秋田大学大学院 理工学研究科

[国立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

<2022年度開設>共同サステナブル工学専攻【博士前期課程:修士(工学)】

秋田大学大学院理工学研究科と秋田県立大学大学院システム科学技術研究科の共同大学院として設置された「共同ライフサイクルデザイン工学専攻」は、2022年4月「共同サステナブル工学専攻」に生まれ変わりました。

サステナブル工学は地球環境の保全、生活や社会の質の向上、そして経済的な繁栄を同時に実現することで社会の持続可能な発展を実現する工学分野です。当専攻ではモビリティにおける動力システム電動化、環境配慮設計、再生可能エネルギーの利活用に関する教育研究を行います。

【専攻の特徴】

  1. 秋田大学大学院理工学研究科と秋田県立大学大学院システム科学技術研究科の両大学の施設を利用でき、両大学の環境・材料・化学・機械・電気・エネルギー・経営に亘る多様な講義を受講できます。
  2. サステナブル工学に関する高度な専門知識(環境配慮設計、再生可能エネルギー利用、動力システムの電動化)と技術を修得できます。
  3. 機械・電気・材料・情報・環境・化学などの多様な工学分野の要素技術を統合して活用する能力を修得できます。
  4. 地域社会の課題解決や地域産業の振興に資する、地域企業や「電動化システム共同研究センター」と連携したPBL教育を実施します。

エレクトロモビリティコース

航空機・自動車・鉄道・船舶など内燃機関を用いた動力システムの電動化はモビリティのCO2排出量低減をもたらします。当コースではモビリティの電動化に関する教育研究を、内閣府交付対象事業「小型軽量電動化システムの研究開発による産業創生」のもと設置された本学の「電動化システム共同研究センター」及び国内外の大学・研究機関・企業と連携して行います。地域の電動化産業の振興に貢献できる人材を育成します。

社会環境システムコース

資源の採掘・輸送・製造・使用・リサイクル(廃棄)のライフサイクル全体での環境負荷の低減を可能とする環境配慮設計、CO2排出量の少ない再生可能エネルギー源の効率的な利活用技術に関する教育研究を行います。サステナブル社会に必要な幅広い知識と専門性を身につけた今後のサステナブル社会構築に貢献できる人材を育成します。

生命科学専攻 【博士前期課程:修士(理学)】

本専攻では、生物学と化学に関連する広範な分野を専門とする教員が集結し、理学の立場から、生命現象を有機的に理解するための知識と、生命関連のさまざまな研究分野の高度な専門知識・研究能力とを効率的に修学するためのカリキュラムを組んでいます。
生命現象の巧妙なしくみを解明する研究者を養成するほか、将来、生命科学の高度な知識、思考力、研究能力を活かせる職業に携わり、中核的・指導的な役割を担う人材、さらには「理学」に立脚しながら「医学」「薬学」「工学」「農学」などとの境界領域や学問的分野での研究・開発をけん引し、医療、医薬品、食料生産、生物エネルギー資源開発など、生命科学関連のあらゆる分野で活躍できる人材を育成します。

生命科学コース

構造生物学、タンパク質化学、分析化学、超分子化学、有機化学、電気化学、計算化学などを領域とする「生命分子化学分野」と、生化学、分子生物学、細胞生物学、疾患生物学などを領域とする「分子細胞生物学分野」の2分野で構成されています。両分野の基礎知識を体系的に身に付け、高度な専門性を有する研究開発を自ら遂行できる技術者・研究者を養成します。

物質科学専攻 【博士前期課程:修士(理工学)】

エネルギー問題や環境破壊、資源枯渇などが地球的規模で深刻化する今日、グリーンイノベーションならびに高効率インフラシステムの推進に向けた技術開発への需要が高まり、応用化学や材料理工学を基盤とした物質科学が果たす役割は重要性を増しています。
本専攻では、「物理学」「化学」「数学」を連携した基礎科学(理工学)の知識を、物質科学の中核をになう応用化学や材料理工学へと展開し、物質がもつ潜在能力を極限まで追求しながら、新物質・新機能の創出を実現するための学問分野を体系的に学びます。現代社会が直面する物質科学に関連する諸課題に対処でき、高い倫理性を兼ね備えた技術者・研究者・指導者を養成します。専攻内には、「応用化学コース」「材料理工学コース」を設置し、互いに密に連携して教育・研究を行います。

応用化学コース

化学に関連した知識を基盤とし、原子・分子レベルからの物質設計と合成を独創的なものづくりに結びつけるために必要な教育課程を設置しています。新機能物質の開発や、循環再生における化学エネルギーの有効利用、生物機能の高度利用など、環境に調和した素材づくりと先端技術の開発研究に機動力を発揮できる人材を育成します。

材料理工学コース

材料科学および材料工学を基礎として、金属、半導体、セラミックスを中心とした新材料・新機能の創出を実践します。材料物性の発現機構をナノスケールからマクロスケールにおよぶ組織・構造解析ならびにシミュレーションに基づいて究明し、人間社会と調和した次世代機能材料の生産・製造技術の創出に貢献できる人材を育成します。

数理・電気電子情報学専攻 【博士前期課程:修士(理学・工学)】

本専攻は、基盤産業の発展、エネルギー問題解決、ヒトとコンピュータの調和に貢献し技術開発の変革を担うことができる人材、数学・理論物理学・計算機科学に関する高度な専門知識と技能・知見を備え数理科学分野の高度な知識を有する教員や研究者の人材、ならびに高齢化先進県である秋田が抱える地域の課題を解決するための技術を開発し、世界に発信できる人材を育成します。そのため、チームワークの大切さを認識すると共に自らの責務を果たしてリーダーシップを発揮し、想定外の問題にも対応できる能力を修得したい人を求めています。
超高齢社会において新たな技術や価値を創造するために3つのコースで構成され、専門分化した数理科学・電気電子工学・人間情報工学の膨大な知識全体を俯瞰しながら、超高齢社会に新たな技術や価値を創造できる人材を育成します。

