桜美林大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
社会人入試
入試要項
この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

国際学研究科

国際問題を幅広い視点から考え、解決できる人材を育成

国際学専攻

グローバル化が進む現代において、学際的な創造力、未来を見通す洞察力、問題を解決する行動力が求められており、国際学専攻ではこうした力を備えた人材の育成を目指しています。このため、本専攻には、グローバルな視点から政治、経済、国際関係、環境などを中心に研究を進める国際社会専修と、地域の視点から研究を進める地域文化専修(アジア・日本・アメリカの3研究コース)を置くとともに、学際的な研究も可能なように教育課程を編成しています。これら2専修に必要とされる専門科目は、人文科学(文化、思想、歴史など)及び社会科学(政治、経済、環境、福祉など)の各分野から構成され、希望する研究分野を集中的にもしくは横断的に学修することを通して、それぞれの学問上の方法論や内容を習得し、広い視野に立った学際的な研究が可能となります。また、個々の研究に関連する他専攻の専門科目の履修も修了要件に認めることによって研究の幅を広げることができます。取得できる資格としては中学校教諭専修免許状「社会」、高等学校教諭専修免許状「地理歴史」「公民」があります。

国際協力専攻

国際協力専攻の教育課程は、講義科目と実習科目から編成されており、国際協力の「理論」と「実践」を体系的に学ぶことができます。「理論」については、国際協力全般にわたる基礎的な知識を身につけるため、学際的な教育・研究を行っています。国際政治、国際法、国際関係といった科目はもとより、新たに追加された理系・文系の環境分野、移民や多文化の分野も含まれています。
一方、「実践」については、国際協力機関や、NGOでのインターンシップなど、国際協力活動に参加する機会を数多く設けています。また国際協力専攻では、青年海外協力隊や、NGO、NPO、国際交流団体などに参加した人々を積極的に受け入れ、自身の活動経験をまとめた研究成果報告による修士の学位の授与も認めています。

国際人文社会科学専攻

国際人文社会科学専攻では、旧来の人文科学・社会科学の枠に捉われることなく、グローバル化する現代社会の多種多様なニーズを常に捕捉することで、新しい学術領域と高度な専門領域において的確に研究指導を行っています。研究指導分野としては国際政治・経済、国際協力、地域文化、文化人類学、マネジメントシステム、グローバルシステム、日本語教育、英語教育、健康心理学、高等教育(大学)など多くの研究分野があり、それぞれ第一線の教員を配置し、世界水準の研究ができる指導体制を整えています。近年提出された課程博士の学位論文の題目としては、「最近の学位論文題目」の項にあげるように、さまざまな研究分野が網羅されており、多様な研究指導が行える教授陣を擁していることがわかると思います。

経営学研究科

経営学専攻

企業経営の思想と技術を探求し、産業界の指導的役割を果たす人材を育成

国際的視野を持った「専門職化」「高度化」した人材の育成という目的を達成するため、カリキュラムを改革しながら、歴史、理論、政策の研究体系の充実を図り、国際的視点に立つ科目を豊富に組み込んでいます。大学院生が自分の志向する職業分野の専門性を高められるよう、本研究科に置かれている[マネジメント領域、グローバル・ビジネス領域、国際標準化研究領域]には体系的な科目群が配置されており、特殊講義も開設して最先端の研究を支えています。

言語教育研究科

日本語教育・英語教育の高度な知識と技術を修得し、次代の言語教育を担う人材を育成

日本語教育専攻

日本語教育専攻は、日本語教育のプロフェッショナル・スクールとして、多様化する日本語学習のニーズに対応するため、「理論」と「実践」をバランスよく修得できるよう科目を配置し、教育課程を編成しています。日本語教育専攻と英語教育専攻の共通科目を配置し、両専攻の大学院生がともに学ぶことで相互理解を深めます。中でも応用言語学分野の講義科目が充実しています。また授業では講義に加え発表や討論を積極的に導入していることで大学院生の考察力や対話能力を高めます。「実践」については、国内外におけるさまざまな日本語教育機関のプログラムに実習生やティーチング・アシスタントとして大学院生が参加し、その経験を研究に繋げていきます。さらに日本語教育専攻では、外国人の日本語教師の養成も重要課題としており、外国人教師養成を積極的に推進しています。また、長期履修生制度をはじめとする柔軟な学修・研究計画が立てられるのも特色です。

