東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻

[国立]

大学院紹介
基本情報
研究科・専攻

基本情報

多様な専門分野の教員が教育研究を推進

本専攻は、生命科学、 数理科学、情報科学、物質科学など多様な分野から成り立ち、さまざまなバックグラウンドを持った教員が相互に協力しながら、教育・研究を推進している大規模な組織です。本専攻では、このような学問分野を物理学、化学、生物学、地学、情報科学などのような既存の学問分野に細分化せず、それぞれ独自の教育・研究目標を掲げた3つの系に分け、互いに連携をとりつつ教育・研究に携わっています。

生命環境科学系では、「DNAから人間まで」をキーワードにライフダイナミクスの構築を、広域システム科学系では、「人工システムから宇宙まで」をキーワードにマクロ・システムサイエンスの構築をめざしています。また相関基礎科学系では、「クオークからインテリジェントマテリアルまで」をキーワードに素粒子・原子核、原子・分子からさまざまな高次構造体までを対象とする広範かつ最先端の物質科学研究の構築をめざしています。
本専攻の特色は、学際性に重きを置いている点にあります。実際に本専攻では、数学、物理学、化学、生命科学、宇宙地球科学、情報科学、身体運動科学、心理学、人文地理学、科学史・科学哲学、科学技術論などの各研究分野の第一線で活躍する研究者が一堂に会しています。特に理系分野の境界領域と言われる、自然現象の数理モデル、物理化学的手法を駆使した生命科学計測、環境健康科学、環境生態学、心理現象の科学的解析、科学技術倫理などで先鋭的な研究が行われています。

専攻・系

専攻 募集人員
修士 博士
広域科学 生命環境科学 40名 25名
相関基礎科学 37名 23名
広域システム科学 27名 16名
募集人員総数 104名 64名

学び方

◆該当項目に○がついています。
土日・夜間開講 通信制大学院
長期履修制度 修業年限1年
科目等履修生 駅前・サテライトキャンパス
独自奨学金・学費減免

項目の説明

長期履修制度

就業や出産・育児、親族の介護、障がいなどにより標準の修業年限内に課程を修了することが困難な方向けに長期履修学生制度が用意されています。修士課程では最大4年、博士後期課程では最大6年まで、申請して許可を得ることができます。標準の修業年数の授業料総額と同じ金額の授業料を、認められた履修期間の年数にわたって支払うことになりますので、上記事由のある場合は、時間をかけて学位論文をまとめることができます。

授業料減免制度

経済的理由により授業料を納付することが著しく困難な方を対象に、選考のうえ、当該年度1年間分の授業料が減免される制度です。適格者のうち経済的困窮度が高い方から順に、全額・半額などの減免金額を決定します。

問い合わせ先

学生募集要項の請求や本専攻についての詳細は、下記までお問い合わせください。

東京大学大学院総合文化研究科事務部(教養学部教務課 総合文化大学院係)

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
TEL:(03)5454-6050、(03)5454-6051

※メールを送る際は[at]を@に変換してお送りください。
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/graduate/admission/master-doctor/index.html

所在地・アクセス

東京大学駒場キャンパス

〒153-8902  東京都目黒区駒場 3-8-1
JR山手線ほか「渋谷」駅、小田急線「下北沢」駅、京王線「明大前」駅より京王井の頭線に乗り換え、「駒場東大前」駅で下車
駒場キャンパスの正門は、「駒場東大前」駅東口改札を出て左手正面


本学の募集要項(2017年3月24日公開)はこちらから

修士課程(2018・春および2017・秋入学者用)

http://www.c.u-tokyo.ac.jp/graduate/H30MAapprequirements.pdf
博士課程(2018・春および2017・秋入学者用)
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/graduate/H30DRapprequirements.pdf