帝京大学大学院 教職研究科(教職大学院)

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
カリキュラム
一般入試
入試要項
Topics
関連する大学院
帝京大学大学院
この大学院の資料を請求する

カリキュラム

学びのポイント

学生のさまざまな関心や課題に応えられるよう、62に及ぶ多様な授業科目を設定。また、カリキュラムの中に「教育と医療の連携」を組み込んでいます。連携協力校や附属小学校などの協力のもと、課題意識を持って実践的・総合的に学べる機会を設け、高い専門性と柔軟な実践力を有する教員の養成をめざします。

ティーム・ティーチング方式で共に学び、高め合う学習環境を整備

学識経験豊かな教員による指導・支援のもと、開設科目の70%をティーム・ティーチング方式で実施しています。課題を見いだし、意見を交し合うグループ討議や生徒指導など、さまざまな場面を想定したロールプレーイング、多様なフィールドワークを設置。また、医学部附属病院、関連施設での実習など、仲間との研鑽を通して自ら考え実践する力を育てます。個々の学生を教員全体でサポートし、一人ひとりに応じたきめ細かい指導を行います。

■本大学院がめざす「高度教職実践者」の姿
  • 具体的事実に基づいて臨床的に教育・研究できる教師
  • 子どもと子どもをめぐる地域・行政・医療などの関係者を幅広く柔軟にコーディネートできる教師
  • 豊かなカウンセリング・マインドを備える教師
  • 視野を広く持ち、柔軟かつ創造的に計画し実践できる教師

カリキュラム編成

以下、3つの科目群を有機的に学び、高度教職実践者を養成します。

  • 共通基礎科目群:課題追求のための基礎を築く
  • 実習科目群:実践の記録・分析による振り返りを重視
  • 高度化専門科目群:学生一人ひとりの課題に合わせて自由に選択
区分 単位 領域
共通基礎科目群 22 教育課程の編成・実施に関する領域
各教科等の実践的な指導方法に関する領域
生徒指導・教育相談に関する領域
学級経営・学校経営に関する領域
学校教育と教員の在り方に関する領域
教育と医療の連携に関する領域
実習科目群 10 実習に関する領域
高度化専門科目群 14 授業実践領域
学校臨床実践領域
学級・学校経営実践領域
特別支援教育実践領域
発展的領域

スクール・リーダーコース

現場での経験を土台に、より専門的な知識を備えた教育者を育成します。学校の中だけでなく、行政や地域において、欠くことのできない指導力を備えたスクール・リーダーを育成するコースです。

対象 教育職員免許状取得者である現職教員(臨時採用・非常勤講師を除く)
履修年数 2年

1年修了プログラム(短期履修制度)

現職教員で、入学選抜試験結果・書類審査などにより、本大学院における1年間の履修によって、教職修士(専門職)の学位を取得できる能力があると認定される方を対象に開設。学校などにおける経歴・実践・研究実績などが「実習免除規定」の実習科目の到達目標・内容に照らして修得すべき内容に見合ったものかを審査し、最大7単位まで実習科目が免除されます。
※教育委員会などの派遣による教員であることが望ましい。

コースの特色

  1. 的確な指導力
    教育課程についての広い識見と、児童・生徒に対する深い理解に根ざして、授業に生かせる教材研究力、教育方法の開発力、カリキュラム開発力、授業・学習評価力、授業研究を推進していく指導力を身に付けます。
  2. 医学・心理学的視点からの考察・対応力
    学校臨床実践領域において、多様な教育的ニーズに対応し、一人ひとりの学びを豊かに組織していく柔軟な対応力・コーディネート力を向上させます。
  3. 学級・学校経営におけるリーダーシップ
    学校を取り巻く環境の変化に伴って生じる問題や、困難な局面に向かい合う現場、教育行政の諸問題について、協働による実践を通じて解決を図るマネジメント・マインドを養います。
  4. 次の世代を開く特別支援教育推進への指導力
    学校において特別支援教育についての専門性を発揮し、児童・生徒の実態把握や個別指導計画の作成への助言・指導を行えるコーディネート力を養います。
  5. 広い視野で理論と実践を融合
    専門分野の理解や能力をふまえ、広い視野で学校や地域における指導に生かしていく力を養います。

教育実践高度化コース

教職に就いていない教員志望者を対象に、さまざまな角度から教育を考察する力の修得をめざします。指導・実践力はもちろん、理論と実践を融合する力、創造的な課題解決力を持つ、新しい時代の教員を養成します。

対象 幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、養護教諭の教育職員一種免許状の取得者
または取得見込みの者で、現職教員以外の者(臨時採用・非常勤講師等は可能)
履修年数 2年

3年修了プログラム

幼稚園、中学校、高等学校の教育職員一種免許状を取得済みまたは取得見込みの者で、小学校教員としてのキャリア形成をめざす者を対象に開設。本大学院における3年間の学習を通して、小学校教諭一種免許状、さらに、専修免許状が取得できます。

コースの特色

  1. 得意分野を持つ教職者
    教育課程の理論と構成についての理解をふまえて、各教科・領域の関係性に配慮しながら、自分の関心のある教科・領域を核として、授業づくりについての実践力を養います。
  2. 臨床実践と児童・生徒心理
    児童・生徒や保護者とのコミュニケーションを密にし、カウンセリング・マインドを養い、今日の社会的・文化的環境の中で児童・生徒への心理的・教育的援助をする力を養います。
  3. 学級経営に関する専門知識
    個に応じ、個が生きる集団づくりをめざし、学級経営の最新の方法や力量を高めるとともに、新しい学校づくりに参画していく力を養います。
  4. 特別支援教育の実践
    知的障害・肢体不自由・病弱の児童・生徒のための教育課程編成や、個別の指導計画の作成と実施および評価について、教育学・医学・心理学等の専門性を高め、実践力を養います。
  5. 広い視野で理論と実践を融合
    医学も含め、専門分野の関連を広い視野で捉え、具体的事実に基づいて臨床的に教育・研究を進める力を養います。