大阪体育大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
社会人入試
入試要項
この大学院の資料を請求する

基本情報

「広い視野」「豊かな感性」「発想力」を持って研究を

本大学院は、博士前期課程と博士後期課程が設置されています。
博士前期課程は、高度なスポーツ科学の知識を持ち実践的な指導を行える専門家の養成を、博士後期課程は、高度な専門知識に裏打ちされた斬新な研究を行う研究者の養成を目的としています。
研究教育体制は、史哲・行動科学領域、身体運動・コーチ科学領域、健康・医科学領域の3つの専門領域を基盤とし、それに基づき、さらに5領域(スポーツ文化、競技スポーツ、健康スポーツ、学校体育、レジャー・レクリエーション)と11学問分野(保健・体育科教育学、スポーツ史・哲学、スポーツ社会学、スポーツマネジメント、スポーツ心理学、バイオメカニクス、教授学、スポーツ生理学、スポーツ医学、スポーツ栄養学、アダプテッド・スポーツ)の組み合わせにより、スポーツ科学の研究・教育に対する多様なニーズに応えられるように編成されています。
この研究教育体制の下で、スポーツ科学の研究を通じて、体育教育や運動・スポーツによる健康・生きがいづくり、スポーツマネジメント、競技力の向上などの分野に貢献できる人材と、高度化・グローバル化するスポーツ科学の発展に貢献できる研究者を養成します。
大学院生の皆さんには、スポーツの持つ可能性を「広い視野」「豊かな感性」「発想力」を持って探究し、創造性に富んだ研究に挑戦してほしいと思います。

社会人のための「リカレント教育」支援が充実

博士前期課程では、社会人のための「リカレント教育」にさまざまな工夫を加え、働きながら学べる環境を整備しています。例えば、昼夜開講制の導入です。夜間開講科目は同時双方向形式の遠隔授業(オンライン)となっていますので、自宅や職場で受講していただけます。また、長期履修制度を組み合わせることにより、修業年限2年を3年または4年まで延長することができます。その場合、2年分の学費を3年または4年に分割して納付するので、金銭的な負担も軽減されます。

さらに、高度専門職業人の養成を主たる目的として「スポーツ科学実践プログラム」を、保健・体育科教育学分野およびスポーツマネジメント分野に開設しています。社会人や中学校・高等学校の教員にも本大学院で学んでいただけるように、ご自身の現場での実践を単位化するなど、働きながら学ぶというハードルを下げています。修了要件には、修士論文だけでなく特定の課題についての研究の成果(課題研究)でも修了は可能となり、事例報告、フィールドワークによる実態調査、授業実践報告でも学位を取得できるようになっています。
現在でも本大学院には、社会人が多く学ばれ、仕事と学業を両立されています。働きながら学ぶことは大変ですが、今後はこの「スポーツ科学実践プログラム」や「長期履修制度」「昼夜開講制度」を利用することで、社会人そして現役教員の大学院進学を応援し、支援していきたいと考えています。

スポーツ科学実践プログラムの詳細はこちら

昼夜開講制の詳細はこちら

長期履修制度の詳細はこちら

入学試験は、A日程を9月に、B日程を2月に行っています。博士前期課程は一般選抜、スポーツ選抜、社会人選抜、外国人選抜があり、社会人やスポーツ優秀者に配慮した選抜も行っています。博士後期課程は、一般選抜(語学・口述試験型)と一般選抜(プレゼンテーション型)があります。一般選抜(プレゼンテーション型)は、英語に特化した選抜方法で、英語プレゼンテーションと英語による質疑応答により判定します。留学生だけでなく、英語が得意な日本人も対象です。詳細は、大学院事務室(072-453-7031)にお問い合わせください。

研究科・専攻

修士・博士
研究科 専攻 募集人員
スポーツ科学 スポーツ科学 博士前期課程 24名
博士後期課程 6名

(注)上記は、A日程とB日程を合わせた募集人員です。

学び方

◆該当項目に○がついています。
土日・夜間開講 通信制大学院   
長期履修制度 修業年限1年  
科目等履修生   駅前・サテライトキャンパス  
独自奨学金・学費減免    

