東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻

[国立]

大学院紹介
基本情報
研究科・専攻

研究科・専攻

生命環境科学系

生命環境科学系は、東京大学大学院/総合文化研究科/広域科学専攻の3系の一つですが、約70名の教員が所属し、一般の専攻に相当するほど大きい組織です。従来の理系・文系という分類を超えて、生命に関して分子から個体、社会までを包括する極めて学際的で先端的な学問分野を扱っています。本系は、環境応答論・生命情報学・生命機能論・運動適応科学・認知行動科学の5大講座からなっていますが、実質的な活動は、基礎生命・身体運動・認知行動という3グループで行っています。

教員の研究分野は、細胞生物学、生化学、生物物理学、分子生物学、スポーツ医・科学、トレーニング科学、心理学、教育学などの諸領域に、また、研究対象はDNA、蛋白質、細胞など生命体の基本的構成単位であるミクロな部分から、組織、器官、個体に至るまでの構造、発生、機能、さらに人間の身体の構造と機能、心理などにおよび多岐にわたっています。

それぞれの研究者は、各々の領域で個々の対象を深く掘り下げたうえで、研究者相互の交流と啓発によって領域横断的な視点を高め、新しい生命科学の構築をめざしています。学生の教育においても、個々の学生がそれぞれの領域、対象で先端的な研究を推進できる基本的な知識と手法を十分身に付けたうえで、分子から細胞、組織と積み上げて人間を理解する方向と、ミクロな生命環境科学のあり方を考える方向性とを持った人材を育成することをめざしています。

生命環境科学系 Web

相関基礎科学系

相関基礎科学系は、1994年に理学系研究科から2つの専攻(相関理化学専攻、科学史・科学基礎論専攻)が独立し、それらが統合されて発足しました。本系の自然科学を専攻するグループは、「クォークからインテリジェントマテリアルまで」という標語のもとに、超弦理論などの素粒子論の研究、クォークやグルーオンの物理などの原子核理論の研究、原子・分子からさまざまな高次構造体を対象とする広範かつ最先端の物質科学研究を展開しています。

一方、科学史・科学哲学を専攻するグループは、科学と技術、およびそれらと社会の関わりを人文社会科学の手法を用いて研究しています。そして系全体としては、この両者の研究活動が相互に刺激し、活性化し合う体制を整え、分野の壁にとらわれない学際的な研究を推進するとともに、人間や生命環境と科学との共生を考えることのできる問題解決型の人材を育てることを目標としています。

現在、本系の専任教員(教授、准教授、講師、助教)は約70人、修士・博士課程在籍者は約170人であり、教員1人当たりの大学院生が2人強という濃密な教育・研究空間が形成されています。これまで大学や大学院で物理や化学、あるいは科学史・科学哲学を学んできて、将来、さらに高度な専門知識を修得し、最先端研究を主体的に行いたいと考えている方々を広く受入れています。

相関基礎科学系 Web

広域システム科学系

広域システム科学系は、自然界から人間社会にいたるさまざまな具体的問題をシステムとして捉え、その構造、機能、動態、進化、さらには管理を対象とします。本系を構成するのは、システム論、情報科学、図形科学、宇宙地球科学、原子分子物理学、地球化学、生態生物学、人文地理学、科学技術計画学、認知科学、複雑系などさまざまな領域にまたがった専門を持つ教員ですが、それぞれ、各分野に固有の分析的方法論を深めると同時に、それらをシステム論的な視点から総合化しようとする研究アプローチを持っています。

具体的には、制御や最適化などを扱う数理システム、さまざまな物質や多様な生命が複合的に介在する自然システム、人間とコンピュータが絡み合う情報処理システム、人間・社会環境システム、都市・地域システム、科学技術システムなど、広範な領域と階層におよぶシステムを扱います。「システム思考」を自分のものとするためには、さまざまな方法論を学び駆使できるようにすることと、対象となる自然や社会のシステムについて深い知識を獲得することの両者が必要です。方法論としてシステム理論、数理解析、情報システム学、数理統計学、計画論などを体得し、対象系としてエネルギー、物質、生命、生態、地球系、都市、地域などに関する知識を身に付けます。

本系では、所属する教員の研究分野を説明するために、基礎システム学、情報システム学、自然体系学、複合系計画学の4つの大講座が置かれています。ただし、それぞれの領域が固定的なものというわけではなく、複数の講座が協同することにより横断的な研究を行うことができます。

広域システム科学系 Web

本学の募集要項はこちらから
http://www.kouiki.c.u-tokyo.ac.jp/examination/examination.html