聖学院大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
この大学院の資料を請求する

基本情報

大学院の概要
ー 聖学院100年の伝統の上に、新しい時代を切り拓く

聖学院大学大学院は、単なる学部の延長線上にあるのではなく、新しい世紀のニーズに応える、独自性を持った新しいタイプの大学院です。国内最高水準の教授陣をそろえ、より高度な知識を求める職業人や、生涯教育時代に高度な教養人を目指す人、公的資格の取得を目指す人など、さまざまな方を受け入れています。聖学院大学大学院は、新しい時代と社会の形成に役立ち、世界と社会に貢献しうる人材の教育を推進する大学院です。

近代デモクラシーの精神に基づき、“人の幸いに資する”新しい知の世界を求めて

1.「精神なき専門人」を超えて−現代の課題解決を探究する3研究科

本大学院には、「アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科」「政治政策学研究科」「人間福祉学研究科」があります。
「アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科」では、キリスト教文化をベースにアメリカ・ヨーロッパの文化的深層を理解し、普遍性を追究。そのダイナミズムを明らかにし、日本の戦後体制との関連、日米・日欧関係などグローバリゼーションという見地からアメリカ・ヨーロッパの文化の真髄を解明します。「政治政策学研究科」では、日本の近代デモクラシーの源流の研究を基軸として、現代社会に山積する課題への実践的な政策立案を追究します。また、税理士試験税法科目免除に対応した「税法分野」があります。「人間福祉学研究科」では、従来の社会福祉研究の知識に加え、教育学の知識やグリーフケアの知識をもち、人間のさまざまな場面でのニーズに応えることのできる質の高い人間福祉を探究します。

2.充実した教授陣と少人数制によるきめ細かな指導体制

本大学院の大きな特徴のひとつは、真理を探究し、学問を研究するための最良の環境が用意されています。教授陣は各研究分野において多彩な実績のある優秀なスタッフが集結しており、充実した指導体制が構築されています。
また、講義は通常1クラス10人未満の少人数制。このキャンパスコミュニティーが教授と院生の徹底した議論の場となり、さらに親身で丁寧な指導を実現させています。教授陣の指導におけるきめ細かさ、面倒見のよさは本大学院が自負する要素のひとつであり、真理と知へのあくなき追究と、真に学びたいという思いに対して、本大学院は誠意をもって対応しています。

3.働きながら学べる環境下で高度な職業人・研究者を育成

本大学院の門戸は学部卒業生のみならず、外国人留学生、社会人、主婦などあらゆる年齢層の人々に開かれています。特に社会人の方々を多く受け入れています。
昼夜開講制によって、授業は平日の18時以降と土曜日に集中的に開講。各種奨学金も充実していますので、働きながら無理なくライフスタイルに合わせた通学・研究ができます。このような環境下で、「アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科」では鋭い洞察力をもった人材を、「政治政策学研究科」では現実的な政策立案ができる人材を、「人間福祉学研究科」では心のケアを含め社会ニーズに応えられる人材を養成し、社会に広く貢献できる高度な職業人・研究者を輩出していきたいと考えてます。

研究科・専攻

修士・博士
研究科 課程 募集人員
アメリカ・ヨーロッパ文化学
博士前期課程
5名
博士後期課程
5名
政治政策学
修士課程
10名
人間福祉学
修士課程
10名

問い合わせ先

広報課(進学相談会)

〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1番1号
TEL:048-780-1707

https://www.seigakuin-grad.jp/

所在地・アクセス

聖学院大学大学院

〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1番1号
JR高崎線「宮原」駅から、スクールバス約5分/徒歩15分
JR埼京線(川越線)「西大宮」駅から、スクールバス約10分
JR埼京線(川越線)「日進」駅から、徒歩15分


この大学院の資料を請求する