数理科学コース

代数学・幾何学・解析学等の数学、量子力学等の理論物理学、AIを含むコンピュータサイエンスを中心とする数理科学について幅広く教育・研究を行います。数学、理論物理学、コンピュータサイエンスの学習や研究を通して、粘り強く考える力、論理的な読解力と思考力を身に付け、数理科学的発想を現実問題に活用できる人材を育成します。

電気電子工学コース

電気エネルギー・機器、エレクトロニクス、光・電子・磁気デバイス、情報通信・システム制御などの広い専門分野の知識を体系的に理解するとともに、ある1つの分野を中心とする、あるいはそれらの分野を統合した新たな応用や技術の創造のための研究に取り組みます。その経験を通して問題発見・解決能力を身に付けた人材を育成します。

人間情報工学コース

「ICTを利活用した高齢者の健康寿命の延伸や5G-VRによる遠隔支援」「ヒューマンセンシング技術の高度化とその応用システム、環境モニタリング、産業応用」「空間情報学と人間中心のIoT・AIを利活用した地域活性化」「情報ネットワークやIoTなどICT関連技術と安全・安心社会の実現へ向けた応用システム」のためといった人間情報工学を専門として、創造的な発想と柔軟な応用能力を備えた人材を育成します。

システムデザイン工学専攻 【博士前期課程:修士(工学)】

地球温暖化や再生可能エネルギーの開発などの社会問題、各種機器の高機能化に伴う技術向上、航空宇宙分野や廃棄物のリサイクル技術の急速な発展、環境に調和した土木技術の創出と都市・地域システムの機能向上化、新規産業の創出・発展など、機械工学の果たすべき役割はますます重要になっています。本専攻では、これらの複雑かつ大規模なシステムの設計開発に関する教育・研究を通じて、機械工学、土木環境工学の各専門分野の基礎知識を備えつつ、システムデザインとしての横断的な知識を持ち、地域ニーズを正しく把握し、地域社会のみならず世界へも貢献できる研究開発者や技術者を養成します。

機械工学コース

機械工学は、「材料力学」「熱力学」「流体力学」「機械力学」の4力学に「制御工学」を加えた5つの分野が基礎となっています。機械工学領域では、航空宇宙システム、医用システム工学、環境適合システムの各分野において、学部で学ぶ専門知識を深化させて応用できる力を身に付け、問題発見・解決力やコミュニケーション能力を有し、グローバルな視点で「機械」と「人間」と「環境」が調和する持続的社会形成に貢献するための教育と研究を行います。

土木環境工学コース

「構造工学」「水工学」「地盤工学」「都市・交通工学」「コンクリート工学」および「環境保全」などの高度化した専門知識を修得し、それらを基本とした技術の応用力と課題解決のための知識と能力の向上、さらに協働して課題解決にあたるためのコミュニケーション能力を養い、安全・安心・便利な社会基盤の形成に貢献するための教育と研究を行います。

総合理工学専攻 【博士後期課程:博士(理学・理工学・工学)】

本専攻は、「生命科学領域」「物質科学領域」「数理・電気電子情報学領域」「システムデザイン工学領域」の4領域で構成されています。「総合理工学論文研究」「総合理工学特別演習」「グラントプロポーザル論」「英語スキルアップセミナー」をはじめ、各領域の専門科目を通じて、理工学の各分野で自立して研究する能力を高度化し、社会と産業界が求めるイノベーション創出に必要な学識と倫理性、科学技術の各分野を俯瞰できる複眼的な視点と柔軟性、グローバル化する研究開発の現場で通用する語学力とコミュニケーション能力を身に付けます。
各専門分野を横断した総合的な視野を持ち、豊かな創造性や斬新性を備えて、指導的・中核的な立場で国際的に活躍できる高度技術者・教育者、および自立した研究者を養成します。

生命科学領域

本領域では、わが国全体や地域の特性に対する理解と国際的な視野を持ち、社会的義務と技術者・研究者としての倫理規範を遵守しながら、深化した生命科学関連分野の専門知識と専門能力をベースとした研究開発を進め、自らの専門の枠を超え、他の研究分野との融合や新たな研究分野の開拓を推進できる人材を育成します。

物質科学領域

本領域では、従来型の「理学」「工学」「物理学」「化学」にとどまらず、既成の学問領域の枠を超えた、広く豊かな物質科学の専門性を身に付けます。自然のしくみと物質の性質について総合的な理解と認識の上に立って、その知識を社会にわかり易く伝え、人間社会の持続的な発展のために応用展開できる能力と高い倫理性を兼ね備えた人材を育成します。

数理・電気電子情報学領域

本領域では、新たな技術や価値の創造やICTの利活用により地方が抱える課題を解決するため、数物系の基礎科学分野から電気電子工学・人間情報工学分野の先端技術分野を包含する教育・研究体制を構築し、学際的かつ高度な専門技術を修得した人材を育成します。

システムデザイン工学領域

本領域では、「持続的社会形成のためのものづくり」「新規産業創出」「生活基盤整備」をめざして、「機械工学」「土木環境工学」などの諸分野の融合と調和を図ります。地球環境に配慮し持続可能かつ創造的に発展する社会の構築を念頭に、地域の抱える課題解決に貢献し、地域から世界へも貢献できることをめざします。