横浜市立大学大学院
生命医科学研究科 生命医科学専攻

[公立]

大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
研究室特集
生命科学系

基本情報

生命科学と医学を融合した最先端の「生命医科学」の教育研究を
理化学研究所と連携して行う

本学は、理系と医系を融合した大学院生命医科学研究科生命医科学専攻を2013年4月に設置しました。
生命医科学専攻のみで構成されている生命医科学研究科では、現代生物学における重要な基盤科学である構造生物学を重要な柱とし、同時に医科学への応用展開力を身に付けた人材の育成を重視し、生命医科学に関する基礎的かつ応用的な研究に取り組みます。そのような研究の場で、おのおののバックグラウンドを生かしつつ、自らのさらなる可能性を探求する熱意ある学生を求めます。

研究科・専攻

試験区分 定員
博士前期課程
(修士課程)
第一期募集 20名
第二期募集 20名
第三期募集 若干名
博士後期課程
(博士課程)
20名

学び方

◆該当項目に○がついています。
土日・夜間開講    通信制大学院   
長期履修制度 修業年限1年  
科目等履修生 駅前・サテライトキャンパス  
独自奨学金・学費減免    

項目の説明

長期履修制度

職業を有する者で修業年限を越えて一定期間延長して計画的に教育課程を履修できる制度です。
博士後期課程および博士前期課程で資格を満たしている方は、所定の手続きにより長期履修学生となることができます。

科目等履修生制度

研究科で定めた履修科目のうち1科目または数科目(8単位以内)を選んで履修できる制度です。科目等履修生は、履修した科目の試験を受けることができ、合格の場合、所定の単位が与えられます。
認定された単位は、将来、当該研究科に入学した際には、既に修得した単位として認定されます。

独自奨学金・学費減免

●授業料減免制度
経済的理由により授業料を納付することが著しく困難な方を対象に、選考のうえ、当該年度1年間分の授業料が減免される制度です。適格者のうち経済的困窮度が高い方から順に、全額・半額などの減免金額を決定します。
●災害見舞金制度
災害・地震・風水害などにより著しい被害を受けた大学院生に対しては、所定の審査のうえ、10万円を限度(被害の程度により異なる)とした災害見舞金を給付します。

奨学金・減免

問い合わせ先

横浜市立大学 鶴見キャンパス事務室(入試担当)

〒230-0045 横浜市鶴見区末広町1-7-29
TEL:(045)508-7201 FAX:(045)505-3531

http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/

所在地・アクセス

鶴見キャンパス

〒230-0045  横浜市鶴見区末広町1-7-29
JR京浜東北線「鶴見」駅東口および
京浜急行線「京急鶴見」駅川崎鶴見臨港バス鶴08系統「ふれーゆ」行きで約15分、「理研・市大大学院前」下車
JR鶴見線「鶴見小野」駅下車徒歩15分

本学の資料請求はこちらから
http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/admis/guide_method/index.html