南山大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
Topics
この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

人間文化研究科

キリスト教思想専攻、宗教思想専攻

「人間の尊厳のために」という本学の教育モットーをふまえ、人間の本質の探究とその尊厳への貢献という要望に応えるため、キリスト教思想を基盤に据え、神学領域、哲学領域、宗教学領域の3領域において教育・研究を行います。神学領域には聖書神学、組織神学、諸宗教の神学があり、哲学領域には古代、中世、近世・現代の哲学の研究とキリスト教の思想的・文化的側面からの研究、宗教学領域にはキリスト教をはじめとする諸宗教の多角的な研究があります。博士前期課程キリスト教思想専攻の目標は、教員や聖職者、専門的研究者をはじめとする優れた人材の育成であり、博士後期課程宗教思想専攻は、さらに幅広く神学、哲学、宗教学の学問領域において国際社会に通用する専門家育成と専門家同士の交流を通じ、相互啓発によって専門性の一層の向上をめざします。

人類学専攻

グローバル化が進む中で、「文化・民族・歴史をめぐる現代的な諸問題」に対し、体系的理解と長期的・広域的な展望をふまえた人類史的視点から、解決の糸口を与えるものとしての人類学を教授します。専門的研究者や博物館学芸員、文化行政担当者、国際的文化事業従事者、高等学校教員などの高度職業人を養成します。文化人類学と考古学の2つの研究領域を中心とするカリキュラムを編成しています。博士前期課程では、主たる領域以外の学習も制度的に保証する副領域制度を設け、所定の単位を修得した場合には、副領域証明書を発行します。また、博士後期課程では、夜間開講を前提に、土曜開講や夏期講座など、個々の学生に対応した履修パターンを設定し、社会人(国公立私立教員、研究所研究員、博物館・美術館学芸員、埋蔵文化財主事・専門員など)のリカレント教育と学位取得を可能にするプログラムを実施します。

教育ファシリテーション専攻

教育ファシリテーションとは、学校や企業、医療、国際協力などの場における教育的関わりの中で、学ぶ者がその主体性を発揮できるように、さまざまなスキルを用いて支援することです。教育プログラムや学習環境の整備から、グループ単位での学習の促進まで、多様なレベルのファシリテーターとしての関わりについて探求します。社会人が仕事を続けながら研究できるように、夜間と週末(一部集中授業)の開講形態をとっています。なお、履修科目の要件を満たせば「学校心理士」の受験資格を得ることができます。

言語科学専攻

人間性の本質に迫る手だてとしての言語研究と日本語・英語を主とする外国語教育研究を通して、グローバル化に貢献できる人材を育成することを目的とした新しい大学院教育をめざします。国内外で評価が高い本学の言語学研究センターや外国人留学生別科も利用し、理論と実践を有機的に組み合わせた研究が可能です。

国際地域文化研究科

国際地域文化専攻

多文化共生の実現や日本との相互理解と交流の創造・発展に貢献できる人材を育成します。博士前期課程は、「アメリカ研究領域」「スペイン・ラテンアメリカ研究領域」「アジア・日本研究領域」の3領域を設定し、ラテンアメリカ研究センター、およびアジア・太平洋研究センターとも密接に連携しながら、各研究領域における特定地域研究を基礎とした、学際的かつ多元的な教育・研究をめざします。
博士後期課程では、博士前期課程における3研究領域を発展的に統合し、「アジア」と「日本」およびこれらと「アメリカ」「スペイン・ラテンアメリカ」との相互交流を中心に捉えた「アジア・日本を重視した国際地域文化研究」を行い、グローバル化と地域文化尊重が同時進行する現代社会にみられるさまざまな状況を読み解く高度な分析力の獲得をめざします。
中学校・高等学校教育に携わる専修免許取得教員(英語・国語・社会)、国際交流関係事業の従事者、NGO・NPO関連事業従事者、一般企業の海外事業担当者などを養成します。

社会科学研究科

経済学専攻

経済学の各領域における専門的な知識や応用的研究能力を高めることはもちろん、さらに幅広く社会科学全般の専門知識やセンス、経営や国際感覚を育み、これによって高い分析能力や専門的知識を有する高度職業人、職業会計人として、社会に貢献できる人材を育成します。
カリキュラムは、社会科学全般の基礎的な知識やセンスを養うための「共通科目」、専攻分野に関する知識と応用力の修得を目的とする「研究指導科目」、幅広い分野において、専門的な理論的研究のみならず現実社会を科学的に考究する応用的研究能力の育成や、コンピュータを用いた経済分析手法の修得を目的とする「専攻科目」からなっています。
講義は、昼間授業時間帯のみならず、夜間や週末にも開講。毎週1回の講義形式以外に、週末の1日に数回の連続講義を行う形式での講義もあり、フレキシビリティを持った教育体制となっています。また、中学校・高等学校教諭の専修免許を取得できます。

