大阪経済法科大学大学院

[私立]

  • 資料請求
大学院紹介
基本情報
カリキュラム
一般入試
入試要項
この大学院の資料を請求する

カリキュラム

学びのポイント

「研究基礎科目」「専門科目」「関連科目」「研究指導科目」の4区分を設定しています。

経済学専攻

研究基礎科目/経済学の基礎理論および研究方法を修得します。
専門科目/経済学の分析方法を修得するための「経済理論科目群」と、社会経済情勢の変化を分析し、民間企業や行政機関等において的確な判断を行ううえで必要な学識を涵養するための「応用経済学科目群」を配置しています。
さらに「応用経済学科目群」には、「国際経済関連領域科目群」と「地域経済関連領域科目群」の2つの科目群を配置。 「国際経済関連領域科目群」では、グローバル化した経済情勢とともに、新興経済発展諸国の歴史と現状、貧困や格差の問題、国際金融のしくみ、環境問題等について理解し、政策の影響をふまえたうえで、海外展開する民間企業に戦略を提案できる学識を涵養します。「地域経済関連領域科目群」では、地域社会の現状とともに、財政、産業、雇用等に関わる政策について理解し、地域社会の経済活動への影響をふまえたうえで、市民生活の改善や地域活性化に向けた政策を提案できる学識を涵養します。
関連科目/現代社会における経済的諸問題を法制度の枠組みから捉えるとともに、経済活動に連動する国際政治の動向を把握するための科目群です。
研究指導科目/「研究基礎科目」「専門科目」「関連科目」で修得した分析方法や高度な専門知識を駆使して、学生一人ひとりが自らの問題意識に即して研究課題を設定し、修士論文として研究成果をまとめるための科目群。主指導教員1名、副指導教員1名以上、計2名以上による複数教員指導体制により、多角的な視点をもって実効性のある人材育成を行います。

経営学専攻

研究基礎科目/「経営管理」「経営情報」「会計」の各科目領域に関する基礎理論および研究方法を修得します。
専門科目/経営学に関する理論的、実証的及び歴史的アプローチの修得を図るとともに、経営学に関する深い専門知識と高度な実践的応用能力を向上させるための科目群です。幅広い経営学研究の領域に対応できるよう、「経営管理」「経営情報」「会計」という3つの科目領域を設けます。
関連科目/関連する分野の基礎的素養を涵養するために、企業経営にとって関連が深い商法に関して理解するとともに、研究にとって重要な英語運用能力を向上させるための科目群です。
研究指導科目/「研究基礎科目」「専門科目」「関連科目」で修得した分析方法や専門知識を駆使して、学生各自が自らの問題意識に即して研究課題を設定し、修士論文として研究成果をまとめるための科目群です。

カリキュラム編成

経済学専攻

区分 科目名
研究基礎科目 経済学研究の理論と方法
専門科目 経済理論科目群:
ミクロ経済学特論I・II、マクロ経済学特論I・II、経済史特論、経済統計学特論、
計量経済学特論I・II・III
応用経済学科目群:
国際経済関連領域科目群/国際経済特論、比較経済体制特論、アジア経済特論、
経済政策特論、金融特論、環境経済特論、外国文献研究
地域経済関連領域科目群/地域経済特論、地域産業特論、中小企業特論、
労働経済学特論、財政学特論、地方財政特論、産業組織特論
関連科目 民法特論、国際政治学特論
研究指導科目 研究指導I・II

経営学専攻

区分 科目名
研究基礎科目 経営学研究理論と方法
専門科目 経営管理科目領域:
経営管理特論I・II、経営組織特論、経営戦略特論、人的資源管理特論、国際経営特論、企業論特論、
マーケティング特論
経営情報科目領域:
経営情報特論I・II、情報管理特論、情報処理特論、マネジメントサイエンス特論、
マーケティングリサーチ特論、ビジネス統計特論
会計科目領域:
財務会計特論I・II、管理会計特論、税務会計特論、コーポレートファイナンス特論、経営分析特論
関連科目 外国文献研究、商法特論
研究指導科目 研究指導I・II