早稲田大学大学院 情報生産システム研究科

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
カリキュラム
一般入試
入試要項
Topics
この大学院の資料を請求する

カリキュラム

情報生産システム研究科

相互に連携する3つの分野を統合し、高度な専門的知識を幅広く習得

本研究科は、「情報アーキテクチャ分野」「生産システム分野」「集積システム分野」の3分野を設置し、最先端の情報技術とLSI技術をソフト・ハード両面から教育・研究するとともに、生産に情報技術を活用できる広く高度な専門的知識を持つ人材の育成をめざしています。

『情報アーキテクチャ分野』は、これからの重要な産業の一つである情報通信分野全般と、特にその応用に重点を置いた教育・研究を行います。「情報・通信モデル」「計算知能」「言語・メディア情報」「社会/経営情報」「ロボティクス・メカトロニクス」「光ファイバシステム」の領域において教育・研究にあたります。

『生産システム分野』は、「機械設計・ロボット」「センサ・先進材料・応用計測」「システム制御・プロセス制御・エネルギー」「プロセス運用監視・設備保全管理」「経営・生産情報システム」の領域で、ハード・ソフト両面から次世代の生産システムを追求する教育・研究を行います。

『集積システム分野』は、エレクトロニクス産業で活躍できる技術者の育成をめざし、集積システムに関して「マルチメディア情報・画像処理」「モバイル通信」「アナログ・高周波回路」「大規模/高速/低電力LSI」「LSI自動設計」「LSI検証・テスト」の教育・研究を行い、マルチメディア、モバイル、超並列アーキテクチャへと展開していきます。

本研究科の大きな特徴の一つに、受け入れの広さがあります。学びたい者が学べる開かれた国際的な教育・研究の場として、新しい知識の習得を目的とする学生と、最先端の研究を目的とする学生の両者に対応するほかに、外国人・社会人が学べる大学院となっています。また、年齢、経歴、国籍など多様性のある教育組織とするとともに、教員は本学情報生産システム研究センターの兼任研究員となり、プロジェクト研究を設定し、産学協同研究を積極的に行います。

カリキュラム

3コースに分かれた特徴的なカリキュラム

本研究科の修士課程には、研究室に所属する時期と期間によって次のa、b、cの3種のコースを設けています。

●コースa-研究中心型
主に、先端の研究に取り組みます。半年で所定の単位(18単位)を修得し、教員面接により研究室に所属することが許可された場合、1年半で主に修士論文作成のための研究を行います。

●コースb-標準型
1年次は受講・実習を中心に学修します。所定の単位(22単位)を修得し、教員面接により研究室に所属することが許可された場合、2年次からは主に修士論文作成のための研究を行います。

●コースc-受講中心型
1年半の間、受講・実習に専念します。所定の単位(26単位)を修得し、教員面接により研究室に所属することが許可された場合、後の半年間で与えられた課題を研究します。

なお、学生は、条件を満たした段階でコースを選択することができます。また所定の単位を修得すれば、希望によりその目的に応じたコースの選択もできます。

環境・立地

先端科学技術の研究に最適な環境整備

国際テクノロジー都市への転換をテーマに創設された『北九州学術研究都市』の中核となる大学ゾーンが2001年4月にオープン、2003年4月に本研究科が開設しました。北九州学術研究都市は、アジアの中核的な学術研究拠点を目標に、先端科学技術分野で国内外を代表する大学や研究機関が1つのキャンパスに集積。研究者や学生が日常の交流を通じて総合力を発揮し、その成果を社会に還元できる環境づくりをめざしています。また、先端科学技術の研究や産学連携を図る大学・企業などが共同で利用できる学術研究施設が設置され、情報ネットワークは一元的に管理、効率的に運営されています。

学術情報の整備面では、本研究科の構内LANはデータ系・映像系・電話系で構成される北九州学術研究都市情報ネットワークと接続され、それらは学術情報ネットワーク(SINET)およびインターネットと接続しているため、研究者は必要な学術情報を迅速、的確に収集できます。これらを利用することによって、早稲田大学学術情報システム(WINE)により電子化された約257万冊の図書情報を素早く検索・入手できます。さらに、早稲田大学学内LANであるWINSとの連携で、キャンパス間の相互通信はもちろん、国内外の大学・研究機関への学術情報アクセス条件も整っています。