二松學舍大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

文学研究科

本研究科における教育は、大学院生各自が設定する研究テーマに基づき、指導教員の研究指導と授業科目の履修とによって行われます。授業科目は各自の研究分野に必要な科目を、指導教員の指導を受けつつ選択・履修します。授業は10:50〜18:10までの昼間と18:20〜21:30までの夜間に開講され、各分野の科目が偏りなく配分されるよう時間割を編成しています。このほか、夏期・冬期の休業期間中に集中講義を開講しています。夜間の開講科目および集中講義の履修によって、在職中の社会人でも2年間で博士前期(修士)課程の修了が可能です。

国文学専攻

本専攻のカリキュラムは、上代から近代・現代に至る時代別の文学と国語学(日本語学)を中軸とし、文学系は韻文・散文とに細分化し、受講者のニーズに応えています。関連する研究分野として、日本文化学・日本芸術史・比較文学を取り上げる講義もあり、より多角的な視点から研究を進めることができます。

中国学専攻

本専攻のカリキュラムは、「中国学講座」「日本漢学講座」「総合文化学講座」の3講座群により編成されています。「中国学講座」では中国の学術文化を中国学本来の視点と方法で学びます。「日本漢学講座」では国文学専攻と連携しながら、中国の学術文化を取り入れて独自の発展を遂げた日本漢学を専門に研究します。「総合文化学講座」では、中国学・日本漢学の基礎および展開を学ぶ関連科目と、東アジア漢字文化圏の学術文化に関わる科目を設置し、中国学・日本漢学を総合的に理解するための講座としています。

国際政治経済学研究科

本研究科は、国際的な視点に立ち、政治・経済・法律の領域から国際社会の諸問題を考察します。研究の中心となるのは、成長著しい東アジア。東アジアに強い、高度の専門性を備えた人材の育成をめざします。講師には一般企業のリーダーやシンクタンクの研究員など優秀なスタッフをそろえ、徹底した少人数教育で、より実践的な指導を行っています。

国際政治経済学専攻

本専攻のカリキュラムの狙いは、基礎研究と応用(実務)のバランスをとり、国際化時代の今日的視点に立つことです。国際政治経済科目を全体として一体的に捉え、基礎研究科目群と応用科目群、周辺関連科目群の3つで構成。従来の経済学・政治学という既成の枠にとらわれず、それらを横断する学際的、総合的な国際政治経済学の実践的な教育をめざします。