清泉女子大学大学院(男女共学)

[私立]

大学院紹介
基本情報
研究科・専攻

研究科・専攻

言語文化専攻

日本語、英語、スペイン語、3つの言語文化圏の文学・言語・第二言語教育を研究

本専攻では「言語文化」を「言語によって表される文化」として捉え、「文学の研究」と「言語の研究」を中心に据えています。研究領域として日本語、英語、スペイン語を基軸とする3つの言語文化圏を設定し、研究分野として「文学」「言語」「第二言語教育(英語圏のみ)」を置いています。これらの分野において総合的・体系的・横断的に学識を深め、論理的思考力を養い、広い視野と高い専門性を追究します。

本専攻は、次のような人材の育成を目的とします。

  1. 本専攻の各分野において必要な研究手法と研究能力を有した研究者の養成
  2. 学問的素養と見識を備え、広く文化的領域で活躍できる人材の育成
  3. 言語教育において高度で専門的な職業能力を有した人材の育成

思想文化専攻

人間の思考活動を基盤とする思想文化の4つの分野を研究

本専攻では、人間の思考活動を基盤に形成された思想文化に関する研究と教育を行います。その核となる研究領域は、哲学・思想史学、宗教学・宗教史学、美術史学(日本・東洋・西洋)および文化史学(日本・東洋・西洋)の4分野です。これらの分野において専門的研究に取り組むとともに、他分野との交流を通して、幅広い知識と視野を獲得し、専門領域の研究をいっそう深く追究します。

本専攻は、次のような人材の育成を目的とします。

  1. 豊かな学識、しなやかな知性、みずから考える力を身に付けた人材の育成
  2. 美術館・博物館等の活動に従事できる高度な能力を有した職業人の育成
  3. 優れた専門知識を有し、学校教育、社会教育において指導的立場で活躍できる人材の育成

地球市民学専攻

地球市民として生きていくうえで必須の高度な専門知識とその応用方法を研究

本専攻は、地球的に考え、それぞれの持ち場で活動する人々のための、学際的な学問の研究と教育を行います。カリキュラムは、地球市民学についての必修科目のほか、地球社会の諸問題を探究する地球社会関係科目、多様な文化の相互理解のためのコミュニケーションの理論と技術などを探究する多文化理解関係科目、および両分野を架橋するフィールドワークの3分野の選択科目からなります。各自の研究テーマに応じて、これらを組み合わせながら学びを深めていきます。
また本専攻は、平常勤務の社会人でも所定の最低修業年限(2年)で学位が取得できるよう、主に平日午後6時10分以後と土曜日に授業を行っています。

本専攻は、次のような人材の育成を目的とします。

  1. 地球社会のどの位置においても柔軟かつ積極的に活動できる人材の育成
  2. 地球市民的な視野と知識を身に付けた高度職業人の育成
  3. NPOやNGOを舞台とし、広く社会で活動できる人材の育成

人文学専攻

言語文化と思想文化を有機的に統合し、新しい視点から学際的かつ総合的な教育・研究を実践

本専攻では、言語文化と思想文化の有機的統合により、新しい視点からの学際的かつ総合的研究と教育を行います。本専攻における「人文学」とは、人文科学全体ではなく、文化の言語的側面および思想活動の側面を領域としており、その軸となる具体的な学問分野は、「文学」「言語学」「キリスト教思想」「文化史学」です。

本専攻は、次のような人材の育成を目的とします。

  1. 本専攻の各分野における専門知識と研究能力を有した研究者の養成
  2. 本専攻の各分野における専門知識を有し、研究手法にも通じた高度専門職業人の養成
  3. 優れた専門知識を有し、学校教育、社会教育において指導的立場で活躍できる人材の育成

本学の募集要項はこちらから
http://www.seisen-u.ac.jp/order/index.php