経営学専攻

グローバル化・情報化にともなって複雑になってきた企業活動において、経営に関する高い見識と高度な専門知識・技術を持つ人材の育成、とりわけ、経営学に関する専門領域において学究的探求能力を身に付けた、国際社会・地域社会の発展に寄与する経営学の研究者の育成をめざします。また、社会人入学審査を実施し、すでに企業などで活躍しながら、経営学を専門的かつ体系的に修めることにより実社会で培った多くの経験を理論的に体系づけようとする社会人も広く受け入れています。社会科学研究科の中で、他専攻との相互補完を通して、経営学の研究分野を取り巻く学際的な領域について、広い視野から理解を深めることもできます。

総合政策学専攻

グローバル化の進展を伴う複雑社会の諸問題に対応し、持続可能なヒューマン・コミュニティーを実現するための政策研究、および公共政策に関連してニュー・パブリック・マネジメントの思考に基づく政策研究を行います。さらに、ふたつの研究分野に共通する領域として環境問題も研究対象とします。2017年度のキャンパス統合により名古屋市およびその近郊を勤務地とする社会人にとって交通至便な名古屋キャンパスでの授業となります。平日の夜間授業と、土曜日の昼間授業を履修することで全教育課程が修了できるように、授業時間割編成においても配慮を行います。

理工学研究科

理学を基礎とし、システム数理やソフトウェア工学などの開発工程支援型工学と、機械工学や電子工学などの製品開発技術を修め、それらを有機的に統合させることによって、産業構造の変化に伴う技術の変容に対して柔軟に対処できる技術者の養成をめざします。

機械電子制御工学専攻

機械や電気・電子機器の製造現場、ならびに設備産業で、広範な対象に対して設計、実装から運用まで局面を問わず活躍できる高度技術者を養成します。
機械工学や電子工学を数学、物理学や情報科学の方法論に基づいて教育し、さらにシステム数理専攻に関連する基礎理論と、ソフトウェア工学専攻に関連するソフトウェア実装技術を幅広く学修することによって、さまざまな機械や電子機器に対して基礎研究、製品開発から運用まで局面を問わず活躍できる能力を育成します。

ソフトウェア工学専攻

応用分野を選ぶことなく、さまざまなソフトウェア開発プロジェクトの先頭に立ち、多種多様な技術を取り入れながら開発を遂行できるソフトウェア技術者を養成します。
理学の方法論を基礎として、ソフトウェア開発工程の要素技術を教育し、機械電子制御の分野を応用例として要素技術の選択・統合を行うメタ技術を学修することで、さまざまな応用分野において新技術を柔軟に受け入れながら開発を遂行できる能力を育成します。

システム数理専攻

実社会におけるさまざまな問題を、数理モデルによって抽象化し、合理的かつ効率的な解決を図ることができる実践的な問題解決力を備えた技術者を養成します。
オペレーションズ・リサーチ、統計科学、制御論を数学の方法論を用いて教育し、さらにソフトウェア工学専攻や機械電子制御工学専攻に関連する事例を用いてメタな技術である数理モデル化技術を修得することによって、変容する数理技術を柔軟に受け入れながら、さまざまな問題に対して実践的な問題解決ができる能力を育成します。

法務研究科(法科大学院)

法務専攻〔専門職学位課程〕

「人間の尊厳のために」を基本とした倫理観を身に付け、社会に貢献できる法曹の養成をめざします。4つの科目群「法律基本科目群」「実務基礎科目群」「人間の尊厳科目群」「展開・先端科目群」を設定しています。特に「展開・先端科目群」では、社会においてより弱い立場にある人々への配慮を忘れず、また、生活者、勤労者の視点を重視する《社会・人権領域》を設け、「家庭・少年問題と法」、「医療と法」、「住居と法」などの科目を配置しています。専任教員による個別指導制と現職法曹によるアドバイザー制度を設け、学生をサポートしています。また、学習環境面では、個人別キャレルを配置した院生研究室を設けて快適に学習できるスペースを確保しています。