文教大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

人間科学研究科

真の実力を身に付けた臨床心理士と人間社会の発展を支える人材を育成

臨床心理学専攻【修士課程・博士後期課程】

本専攻の教育・研究上の目的は、修士課程においては、心理学および臨床心理学の学識を身に付けるとともに、臨床体験によって習得した臨床技能および臨床をふまえた研究を通じて、高い専門性と豊かな人間性を備えた心理臨床家を養成すること。博士後期課程においては、一層高度の研究・学識・技能を通じて、臨床心理学領域における自立した研究者および心理臨床家の指導ができる高度専門職業人を養成することです。
本専攻では、現場経験豊富で研究者として実績を重ねている教員がバランスよく配置され、心理学研究と臨床実践を統合した、臨床心理士養成のために必要な教育が専門家レベルで実現されています。また、大学病院や私立の精神神経科病院、クリニックなど多彩な医療機関、自治体の教育センターなどで継続的に実習を行い、個人や少人数でのスーパーヴィジョンを受けます。
このような指導体制により、ほとんど全ての修了生が、病院・クリニック・教育相談所・学校の教育相談室などにおける臨床心理士の業務分野で活躍しています。

人間科学専攻【修士課程】

本専攻の教育・研究上の目的は、心理学・社会学・教育学・社会福祉学などの学際的・総合的知見を基礎とし、研究・実践を通じて、人間と社会に関する幅広い見識と、諸課題解決に対する高い専門性を持ち社会に貢献できる人材を育成することです。 そのために、従来の心理学・社会学・教育学の学問的体系を基礎にしながら、その総合的視点に立って、子どもから高齢者までの健康、人間性、家族関係、地域活動、生涯学習に関して幅広い見識と高い専門性の修得をめざします。 特に「人間科学特論」を基礎において、「心身の健康な発達」と「生涯にわたる学習」を中心に、「心身の健康を時系列でとらえる人間発達の視点」「人間生活の向上と発展をめざす学習や社会的制度の在り方を考える視点」「専門研究を進めるための研究方法を探究する視点」といった3つの視点から、人間生活の向上と発展をめざして研究を進めます。
本専攻の教育課程が、人間科学という学際的な学問領域を広く学修し、かつ専門分野の探究に適しているため、近年の修了生の多くが医療・教育・福祉・公務員・スポーツなどの専門職として活躍しています。

言語文化研究科

言葉を介してさまざまな領域を比較横断的に研究し、世界と日本の言語文化をつなぐ

言語文化専攻【修士課程・博士後期課程】

本専攻は修士課程と博士後期課程から成り立っています。
修士課程は、一つの専攻の中に、互いに関連する二つの分野(コース)を設けています。
地域言語文化研究コース(日本語圏・英米語圏・中国語圏)は、それぞれの言語地域の文学や、表象芸術としての演劇・映画などの研究を通して、言語による文化を研究し、言語文化についての高度な専門的能力を修得します。
第二言語習得研究コースは英米語、中国語、日本語を母語としない人のための日本語の三つの分野を第二言語という観点で統一的に把握し、その理論的研究を行うとともに、教授技能を高め、高度な専門的技能を持つ職業人を養成します。

博士後期課程は、言語研究の領域と文化研究の領域を統合し、広い視野と豊かな国際感覚を持ち、言語文化分野における高い研究能力と問題解決の実践能力を兼ね備え、多文化社会で指導的な役割を果たせる人材を育成します。
言語研究領域では、言語学や日本語教育学、第二言語習得研究、日中言語比較対照研究など言語研究の専門分野を持ち、それぞれの分野の先端的な研究を探究しつつ、これらの言語研究分野の相互の連携をめざします。文化研究領域では、日本の文化・文学を中核として、英語圏文化・文学や中国語圏文化・文学、さらには比較文化特殊研究の専門分野をもち、それぞれの専門分野の先端的な研究成果と連携しつつ、多文化時代にふさわしい日本文化・文学の専門的見地からの研究成果と国際貢献の実現をめざします。

