総合研究大学院大学 高エネルギー加速器科学研究科

[国立]

  • 資料請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
関連する大学院
総合研究大学院大学
文化科学研究科
日本文学研究専攻
資料請求する

研究科・専攻

加速器科学専攻

究極の物質探求装置「加速器」を科学する

高エネルギー加速器は、最も単純な素粒子・原子核から原子・分子と複雑精妙な生命体に至る、自然界の各階層のさまざまな構成要素を探究する強力な道具です。さらに近年、産業や医療分野など直接人々の役に立つ分野での活躍も目覚ましく進展しています。
本専攻では、加速器性能の向上を通じた自然科学の推進を主目標に、加速器の原理研究や先端的加速器技術の開発など、理論・実験両面から加速器教育を実施します。あわせて、密接に関連する放射線科学、コンピュータ・サイエンス、超伝導技術、機械工学などの教育および研究を通じて、加速器科学の将来を中心的に担う人材の総合的育成を行います。

物質構造科学専攻

放射光・中性子・ミュオン・低速陽電子が拓くナノの世界

大型加速器から発生する放射光・中性子・ミュオン・低速陽電子の4つのビームプローブを用いて、物理・化学・生物・医学などの様々な分野にわたる物質構造科学研究を行います。とりわけ、世界最先端のビームの発生と加工に関する学理と応用開発研究、これらのビームプローブを用いた物質構造と機能に関する基礎と先進的応用の研究を行い、物質構造科学研究の将来を担い、またその発展に貢献する人材の育成をめざします。

素粒子原子核専攻

宇宙と物質の謎にせまる

素粒子原子核物理学は、物質の究極の構成要素とそれらに働く力を明らかにしようとする学問です。本専攻は、エネルギーフロンティアをめざす実験から、大強度粒子ビームを使った精密測定によって素粒子・原子核の性質を明らかにする実験にいたる世界をリードする多彩な実験と、宇宙から超弦理論までを広くカバーする理論研究を背景に、これらの分野をリードする研究者の養成をめざします。宇宙と物質の謎を解き明かす世界最先端の研究に参加してみませんか。