祉用具・装具・義肢・靴などをどのように人間に適合させるかを科学的に検討します。それによってより優れた福祉用具の開発やリハビリテーションの方法、健康増進の方法の向上をめざします。そのためにコンピュータを駆使した最新の身体動作分析の手法や人間工学的な手法を活用します。

地域・国際保健福祉学領域

主に地域、国際レベルでの人間集団を対象とした健康や福祉の向上をめざし、各専門領域について学びます。専門領域は、予防保健学、公衆衛生学、国際保健学、健康政策学、社会福祉学などが含まれます。研究手法は、テーマに応じて自然科学から社会科学まで多様な手法を用います。

<博士後期課程の特色>

  • 研究と学位論文作成中心の教育課程
  • 少人数制で融通のきく時間割
  • 多分野の教員が研究支援