埼玉大学大学院 人文社会科学研究科

[国立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
この大学院の資料を請求する

基本情報

専門性と学際性を両立させたカリキュラム
グローバル社会での知的リーダーを育成

本学大学院の文化科学研究科と経済科学研究科を統合し、2015(平成27)年4月、人文社会科学研究科として新たなスタートを切りました。現代社会の動向に対応した新しい総合的な学びと研究の場を実現すべく、これまでの教育や研究をベースに、グローバルな視点に立って文化やビジネスの領域で幅広く活躍できる人材の育成をめざします。

本研究科のカリキュラムは、各指導教員のもと専門的研究を深めると同時に、学際的視野の広がりを得られるよう配慮し、ほかの専攻の科目を履修しやすいように編成しています。基本的な学力を育むための共通科目・基礎科目の設定、副指導教員制度の導入のほか留学生向けの科目も設置しています。通常のカリキュラムに加えて、教育目標をより具体的に絞りこんだ複数の実践的な「教育プログラム」も用意しています。これらのプログラムは、博士前期課程を終えた後にそれぞれの分野で活躍するための実践的な知識やスキルを包括的に提供しようとするもので、所定の単位を修得すればプログラムの修了証が授与されます。国際日本アジア専攻では、全ての講義と修士論文作成指導を英語で受け、英語だけで修了できるプログラムを提供しています。

入試は「一般入試」「社会人入試」「外国人留学生入試」「社会人推薦特別入試」「学内推薦特別入試」「国際協力特別入試」「教員派遣特別入試」「外国人留学生推薦特別入試」「人材育成奨学計画特別入試」「英語による教育プログラム特別入試」とさまざまな枠を設け、幅広く人材を受け入れています。また、夜間・土曜開講、長期履修制度も導入し、忙しい社会人の方や、家事、育児、介護をしながら学ぶ方を支援。現職教員に対しては、「教育公務員大学院修学休業制度」や「教員派遣制度」にも対応できる体制を設けています。

本研究科は、国内外の大学や大学院と連携しています。社会学ならびに関連分野(社会心理学、社会福祉論、マス・コミュニケーション論、地理学、文化人類学など)では、23大学院との間で単位の互換を認める制度を実施。オーストラリアのモナシュ大学と学術交流協定を結び、交換留学制度を利用して留学実績をあげています。また、各種財団をはじめ企業や官庁における実務担当者を講師として採用したり、地域のNPO・行政機関・博物館などとの共同研究会やワークショップを随時開催するなど、教育・研究の両面で地域・社会との連携も進めています。

研究科・専攻

研究科 課程 専攻 募集人員※
人文社会科学 博士前期 文化環境 20名
国際日本アジア 38名
経済経営 22名
博士後期 日本アジア文化 4名
経済経営 12名

※募集人員は、第1回入試および第2回入試を合計した人数です。

問い合わせ先

人文社会科学研究科教養学部係【〈博士前期課程〉文化環境専攻・国際日本アジア専攻日本アジア文化コース 〈博士後期課程〉日本アジア文化専攻】

〒338-8570 さいたま市桜区下大久保255
TEL:(048)858-3044

人文社会科学研究科経済学部係【〈博士前期課程〉経済経営専攻・国際日本アジア専攻日本アジア経済経営コース 〈博士後期課程〉経済経営専攻】

〒338-8570 さいたま市桜区下大久保255
TEL:(048)858-3287

所在地・アクセス

埼玉大学東京ステーションカレッジ

〒101-0041  東京都千代田区神田須田町1-7-9
「VORT 秋葉原 maxim」(ボルト アキハバラ マキシム)4階
JR線「神田駅」徒歩6分、「秋葉原駅」徒歩5分
東京メトロ銀座線「神田駅」徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線「淡路町駅」徒歩4分
都営新宿線「小川町駅」徒歩4分

埼玉大学キャンパス

〒338-8570  さいたま市桜区下大久保255
JR京浜東北線「北浦和」駅西口からバス「埼玉大学」行き約15分
JR埼京線「南与野」駅、北入口からバス「埼玉大学」行き約10分
               西口から「志木駅東口」行き(「埼玉大学」下車)、「埼玉大学」行き約10分
東武東上線「志木」駅東口からバス「南与野駅西口」行き(「埼玉大学」下車)約25分