桜美林大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
社会人入試
入試要項
この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

国際学研究科

国際学専攻・国際協力専攻・国際人文社会科学専攻

国際問題を幅広い視点から考え、解決できる人材を育成

国際学専攻では、世界が抱える諸問題を解決する理論的枠組みや、よりよき未来を構想する力を養うことができます。国際協力専攻では、実践的な問題意識と行動力を持った職業人の育成に重点を置き、世界の抱える問題の現状を把握し、具体的な解決方法を学びます。さらに、国際人文社会科学専攻では、独創性あふれる博士論文の作成を通じて、研究や高度な専門的職業人としてひとり立ちできるよう研究指導しています。

経営学研究科

経営学専攻

企業経営の思想と技術を探求し、産業界の指導的役割を果たす人材を育成

国際的視野を持った「専門職化」「高度化」した人材の育成という目的を達成するため、カリキュラムを改革しながら、歴史、理論、政策の研究体系の充実を図り、国際的視点に立つ科目を豊富に組み込んでいます。大学院生が自分の志向する職業分野の専門性を高められるよう、本研究科に置かれている[マネジメント領域、グローバル・ビジネス領域、国際標準化研究領域]には体系的な科目群が配置されており、特殊講義も開設して最先端の研究を支えています。

言語教育研究科

日本語教育専攻・英語教育専攻

日本語教育・英語教育の高度な知識と技術を修得し、次代の言語教育を担う人材を育成

日本語教育専攻では日本語教育のプロフェッショナル・スクールとして、多様化する日本語学習のニーズに対応するため、英語教育専攻では日本の新しい英語環境を想定した教育・研究のため、「理論」と「実践」をバランスよく修得できるよう科目を配置し、教育課程を編成しています。日本語教育専攻と英語教育専攻の共通科目も配置し、両専攻の大学院生が共に学ぶことによって相互理解を深めています。

心理学研究科

心と身体に関する最先端の知見を学び、現代社会が求める「心の専門家」を養成する

臨床心理学専攻

教育、医療、産業、司法、福祉など各領域で活躍できる臨床心理士の養成を目的とし、所定科目を履修して修了すると、財団法人日本臨床心理士資格認定協会の認定資格である「臨床心理士」取得のための受験資格が得られます。教育課程の特徴は、各専門領域の講義に加え、実践的な心理技法や「インテーク面接」「精神科面接ロールプレイ」などの講義・演習を行っている点にあります。「臨床心理実習」においては、実践力を養う実習・演習に力を入れています。学内に臨床心理センターを設置し、専門家の個人スーパービジョンを毎回受けながら、外部からの相談に対応します。また、医療、教育、療育、産業などの領域の外部機関でも実習を行っています。

健康心理学専攻

「健康」に直接関わる専門科目の充実を図るとともに、選択必修科目として「ライフスタイル論」「社会福祉」「リハビリテーション医学」「栄養学」など、隣接分野や学際的分野の科目を配置しています。また、心理学研究科に併設されている臨床心理学専攻や老年学研究科老年学専攻において開講されている健康心理学関連分野の科目も、大学院生の問題意識や研究課題に応じて選択することができます。一方、健康心理学カウンセリング、健康心理学アセスメント、ストレスへの対処といった実践的体験学習を重視しており、学内における演習・実習のほか、病院や福祉施設、地域・企業の健康管理センターなど学外での実習も展開しています。

大学アドミニストレーション研究科

大学アドミニストレーション専攻

大学の行政・管理・運営にわたる専門的知識を身に付けた大学アドミニストレーターを養成

18歳人口の減少による学生獲得競争の激化や定員割れ大学の増加など、大学が大きな変革期を迎えている中、社会の変化を的確に把握し、科学的な分析に基づいた戦略・方向性を示すことのできる人材が求められています。
本研究科ではこのような社会的な要請に応え、高等教育機関経営に必要な幅広い能力を持った大学経営の専門家養成を目的とし、これからの日本の高等教育界を担う人材の育成を第一とし、大学アドミニストレーターの養成をめざします。本専攻はオスロ大学国際高等教育研究機構の高等教育研究修士課程と、欧州連合のGOE選定プロジェクトである「エラスムス・ムンドゥスプログラム」のパートナーとなっており、「グローバリゼーションと大学との関係」を学ぶ科目群が特に充実し、併せて通信教育課程も設置しています。

老年学研究科

老年学専攻

超高齢化社会において的確に問題解決ができる高度職業人を養成する

高齢者や老年期、老化・加齢や社会の高齢化に関する諸問題を中心とし、これらを医学、看護学、介護学、リハビリテーション科学、保健学、社会学、福祉学、心理学、政策科学などの学際的な視点から研究しています。
博士前期課程では、日本ではまだあまり定着していない「回想心理学」や「老年ヘルス・プロモーション」「死生学」などの科目を開設しており、国内有数の専門家が担当しています。