大阪体育大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
社会人入試
入試要項
この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

スポーツ科学研究科

さまざまな学問分野を設置し、指導教員の専門性に応じた学術的な研究に取り組むことができます。

【学問分野】

●スポーツ史・哲学 
●スポーツ社会学 
●スポーツマネジメント 
●スポーツ心理学 
●アダプテッド・スポーツ
●バイオメカニクス 
●教授学(指導方法学) 
●スポーツ生理学 
●スポーツ医学 
●スポーツ栄養学 

また、長期インターンシップ制度を導入し、時代の要請にあった実践的スペシャリストの養成も積極的に取り組んでいます。
さらに、海外からの講師・研究者の招聘、公開シンポジウムやセミナー開催など、学問の発展と社会への還元の両面を見据えた活動を展開しています。

大学院で学べる5つの領域

スポーツ文化領域

スポーツが、社会に対して実際どのような機能を発揮しているか、発揮してきたのかを、社会学や教育学、歴史学などの学問を通じて解明し、近年の体育・スポーツ科学の成果を、スポーツ文化に昇華させる理論を構築することに取り組みます。

競技スポーツ領域

競技スポーツのパフォーマンスを高めるために必要な技術の解明とトレーニング方法の開発、そして選手との実践的な取り組みやスポーツの環境づくりに関わる諸々の出来事に取り組みます。

健康スポーツ領域

スポーツなどの身体活動が人の健康にどのように関わるのか、その効果(肉体的・精神的)に関する検証を進めるとともに、スポーツ活動にともなう傷害予防やリハビリテーションの方策を明らかにします。

学校体育領域

学校教育における保健体育の授業実践に関わる問題について、スポーツ科学の成果を用いて指導法・教授法などを明らかにします。そして体育教師の在り方(生徒指導、教科指導、学校経営など)について考察します。

レジャー・レクリエーション領域

スポーツ、レジャー、レクリエーション、野外教育に関連する現象を研究対象とする領域です。具体的には、これらの活動を「する」または「みる」という行動や関連する組織の経営、行政が展開する政策などです。

取得免許

中学校・高等学校教諭専修免許状(保健体育)

大学院で、教育職員免許法の定める所定の単位(24単位)を修得すると、中学校・高等学校教諭専修免許状(保健体育)が取得できます。ただし、すでに中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)を取得されていることが条件となります。