項目の説明

昼夜開講制

2022年度よりさらにリカレント教育を推進するにあたり、昼夜開講制を導入しました。
本大学院で学びたい、研究したい、キャリアアップさせたいと考えている全国の入学希望者に対して、安心して学んでいただけるシステムとなっています。入学後は、昼間開講科目は対面授業、夜間開講科目は遠隔授業(オンライン)で行います。社会人や関西圏以外に居住されている方は、職場や自宅で遠隔授業(オンライン)を受講することができますので、通学や仕事との両立などで大学院進学をあきらめていた方々に寄り添ったシステムです。
また、夜間開講科目を主に受講される在学生のために、2年間で全ての科目を履修できるように、夜間開講科目は隔年で設定しています。時間割は、年度末に次年度および次々年度の2年分を提示しますので、2年間の授業計画が立てやすくなっています。

ですが、全く大学院に来なくても修了できる、というわけではありません。修士論文発表会は対面で実施する予定ですし、遠隔授業(オンライン)であっても研究、実験、論文指導などで来学する必要があるかもしれません。その場合は、学内のセミナーハウスに無料で宿泊することができ、各施設や実験機器なども活用することができます。

昼夜開講制を導入することで、全国の入学希望者に門戸を広げることになり、さらにはスポーツ科学領域で社会貢献ができるのではないかと考えています。

独自奨学金・学費減免

●大学院研究奨学金制度(給付型奨学金)
大阪体育大学大学院独自の奨学金制度です。
博士前期課程は、各年次5名の奨学生に月額5万円(年額60万円)の奨学金を1年間給付します。1年次生は出願と同時に募集を行い、入学試験の成績で判定されます。2年次生は、前年度の研究業績および学業成績で判定されます。返済の義務はありません。
博士後期課程は、各年次3名の奨学生に月額5万円(年額60万円)の奨学金を給付します。入試(A日程で募集。但し、A日程で3名枠が埋まらなかった場合のみ、B日程でも募集)出願時と同時に募集を行い、入学試験の成績および研究業績で判定されます。期間は3年間で、返済の義務はありません。

●浪商学園創立100周年記念奨学金(野田三郎奨学金)
海外の大学またはその他の研究機関において研修等を実施する大学院学生2名に、一律10万円を支給します。ただし、採用者が1名の場合は、20万円を支給します。

◎そのほか、給付型奨学金制度として、小野奨学会、戸部眞紀財団などがあります。
◎日本学生支援機構の奨学金も利用可能です。また、在学中の2年間あるいは3年間で研究業績を積み重ねることにより、特に優れた業績による返還免除制度を受けられます。

長期履修制度

長期履修制度とは、職業を有している等の事由により、本来の標準修業年限(2年)では履修が困難だと認められる者について、本来の修業年数(2年)において支払う授業料で、標準修業年限(2年)を超えて計画的に履修することを可能にする制度です。この制度は、博士前期課程に入学する者、または在学する者が対象となります。

1. 対象者

  • 職業を有し、就業している者(自営業、非正規雇用(単発的なものを除く。)も含む)。
  • 出産、育児、長期介護、身体の障がい等の事情を有する者。
  • その他、やむを得ない事情を有し、標準修業年限で修了することが困難であると研究科長が認めた者。

2. 長期履修期間

  • 在学年限(博士前期課程4年)の範囲内で、1年単位とします。

3. 申請期間

  • 入学時から長期履修制度の利用を希望する者は、出願時に合わせて申請してください。
  • 在学生で新たに長期履修制度の利用を希望する者は、博士前期課程1年次生のみ3月末日までに申請してください。

4. 納付金

  • 本学規定の授業料と実験実習費を標準修業年限(2年)に乗じ、長期履修期間(3年または4年)で分割した額を、年度ごとに納入していただきます。なお、入学金は、本学規定の額を初年度に納入していただきます。

問い合わせ先

大学院事務室

〒590-0496 大阪府泉南郡熊取町朝代台1-1
TEL.(072)453-7031(直通) FAX.(072)453-7028
https://www.ouhs.jp/

アクセス

天王寺から:JR阪和線で「熊取」駅下車、駅前から南海ウイングバスで「大阪体育大学前」約15分
難波から:南海本線で「泉佐野」駅下車、駅前から南海ウイングバスで「大阪体育大学前」約30分(JR阪和線「熊取」駅経由となります)


この大学院の資料を請求する