産業技術大学院大学

[公立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

情報アーキテクチャ専攻

高いマネジメント力を備えた高度なIT技術者“情報アーキテクト”を育成

本専攻は、ITをビジネスに役立てるための高度な技術を備えた人材を“情報アーキテクト”と呼び、その育成に力を注ぎます。1年次のカリキュラムは、情報アーキテクトの基本的な考え方を学修する科目と、それぞれの専門科目群(IT系、エンタープライズ系、システム開発系、マネジメント系)で学修を進めます。2年次は、情報アーキテクトに必要な業務遂行能力(コンピテンシー)を身に付けるために、PBL(Project Based Learning)学修方式を取り入れています。
さらに、カリキュラムには学生がめざす将来のキャリアを想定し、ストラテジストコース、システムアーキテクトコース、プロジェクトマネージャコース、テクニカルスペシャリストコース、サービスマネージャコース、グローバルスペシャリストコース、事業アーキテクトコースの7つのコースが設けられています。

創造技術専攻

技術を価値として提供し産業分野でイノベーションをもたらす“ものづくりアーキテクト”を育成

本専攻は、商品企画の提案から製品設計、製造に至るプロダクトサイクル全体を見渡してマネジメントできる人材を“ものづくりアーキテクト”と呼び、その育成のために実践的なプログラムを設定しています。1年次のカリキュラムは、プロダクト・イノベーション、インダストリアル・デザイン、デジタル技術、産業材料学に関する高度な知識と業務遂行に必要となる基礎知識を養います。また、2年次はこれらの知識を的確に使いこなす業務遂行能力(コンピテンシー)を身に付けるために、PBL(Project Based Learning)学修方式を取り入れています。
さらに、カリキュラムには学生がめざす将来のキャリアを想定し、「インダストリアルデザイン」「ものづくりマネジメント」「開発設計」「システム統合・制御」「国際」「事業アーキテクト」の6つのコースを設置。各分野において高度で創造的なアクティビティを発揮できる人材を育成します。