横浜市立大学大学院
生命医科学研究科 生命医科学専攻

[公立]

研究科・専攻

生命医科学研究科・生命医科学コースの特色

〜生命医科学分野における世界的な研究拠点をめざして〜

生命医科学研究科は、「生命医科学分野における世界的な研究拠点をめざす」ことを掲げて設置された、研究を第一のミッションとする研究科です。研究科の名称として掲げている「生命医科学」研究は、「生体分子の機能を原子・分子レベルで理解し、その理解に基づいて生体分子を薬剤などによって操作する。その操作を階層を越えて生命システムへの介入につなげる」ことをめざすものです。その介入の目的が、医科学と共有されるときに、「生命医科学」という医・理連携分野が成立します。このような「生命医科学」を確立するには、生命科学と医科学の連携のみならず、物理学、化学、情報科学などの分野を幅広く取り入れた高度な生体系の計測・解析技術の開発を進める必要があります。

〜世界的トップレベルの研究設備で学ぶ〜

本学科は日本最大級の950MHzNMR装置、X線回折装置、質量分析装置、スーパーコンピュータなど、ひとつの研究科としては世界的にトップレベルの研究環境を有し、これらの装置を活用して生体分子の解析研究を推進しています。また、生命システムの解明をめざしてゲノムの網羅的、動的解析、さらに膨大な生命情報をもとにした生命情報科学研究を行っています。

〜理化学研究所、産業技術総合研究所、国立医薬品食品衛生研究所との連携・国際交流〜

鶴見キャンパスは理化学研究所横浜キャンパスと同一敷地内にあります。このため生命医科学研究科には理化学研究所、産業技術総合研究所から、多くの研究者が客員教員として参加し、世界トップレベルの研究を背景に若手研究者の養成を行っています。また、平成29年度には連携の枠組みを国立医薬品食品衛生研究所にも広げるなど、鶴見キャンパスには海外からの研究者の来訪も多く、国際色豊かな研究生活を送ることができます。

本学の資料請求はこちらから
http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/admis/guide_method/index.html