東京理科大学院 理工学研究科 国際火災科学専攻

[私立]

大学院紹介
基本情報
研究科・専攻

基本情報

世界でも数少ない火災を教育・研究する専攻

国際火災科学専攻は、火災科学に特化した教育・研究を行う専攻として2010年4月に修士課程、2012年4月に博士後期課程が設置されました。このような専攻は、日本国内はもとより、アジアでも初めてであり、世界的にもアメリカとヨーロッパに数校あるだけで、非常に希少な専攻だといえます。
本学の火災に関する研究の歴史は古く、工学部開設時(1962年)までさかのぼります。初代工学部長の濱田稔は、都市大火を研究し、防火工法の開発や防災計画の基礎を築いた火災研究の専門家です。以後、本学には建築学(火災安全工学・都市防災)や燃焼学(火災物理・化学)を中心に、著名な火災分野の研究者が集まるようになりました。
こうして火災研究の歴史は脈々と受け継がれ、着実に実績を挙げてきました。2008年度には「先導的火災安全工学の東アジア教育研究拠点」が文部科学省「グローバルCOEプログラム」に採択され、その事業の一環として本専攻が設立されました。

研究科・専攻

修士・博士
研究科 専攻 課程 募集人員(注)
理工学 国際火災科学 修士 28名
博士後期 3名

(注)募集人員は全入試種別(一般入試、社会人特別選抜、外国人留学生(夏期・冬期日程))を合わせた定員です。

学び方

◆該当項目に○がついています。
土日・夜間開講 通信制大学院   
長期履修制度    修業年限1年   
科目等履修生 駅前・サテライトキャンパス   
独自奨学金・学費減免

項目の説明

問い合わせ先

東京理科大学 理工学事務課

〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL:04-7122-9728

所在地・アクセス

神楽坂キャンパス

〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3 TEL.03-3260-4271(代)
JR総武線、東京メトロ有楽町線・東西線・南北線、都営大江戸線「飯田橋」駅下車、徒歩5分

野田キャンパス

〒278-8510 千葉県野田市山崎2641 TEL:04-7124-1501(代)
東武野田線(東武アーバンパークライン)「運河」駅下車、徒歩5分


本学の資料請求はこちらから
https://www.tus.ac.jp/demand/