新潟青陵大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

看護学研究科

教育研究上の理念・目的

本研究科では、本学の教育理念である「生命尊厳・人間尊重」を踏襲し、教育研究における基盤として、「ケアのこころ」と「実践知」の2つをキーワードを掲げ、「高度な専門的知識と技術をもった教育研究者」「学際的かつ国際的な視点をもった指導者」「人間性豊かな感性をもち、地域の健康支援に取り組む指導者」の育成を教育目的としています。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)
  1. 志望する専門分野に必要な基礎的知識と技術を修得している人
  2. 柔軟な発想と論理的な思考ができる人
  3. 倫理的な感受性をもって行動できる人
  4. 専門職業人として生涯にわたって研鑽し続ける意欲をもつ人
  5. 地域・国際社会に貢献する意志をもつ人
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)
  1. 共通科目は高度専門職業人の育成のために、幅広い学識の涵養と看護学の基礎的理論や研究方法について学ぶ科目を配置する
  2. 科学的根拠に裏づけられた論理的思考力を高めるための科目を配置する
  3. 母子看護学分野、成人看護学分野、看護管理学分野のそれぞれに、講義・演習・実習の科目を置き、実践能力を高める科目を配置する
  4. エビデンスに基づいた論理的思考力と課題解決に向けた実践力を高める科目を配置する
  5. 多様な異文化や価値観を理解し、看護実践のあらゆる場面において看護の理論と実践を結びつけて理解する能力、チームリーダーとして、連携・協働する能力を高める科目を配置する
  6. 専門分野の研究活動を通して知見を広げ、教員の指導のもとで論文を作成する看護学特別研究科目を配置する
ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)
  1. 看護実践・教育・研究を通して、生涯学習できる高度な専門的能力を身につけている
  2. 専門分野における実践知を学問的に意味づける能力を身につけている
  3. エビデンスに基づいてケアの質向上をはかる能力を身につけている
  4. 文化の多様性を理解し、高い倫理観をもって総合的に調整する能力を身につけている
  5. 専門領域における課題に取り組み、学術的視点で研究活動ができる能力を身につけている

学修の特長〜中心的学問領域〜

母子看護学分野

次世代の健康・養育を担う女性と子どもに焦点をあて、母子看護の視点から健康課題の解決に向けた教育研究を推進できる人材を育成します。

成人看護学分野

セルフケア支援やターミナルケア、療養環境・地域支援への社会資源の活用、保健・医療・福祉の専門職者と連携・協働などを含めた教育・研究・実践を行う人材を育成します。

看護管理学分野

組織論、経営学の知識を応用し、多様な組織と有機的に連携して、チーム医療の中でリーダーシップを発揮できるマネジメント能力をもった人材を育成します。

臨床心理学研究科

教育研究上の理念・目的

本研究科の教育研究上の目的は臨床心理学とその関係分野において実践的な教育と研究を通じ、高度な専門知識を修得するとともに、職業人として自律した心理臨床家を育成することにあります。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)
  1. 臨床実践力及び研究実践力を育むために必要な学力と知識を身につけている人
  2. 人間を理解・援助するための広い視野と柔軟性、他者と協働するためのコミュニケーション力を有する人
  3. 人間に対する深い関心と教養を有し、他者を尊重する態度を持つ人
  4. 臨床心理学領域において、自発的に課題を見出し、それを深めることのできる人
  5. 臨床心理援助の実践と研究の発展に貢献したい人
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)
  1. 臨床実践力及び倫理観を育てるために、実習科目を中心に、講義科目、演習科目を体系的に配置し、体験に基づいた実践的な学びを推進する
  2. 臨床心理の専門家としての高度専門的知識を身につけさせるために、臨床心理学及び関連領域に関する専門的な講義・演習・実習科目を配置する
  3. 研究実践力を育てるために、研究法に関する科目を配置すると共に、臨床心理学に関する研究課題や問題意識を深めるための科目を配置し、修士論文の作成につなげていく
  4. 臨床心理士及び関連領域の専門職と連携して地域援助を行う力を育てるために、学校臨床や精神科医療等の関連する科目や、関連施設における実習を配置し、特に地域での学外実習における指導担当者及び他職種からの学びに力を入れる
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
  1. 臨床心理学の専門家としての臨床実践力および倫理観を身につけている
  2. 臨床実践に基づいた臨床心理学的知識と視点、心理学及び関連領域の高度専門的知識を身につけている
  3. 臨床心理学の発展に寄与する研究を実践し、その内容を適切に伝える力を身につけている
  4. 臨床心理士及び関連領域の専門職と連携・協働し、地域の臨床心理学的問題の解決に寄与する力を身につけている

学修の特長

多様な実践を通して臨床感覚を研鑽

本研究科では、臨床心理センターでの心理面接や心理査定、新潟青陵幼稚園の園児とのプレイセラピー実習など、多彩な臨床実習を行っています。また、県内の医療、福祉・教育施設などで現場を体験する学外実習も実施。理論と実践経験を関連づけて学ぶことで、質の高い臨床感覚を養成しています。

臨床経験豊富な教員によるきめ細かな少人数教育

1学年10人、総勢20人の大学院生に対し、指導にあたる専任教員は9人。教員の多くは、地域の医療・教育機関などで心理臨床活動に取り組み、豊富な経験と実績を持つ臨床心理士です。就職でも綿密な指導を行い、多くの修了生が地域の臨床心理士として活躍しています。

地域と関わる多彩な講義・実習を展開

地域の臨床心理士の方と連携して多彩な講義を開講するなど、心理臨床の実状を学ぶ機会を設けています。臨床心理センターでは教員指導のもと地域の方々を対象にした心理面接・心理査定を実施するなど、豊富な経験の積み重ねから、大学院生は人を知り、地域を知ります。