※2019年4月から町田キャンパスにて授業を行います。

英語教育専攻

2013年度にカリキュラムを改訂して、学士課程からの進学者が教員になるために必要な英語の力を徹底して身につけられるようにしました。その結果、英語教育に関わる「英語教育学理論」「英語教授法演習」などに加えて、高度な英語の文法力、表現力などを養うための科目として、「英文法論」「英語学特論」「英語表現演習」「英語音声学」などを配置。また、読解力、幅広い教養などを養うために、「イギリス文学演習」「アメリカ文学演習」「英語文化論」などを配置しています。一方で、小学校での英語教育を視野に入れた「児童英語教育論」やコンピュータを語学教育に活用する「マルチメディア英語教育演習」など現代のニーズに応える科目も配置しています。もちろん、これまで通り、現役の英語教員のために「理論」と「実践」の融合を図り、新しい英語環境を想定した教育・研究も行っています。

心理学研究科

心と身体に関する最先端の知見を学び、現代社会が求める「心の専門家」を養成する

臨床心理学専攻

教育、医療、産業、司法、福祉など各領域で活躍できる臨床心理士の養成を目的とし、所定科目を履修して修了すると、財団法人日本臨床心理士資格認定協会の認定資格である「臨床心理士」取得のための受験資格が得られます。教育課程の特徴は、各専門領域の講義に加え、実践的な心理技法や「インテーク面接」「精神科面接ロールプレイ」などの講義・演習を行っている点にあります。「臨床心理実習」においては、実践力を養う実習・演習に力を入れています。学内に臨床心理センターを設置し、専門家の個人スーパービジョンを毎回受けながら、外部からの相談に対応します。また、医療、教育、療育、産業などの領域の外部機関でも実習を行っています。

健康心理学専攻

「健康」に直接関わる専門科目の充実を図るとともに、選択必修科目として「ライフスタイル論」「社会福祉」「リハビリテーション医学」「栄養学」など、隣接分野や学際的分野の科目を配置しています。また、心理学研究科に併設されている臨床心理学専攻や老年学研究科老年学専攻において開講されている健康心理学関連分野の科目も、大学院生の問題意識や研究課題に応じて選択することができます。一方、健康心理学カウンセリング、健康心理学アセスメント、ストレスへの対処といった実践的体験学習を重視しており、学内における演習・実習のほか、病院や福祉施設、地域・企業の健康管理センターなど学外での実習も展開しています。

大学アドミニストレーション研究科

大学アドミニストレーション専攻

大学の行政・管理・運営にわたる専門的知識を身につけた大学アドミニストレーターを養成

18歳人口の減少による学生獲得競争の激化や定員割れ大学の増加など、大学が大きな変革期を迎えている中、社会の変化を的確に把握し、科学的な分析に基づいた戦略・方向性を示すことのできる人材が求められています。
本研究科ではこのような社会的な要請に応え、高等教育機関経営に必要な幅広い能力を持った大学経営の専門家養成を目的とし、これからの日本の高等教育界を担う人材の育成を第一とし、大学アドミニストレーターの養成をめざします。本専攻はオスロ大学国際高等教育研究機構の高等教育研究修士課程と、欧州連合のGOE選定プロジェクトである「エラスムス・ムンドゥスプログラム」のパートナーとなっており、「グローバリゼーションと大学との関係」を学ぶ科目群が特に充実し、併せて通信教育課程も設置しています。

老年学研究科

老年学専攻

超高齢化社会において的確に問題解決ができる高度職業人を養成する

2002年に日本で初めて開設され、多くの修士(老年学)の学位取得者を送り出しました。高齢者や老年期、老化・加齢や社会の高齢化に関する諸問題を中心とし、これらを医学、看護学、介護学、リハビリテーション科学、保健学、社会学、福祉学、心理学、政策科学などの学際的な視点から研究しています。
博士前期課程では、日本ではまだあまり定着していない「回想心理学」や「老年ヘルス・プロモーション」「死生学」などの科目を開設しており、国内有数の専門家が担当しています。