教育学研究科

学問と実践の場をつなぐ質の高い専門家教員を養成

学校教育専攻【修士課程】

情報化、少子高齢化、国際化など、社会の急激な変動によって、日本の学校教育は大きな転換点を迎えており、教員には今まで以上に専門的力量が求められるようになりつつあります。本専攻では、従来の心理学と教育学の学問的体系を基礎にして、地域社会と強く連携しつつ、学校教育に関わる理論的かつ実践的な研究を行い、教科指導力と学級・学校の問題解決力とを備えたプロフェッショナルな教員の養成をめざしています。
本専攻では、カリキュラムの中心を学校教育についての理論的研究と実践的研究におきます。具体的には、理論的研究として、学校教育学特論、教育社会学特論、教育心理学特論、学校経営学特論などの必修科目を配置します。実践的研究として、総合学習特論などの選択科目に加えて、地域社会と強く連携することに重点をおく必修科目として、教育実践分析特論/実習T・Uを配置します。対話型の徹底した少人数教育を行い、市の教育委員会との連携、教育学部との連携の中で理論に裏打ちされた実践力のある教員の養成をめざします。
修了後の進路として、教員以外にも、生涯学習関連施設でのインストラクターなどの活躍の場があります。

情報学研究科

高度情報社会に関わる高度専門職業人を育成

情報学専攻【修士課程】

本研究科は、「システムに関する知識」「システムの能力を十分利活用できる能力」「利活用に関するニーズを情報システムの構築に反映できる能力」を併せ持つ高度な職業人となる人材を育成しています。高度な職業人を育成するため、システムに関するさまざまな知識を基にし、システムの能力を十分引き出す情報技術、コンテンツデザインのための情報技術、そして、そのビジネス化またはそのビジネスについての情報技術について、それぞれ高度の専門的な教育・研究を展開しています。講義・演習科目は、「情報学基礎」「情報コンテンツ」「経営情報」の3つの教育研究分野で構成されています。情報システムに関する知識・技術を情報コンテンツに応用し、あるいはコンテンツに関する知識やノウハウを情報システムに反映させる能力の訓練については、研究指導を通じて行います。

本研究科の特徴は、情報基礎の科目群を基盤とし、経営情報に関する科目群と情報コンテンツに関する科目群を各自の専門に合わせて履修するとともに、双方を総合した研究を行う点です。例えば、コンテンツ・ビジネスを志向する学生は、「情報学基礎」分野の科目でコンテンツに関する情報技術の基礎知識を整理し、コンテンツ作成に関する最新の技術を「情報コンテンツ」分野の科目で身に付けられます。また、システム開発を志向する学生は、「情報学基礎」分野の科目で問題発見・解決に必要な基礎知識を整理し、ビジネスに生かすシステムデザインについては「ビジネス情報」分野の専門科目で究めることが可能です。

国際学研究科

地球市民として社会に貢献できる人材を育成

国際学専攻【修士課程】

国際学研究科は、それまでの国際協力学研究科のカリキュラムと教育コンテンツを大幅に改編して2015年4月に誕生した新しい研究科です。 本研究科は、「グローバルな視点から考え、ローカルな場における活動・実践を行う(Think globally, act locally)」ことのできる“地球市民”の育成を理念として、官民をはじめ市民社会においても活躍できる、高度な国際学の知識やスキルを持った実践的な人材を育成します。
専攻内には領域として、「ディベロップメント・スタディーズ」「市民社会と地域デザイン」「ツーリズム」の3つを設置しています。新しい研究科では各領域科目を増やすとともに、他研究科科目や神奈川県内の他大学研究科科目からも履修することができるようにしました。研究科生は自分の専門領域について深く学べると同時に、他の領域の科目を履修することによって、より広い視野で知見を深めていくことができます。 「ディベロップメント・スタディーズ」領域は、これまでの“協力”という先進国から途上国への外発型の支援イメージから、広く発展のあり方を問う研究をめざした領域で、国際協力の専門家、あるいは民間での国際交流に関連した業務に携わる専門家を育成します。 「市民社会と地域デザイン」領域は、変動する日本の地域社会を地球市民の視点から捉えようとするもので、市民社会やガバナンスのあり方、地域のデザインを研究テーマとして、政策立案能力を求められる地方公務員、地域プランナー、NPOなどの専門家を育成します。 「ツーリズム」領域は、アウトバウンド観光における個人化・専門化、インバウンド観光での量的拡大に対応した観光経営やサービス、地域の遺産や景観、文化、人々の生活との交流演出を研究テーマとして、より高い専門知識を持った観光産業の担い手を育成します。