横浜市立大学大学院
生命医科学研究科 生命医科学専攻

[公立]

大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
研究室特集
生命科学系

研究科・専攻

横浜市立大学大学院生命医科学研究科生命医科学専攻の理念

生命医科学研究科は生命医科学専攻のみで構成されています。本研究科では、ポストゲノム時代に対応できる研究開発能力を持った人材を育成するために、革新的な計測技術を駆使した生物学の新分野として原子レベルや分子レベルでの生命医科学の確立をめざします。生命原理を物質に基づき原子レベルで解明する構造生物学を基盤として、生体分子→生体超分子複合体→細胞内オルガネラ→細胞→器官→個体からなる生命の階層性を理解する教育を行います。また細胞極性や細胞ネットワークにおける細胞間コミュニケーション、分化や細胞初期化に関連するエピゲノム、再生医療につながる生殖細胞の独自性、さらに高次生命現象としての神経科学などを分子レベルや原子レベルで理解し、さまざまな疾病に対する合理的な創薬などの教育も行います。また、国内の国立研究開発法人(理化学研究所、産業技術総合研究所など)との連携や国外の教育機関とのネットワークにより、グローバルな視点からも教育を行います。
本研究科で得られた知識、経験を基に人類の抱える健康、環境、衛生、医療などの課題解決に向けて国内外で活躍できる人材を育成します。そのために必要なベンチャー起業論や知的財産論などの教育も行います。

本研究科は、理化学研究所(理研)・産業技術総合研究所(産総研)と連携して研究活動を進めています。これは、理研・産総研と横浜市立大学の間で交わされた連携大学院に関する協定に基づくものであり、生命科学研究の将来を担う若手研究者の養成を目的としています。
所在地である鶴見キャンパスの施設は、理研・横浜キャンパスと同じ敷地内にあります。理研・横浜キャンパスには統合生命医科学研究センター(IMS)、環境資源科学研究センター(CSRS)、ライフサイエンス技術基盤研究センター(CLST)などがあり、世界をリードする研究が進められています。
本研究科に所属する学生は、理研の研修生として受け入れられます。理研の研修生になることによって、理研で催されるさまざまなセミナーへの参加が可能になり、理研の多様な施設も使用することができ、勉学にも研究にもさらに充実した環境が提供されます。

本学の資料請求はこちらから
http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/admis/guide_method/index.html