拓殖大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

経済学研究科

国際的な視野を広げ、世界を動かす経済学を究める

経済のグローバル化、ボーダーレス化が進む現代において国際経済を学ぶには、世界情勢と経済に関連する多様な領域からアプローチすることが重要です。そこで本研究科では、ミクロとマクロの両視点から経済を考察する「経済学」、国際政治や国際法と関連付け、経済活動を研究する「国際政治経済」、フィールドワークを軸に、経済を通じて特定の国や地域の現状・未来を探索する「地域経済」という複数の領域を研究の柱としています。
そのため、経済学だけでなく政治学や法律学まで研究領域に加えたカリキュラムを展開。経済学を足がかりに国際関係の知識を広げ、経済の視点から世界の未来を切り開いていくことのできる人材を育成します。

商学研究科

世界で活躍できるビジネスリーダーと、高度な職業会計人を養成

目まぐるしい速度で変化を続ける現代のビジネスシーンでは、高度な専門性を備えたスペシャリストが強く求められています。
そこで本研究科では、国際的な舞台においてビジネスリーダーとして活躍できる人材、各専門分野における高度な職業人の養成をめざしています。研究の柱となるのは「商学系列」「経営学系列」「会計学系列」「法律学系列」の4分野。外国人留学生からも支持の高い「商学系列」「経営学系列」は、日本型・アジア型経営の研究を軸にカリキュラムを展開。一方、「会計学系列」「法律学系列」では、税理士や公認会計士など、高度な職業会計人の養成に力を注いでいます。
また、各系列では外国文献研究も配置されており、国際性あふれる研究にも取り組みやすい環境が整えられています。

工学研究科

人々の快適な暮らしを提案できる、創造性と高度な専門性を備えた人材を育成

科学技術大国であるわが国においては、常に質の高いエンジニアやクリエーターが求められています。
そこで本研究科では「著しい科学技術の進歩に柔軟に対応できる、高度な応用の利く能力」「現代の科学技術を検証し、新しい領域を開拓できる創造性」「科学技術上の課題やデザイン上の問題を広い視野から判断できる国際感覚」を重視。科学技術の発展に貢献できる力を持った研究者やエンジニア、さまざまな領域のデザイン課題に取り組むことのできるクリエーターの養成をめざし、「機械・電子システム工学」「情報・デザイン工学」の2専攻を設置しています。多種多様な研究分野の中から自分の興味あるジャンルを追究し、人々の快適な暮らしを提案することができる、創造性豊かな人材の育成に力を入れています。

言語教育研究科

国際化・情報化社会で活躍できる、言語教育のスペシャリストを養成

国際化が進む現代社会においては、言語学と言語教育学の重要性に注目が集まり、高い専門性を持つ人材が広く求められています。
本研究科では、このような時代の流れを見据え、言語に対する高度な専門知識と運用能力を持つだけでなく、コンピュータの活用や教材開発にも能力を発揮できる人材の育成に力を注いでいます。
特に英語と日本語については「教育学」の視点から捉え直し、さまざまな領域からアプローチ。高度な専門知識や、教育の場で求められる実践的な“教育スキル”を体系的に身に付けていきます。言語学と言語教育学の複数の視点から研究を行い、言語教育のスペシャリストとしての素養を磨きます。

国際協力学研究科

国際協力の可能性を探り、高い専門性を備えた人材を育成

安全保障や地域開発、国際協力について、政治や経済など、さまざまな領域からアプローチしながら、専門性に優れた人材を育成することが本研究科の目標。国際人の育成をめざす「国際学部」と、世界の諸地域を対象に、政治、経済、歴史、文化、安全保障などの学際的研究プロジェクトを展開する「海外事情研究所」といった、本学大学院の人的・知的財産を連合・融合したカリキュラムを展開しています。
本研究科では「経済開発」「安全保障・危機管理」「地域研究」の各テーマについて、専攻を越え、それぞれが有機的に連携。国際関係分野において専門性の高い教育・研究を推進してきた本学大学院の強みを最大限に生かし、新しい学問領域である国際協力学の拡大・発展にも力を注いでいます。

地方政治行政研究科

政治と行政の高度な専門教育を展開し、「地方の時代」を担うリーダーを育成する

「地方の時代」が叫ばれる現在、地域の力が増す一方で取り組むべき課題も山積しています。地域社会の自立発展のためには、改革立案能力を駆使して積極的に行動できる地域リーダーの活躍が強く求められているのです。
そこで本研究科では、このような社会の要請と期待に応えられる人材を育成するため、地方の政治行政に関心を持つ社会人を対象に、高度な専門知識、情報分析能力を修得する実践教育の場を設定しています。
研究の柱は政治と行政2つの分野。さらに「政策創造能力」「管理運営能力」「分析能力」という3つの能力の修養に力を入れ、地方の政治行政の現場やNPO活動、ボランティア活動などを通じて、地域社会の未来を担うエキスパートを育成します。