埼玉大学大学院 人文社会科学研究科

[国立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

博士前期課程

文化環境専攻

本専攻は、人文学を中心とした諸研究分野の深く幅広い学識を修得し、国際的研究と地域的研究などさまざまな学問の方法を総合的に用いながら、問題把握・解決のための応用力を身に付けることを目的としています。グローバルな視点から社会や文化を考察・分析し、社会で活躍できる高度専門職業人の養成をめざします。
本専攻は、「グローバル・ガバナンス」「現代社会」「哲学歴史」「欧米文化」の4コースを設置し、人文科学系、社会科学系、地域研究の学問分野で構成されています。多彩な学問分野に対応する講義を設け、それぞれの学問分野が有する種々の研究方法を修得でき、社会科学系分野では、他大学院との単位互換制度を設けています。さらに「地域協力教育プログラム」「文化資源教育プログラム」「文化財保全教育プログラム」などの教育プログラムを設け、教育プログラムの修了者には研究科独自の修了証を授与。文化環境の深い理解のもとに高度な実践的能力を有する人材を育成します。
教育公務員大学院修学休業制度や教員派遣制度などに基づく中学校・高等学校教員の方のリカレント教育にも力を入れており、専修免許(英語、社会、地理歴史、公民)取得に必要な授業科目を開講しています。

国際日本アジア専攻

日本とアジアにおける文化とビジネスの教育研究を柱に、文化、歴史、経済社会、ビジネスなどを深く理解し、国際的視点から日本とアジアをけん引できるビジネス・リーダー、文化的・知的リーダーを育成します。
本専攻は、日本文化、日本語教育、アジア文化などを研究する「日本アジア文化コース」と、経済・経営の面から日本とアジアを研究する「日本アジア経済経営コース」で構成されています。「アジア文化交流研究プログラム」「日本語教育プログラム」といった教育プログラムにより、日本・アジアの文化を深く理解し、教育プログラムの修了者には研究科独自の修了証を授与。高度な知識と実践的能力を有する人材を育成します。また、英語だけで修了できる「国際日本アジア専攻英語プログラム」も提供しています。

国際日本アジア専攻英語プログラム

日本とアジアの歴史、文学、物質文化、メディア、現代アート、そのほか文化的研究領域を研究する修士プログラムです。全ての講義と修士論文指導は英語で行い、日本とアジアの文化、日本とアジアの経済・経営を深く学び、グローバル・リーダーの育成をめざします。
※詳細は英文募集要項をご確認ください。

経済経営専攻

本専攻は、企業や官公庁、非営利組織などで働きながら学ぶ社会人を対象に、日々直面する現場での諸問題の解決を図ることができる実務界の知的リーダーの育成を目的としています。人文・社会融合型の教育を行うため、基礎科目・専門科目ともに人文系科目を配置し、講義は日本銀行、財務省、経済産業省、JICAなどから実務家を招いて行い、理論と実践を融合した勉強ができます。
本専攻は、東京都心部に開設しているサテライト教室(東京ステーションカレッジ)開講科目と、主として埼玉大学キャンパス開講科目から成り、働く社会人に考慮して全ての講義を平日の夜間または土曜日に開講しています。

博士後期課程

日本アジア文化専攻

日本とアジアに関わる人文学・社会科学諸研究分野の知見を修得するため、日本研究を深化する授業科目と、アジアの視点からの授業科目を有機的に結びつけて履修できるよう工夫がなされています。これにより、自身の研究を通して問題把握・解決能力に優れ、広い視野と総合的な判断力を備え、日本とアジアの地域文化創成を担う人材を育成します。
本専攻は、「研究支援科目」「言語文化研究系科目」「歴史哲学文化研究系科目」「社会文化環境系科目」「国際共同研究科目」「研究指導」で構成されており、社会人の時間的ニーズに応え、特例の夜間・土曜日開講制を設けています。また、国内外の他大学院で修得した単位をそれぞれ規定に応じて、修了に必要な単位として認定しています。

経済経営専攻

本専攻は社会人専用の博士後期課程です。内外の学会における研究水準をふまえつつ、現場に根ざした新たな理論研究・実証研究を行い、 企業や民間組織、NGO、NPOなど、大学以外の組織に所属しながら、自立的な調査・研究能力を身に付け、 新たな現場理論の創造や政策提言活動を行うことができる「社会人研究者」を育成します。
本専攻は、高度な専門知識と諸研究分野の方法を修得する「専門科目」と「研究指導」で構成されており、日本銀行、財務省、経済産業省、JICAなどから実務家を招き開講している科目もあります。
さらに、働く社会人に考慮して全ての講義を平日の夜間または土曜日に開講しています。