仙台大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
この大学院の資料を請求する

基本情報

体育・スポーツや健康分野で活躍できる専門的指導者を育成

仙台大学大学院スポーツ科学研究科は、北海道・東北地方における唯一の体育・スポーツ科学専門の特色ある大学院です。多様化・高度化したスポーツをさまざまな側面から理論的、実践的にアプローチし、体育・スポーツ、健康福祉、運動栄養、スポーツ情報マスメディアおよび現代武道の分野における高度な専門的指導者として、その発展に寄与できる人材の育成を目的としています。
本学大学院は、大学卒業後の学生だけではなく、中学・高校などの現職の教員をはじめとした体育・スポーツや健康分野・領域における指導者が更なるステップアップのための学修ができるように門戸を開き、社会人や現職教員が学びやすい環境を整備しています。

研究科・専攻

【2019年度】
研究科 専攻 課程 コース 募集人員
スポーツ科学 スポーツ科学 修士 2年コース 18名 ※
1年コース 5名程度

※ 募集人員には、社会人選抜および外国人留学生選抜での人数も含みます。

学び方

◆該当項目に○がついています。
土日・夜間開講 通信制大学院   
長期履修制度 修業年限1年
科目等履修生 駅前・サテライトキャンパス   
独自奨学金・学費減免   

項目の説明

土日・夜間開講

本学大学院の講義は、昼間、夜間(17時50分以降)、昼夜間共通(土曜・日曜)開講という3構成の時間割となっています。昼間と夜間は同じ授業科目を配置し、集中講義を土曜、日曜日や夏期休暇中などに開講しているため、都合のよい時間に講義を受けることが可能です。そのため、社会人や現職教員でも働きながらの修学が可能です。

長期履修学生制度

学生が職業を有しているなどの事情により標準修業年限を超えて一定の期間(1年コースは2年以内、2年コースは4年以内)にわたり計画的に教育課程を履修し修了することを希望する場合に、その計画的履修を認める長期履修学生制度を導入しています。長期履修学生としての在学期間は、長期履修期間に2年を加えた期間を超えることができません。

科目等履修生・研究生

開講している授業科目の履修を志願する者に対し、当該科目の教育に支障がない限り、選考のうえ、大学院科目履修生として、3科目まで履修することができます。また、特定の専門事項についての研究を志望する者に対し、研究生の制度も設けています。ただし、研究生の入学資格は、大学院修士課程を修了した者、またはこれと同等以上の学力があると認められた者となります。

問い合わせ先

仙台大学大学院事務室

〒989-1693 宮城県柴田郡柴田町船岡南2-2-18
TEL:(0224)55-5706(直) FAX:(0224)55-1210
http://www.sendaidaigaku.jp/

所在地・アクセス

〒989-1693 宮城県柴田郡柴田町船岡南2-2-18

  • 「仙台」駅からJR東北本線上り線(大河原・白石・福島行きなど)に乗車、「船岡」駅下車徒歩約10分(「仙台」駅〜「船岡」駅31分)
  • 「仙台空港」駅から仙台空港アクセス鉄道で「名取」駅まで(約10分)、「名取」駅からJR東北本線上り線(大河原・白石・福島行きなど)に乗車(約18分)、「船岡」駅下車
  • 国道4号線柴田バイパス「仙台大学」の標識から100m先南に折れ、白石川、JR東北本線を越えて直進
  • 東北自動車道村田I.Cから約20分、白石I.Cから約30分

この大学院の資料を請求する