文京学院大学大学院 人間学研究科

[私立]

  • 資料請求

カリキュラム

学びのポイント

人間学専攻

保育界のリーダーや社会福祉の第一線で活躍する人材を育成

保育・福祉領域の現在直面している諸問題や将来あるべき諸制度・方法に関する研究を通じて研究者ならびに専門職業人を養成します。
「保育学コース」と「社会福祉学コース」の2つのコースがあり、 「保育学コース」は、保育・幼児教育の分野での保育内容や保育方法、運営論の実践的研究や子育て支援、発達支援の研究を行い、保育界でリーダーシップを発揮できる人材や乳幼児保育に関する専門研究者を養成します。「社会福祉学コース」は少子高齢社会化や多様化する福祉ニーズに対応できるソーシャルワーカーと指導的立場として行政や福祉・保健・医療などの第一線で活躍する人材を育成します。

保育学コース(昼間開講)

保育者に求められる職務が高度化、多様化しているなかで、保育者の指導的人材、乳幼児保育・教育に関わる社会的活動のリーダーを育成します。さまざまな保育場面での指導方法や最新の保育方法も視野に入れ、文献やフィールドワークなどを通じた学習をベースに、学内の併設幼稚園や保育実践研究センター(「ふらっと文京」)での観察や参加など、実践的な学習を行い、理論と実践の融合を図ります。幼稚園教諭一種免許状を有している方は、本コースを修了し、一定の科目を修得すると幼稚園教諭専修免許状が取得できます。
また、心理学コースの科目履修や、それぞれの認定機構主催の講習を受講することにより、臨床発達心理士や学校心理士(補)の受験資格取得も可能になります。

社会福祉学コース(昼間開講)

多様化するニーズに対応できる社会福祉の専門知識と技術ならびに倫理を修得し、指導的立場のソーシャルワーカーとして行政や福祉・保健・医療の第一線で活躍する人材を育成します。また、すでに実務を経験している社会人の方に、より高度な専門教育を教授するリカレント教育にも力を入れています。
また、本コースの講義、「ソーシャルワーク研究T」「ソーシャルワーク研究II」「高齢者福祉特別研究」「児童福祉特別研究」「福祉政策特別研究」は「認定社会福祉士」の認証研修として認定されており、 社会福祉士の資格を保有し所定の要件を満たしている人は、これらの講義を受講すると、「認定社会福祉士」取得に必要な研修を履修したことになります。

心理学専攻

人間を理解し、心理学の基本・基礎の上に立った演習・応用・実習により、体系的に研究を展開

心理学の基本的領域の問題に対して理論的研究を深化させ、実践的かつ臨床的領域における研究者ならびに専門職業人を養成します。
「心理学コース」と「臨床心理学コース」の2つのコースがあり、「心理学コース」では心理学の基礎的領域の実験や調査研究を行い、学部で学んだことを深く掘り下げて、専門性にさらなる磨きをかけて社会に貢献する人材を育成します。「臨床心理学コース」では医療や福祉・教育などの現場で、さまざまな問題に悩み傷ついている人々の心の健康を取り戻すための援助を行う臨床心理士を養成します。

心理学コース(昼間開講)

企業、心理・教育・福祉関係などの幅広い分野で活躍する専門職業人や、人間を多面的に理解し、社会に貢献できる研究者、心の問題から進路の問題まで学校現場の問題に対応できる専門家の養成をめざします。実験設備など専門研究をサポートする環境も充実しており、独自性の高い研究にも十分対応が可能です。高等学校教諭一種免許状(公民)の保有者は、所定の科目を修得すると高等学校教諭専修免許状(公民)が取得できます。本コース科目の履修の中で教職関連科目を取得できるため、新たに多数の科目を履修せずに取得可能です。
学校心理士の受験資格は、所定の単位を修得することにより取得できます。また、関連科目および認定機構主催の講習会受講により、臨床発達心理士の受験資格に必要な指定科目の単位を得ることができます。

臨床心理学コース(昼間開講)【第一種指定大学院】

本コースでは心に傷や悩みを持つ人の状況を理解し、心理・行動面の障がいの治療・援助、およびこれらの障がいの予防、心の健康を回復する方法を学びます。多彩な実績を持つ教員スタッフにより、臨床心理学に関する基礎をはじめ、広い分野にわたる心理学科目を網羅し、高度な専門知識と実践技法の修得をめざします。
実践的な臨床心理士を育てるために、実習を重視しており、外部実習機関での実習のほか、本学の臨床心理相談センターでの臨床心理相談を実施しています。財団法人日本臨床心理士資格認定協会の第一種指定大学院としてコース指定を受けており、臨床心理学コースを修了することによって臨床心理士の受験資格が取得できます。
臨床心理士資格試験では高い合格率を誇り、卒業後も各種研修会が整備されています。