新潟青陵大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
CLOSE UP!
看護学研究科
中村悦子 教授
より質の高い看護を提供できる人材と、看護の明日を担うリーダーを育成する
臨床心理学研究科
本間恵美子 教授
地域の方々のこころの問題に真摯に取り組み、個に応じた支援を実践できる人材を育成する
一般入試
入試要項
Topics
この大学院の資料を請求する

CLOSE UP! 最新大学院レポート

臨床心理学研究科

地域の方々のこころの問題に真摯に取り組み、個に応じた臨床心理支援を実践できる人材を育成する

臨床心理学研究科長
本間恵美子教授

臨床心理士
不登校や対人不安などを中心に青年期の不適応的な対人行動について、臨床社会心理学的な視点から研究。最近は、ひきこもりの子どもを持つ親の会の支援にも関心を持っている。

社会のあらゆる領域で今、「こころの専門家」が必要とされている

本研究科は、こころの専門家である「臨床心理士」の養成をしています。臨床心理士が働く領域は、精神科に限らず小児科やリハビリ、終末期の緩和ケア、そのほかの医療関連領域からスクールカウンセラー、職場のメンタルヘルスなど多方面にわたっています。また、突然に襲われる犯罪被害や自然災害などによって、心のバランスを崩した方への援助も行います。相談者と信頼関係を築き、一緒に考え、共感しながら相談者が自分らしい生き方を見出せるように「こころ」に寄り添いながらお手伝いする。それが「こころの専門家」である臨床心理士に求められる役割です。
こころの問題への取り組みは仕事、学校、家庭、近隣社会で生ずる対人関係の悩みや心配を抱える方々にも役立つことができます。

実践的な教育をめざし、地域の臨床心理士から指導を受ける

本研究科では、理論を体系的に学修できるカリキュラムを組みながら、臨床実践力の修得のため早期から実践経験を積める機会を提供しています。心理査定や心理療法の実習をはじめ、隣接する臨床心理センターや幼稚園、地域の病院や福祉施設での実習などを実施しています。実習先での経験を学生全員で共有したり、教員とマンツーマンで相談を振り返るスーパーヴィジョンの機会も設けています。
少人数教育と充実した教育体制により、学生が担当したケースを丁寧に検討できるのが特長です。

地域につながりのある臨床心理士の育成をめざす

1年の後半から2年次には臨床心理センターで、教員の初回面接の陪席をし、プレイセラピーやカウンセリングを担当し始めます。1回の面接終了ごとにスーパーヴィジョンが行われ、院生たちも心理臨床家としての一歩を踏み出します。インテーク会議やケースカンファレンスでは院生、研究生、教員全員が活発に討論をしています。
臨床心理士は、高度専門職業人としてさらなる研鑽が求められる中、本学大学院では修了後の研究生制度も充実させました。研究生専用の部屋が新校舎に設置され、ケース研究や資格試験勉強などに集中して取り組める環境が整えられました。研究生がいることで、院生が助言をもらったり、研究者同士ならではの専門的な情報交換も行われます。この結果、2016年度の臨床心理士資格審査試験において、第9期修了生8人が合格を果たし、88.9%の合格率【全国平均62.9% (2016年度)】となりました。また、これまでの受験者数は85人、うち合格者は78人と資格取得率は91.8%と高い数字を残すことができています。
今後、本研究科ではこれまでの教育水準を維持しつつ、地域で活躍する実務家との交流を深め、在学生が臨床心理について深い関心と広い視野で研究と実践に取り組めるよう、より一層の教育環境の向上を図っていきたいと思います。


この大学院の資料を請求する