大阪体育大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
社会人入試
入試要項
この大学院の資料を請求する

基本情報

「広い視野」、「豊かな感性」、「発想力」を持って研究を

本学の大学院には、博士前期課程と博士後期課程が設置されています。
博士前期課程では、高度なスポーツ科学の知識を持ち実践的な指導を行える専門家の養成を、博士後期課程では、高度な専門知識に裏打ちされた斬新な研究を行う研究者の養成を目的としています。
研究教育体制は、史哲・行動科学領域、身体運動・コーチ科学領域、健康・医科学領域の3つの専門領域を基盤とし、それに基づき、さらに5領域(スポーツ文化、競技スポーツ、健康スポーツ、学校体育、レジャー・レクリエーション)と10学問分野(スポーツ史・哲学、スポーツ社会学、スポーツマネジメント、スポーツ心理学、バイオメカニクス、教授学、スポーツ生理学、スポーツ医学、スポーツ栄養学、アダプテッド・スポーツ)の組み合わせにより、スポーツ科学の研究・教育に対する多様なニーズに応えられるように編成されています。
この研究教育体制の下で、スポーツ科学の研究を通じて、体育教育や運動・スポーツによる健康・生きがいづくり、スポーツマネジメント、競技力の向上などの分野に貢献できる人材と、高度化・グローバル化するスポーツ科学の発展に貢献できる研究者を養成します。
大学院生の皆さんには、スポーツの持つ可能性を「広い視野」、「豊かな感性」、「発想力」を持って探究し、創造性に富んだ研究に挑戦してほしいと思います。

本学の大学院では、社会人も多く学ばれています。働きながら大学院で学ぶことは大変ですが、両立されている方がたくさん在籍しています。その経験を活かし、実業団を引退しセカンドキャリアとして入学を考える、マスターズで競技を続けながら練習拠点を探している、など様々な不安や問題をお持ちの方に対応いたしますので、ぜひご相談ください。本学の大学院には、学ぶ・研究する・実践する環境が整っています。

入学試験は、A日程を9月に、B日程を2月に行っています。博士前期課程は一般選抜、スポーツ選抜、社会人選抜、外国人選抜があり、社会人やスポーツ優秀者に配慮した選抜も行っています(博士後期課程は一般選抜のみ)。

研究科・専攻

修士・博士
研究科 専攻 募集人員
スポーツ科学 スポーツ科学 博士前期課程 24名
博士後期課程 6名

(注)上記は、A日程とB日程を合わせた募集人員です。

学び方

◆該当項目に○がついています。
土日・夜間開講   通信制大学院   
長期履修制度   修業年限1年  
科目等履修生   駅前・サテライトキャンパス  
独自奨学金・学費減免    

項目の説明

独自奨学金・学費減免

●大学院研究奨学金制度(給付型奨学金)
大阪体育大学大学院独自の奨学金制度です。
博士前期課程は、各年次5名の奨学生に月額5万円(年額60万円)の奨学金を1年間給付します。1年次生は入学後に募集を行い、入学試験の成績で判定されます。2年次生は、前年度の学業成績および研究業績で判定されます。返済の義務はありません。
博士後期課程は、各年次3名の奨学生に月額5万円(年額60万円)の奨学金を給付します。入試(A日程で募集。但し、A日程で3名枠が埋まらなかった場合のみ、B日程でも募集)出願時と同時に募集を行い、入学試験の成績および研究業績で判定されます。期間は3年間で、返済の義務はありません。

◎そのほか、給付型奨学金制度として、小野奨学会、戸部眞紀財団などがあります。
◎日本学生支援機構の奨学金も利用可能です。また、特に優れた業績による返還免除制度があります。

問い合わせ先

大学院事務室

〒590-0496 大阪府泉南郡熊取町朝代台1-1
TEL.(072)453-7031(直通) FAX.(072)453-7028
https://www.ouhs.jp/

アクセス

天王寺から:JR阪和線で「熊取」駅下車、駅前から南海ウイングバスで「大阪体育大学前」約15分
難波から:南海本線で「泉佐野」駅下車、駅前から南海ウイングバスで「大阪体育大学前」約30分(JR阪和線「熊取」駅経由となります)


この大学院の資料を請求する