電気通信大学大学院 情報理工学研究科

[国立]

大学院紹介
基本情報
研究科・専攻

基本情報

2016年からスタートした新たな情報理工学研究科が
時代を先取りした新しい教育を推進!

2018年に創立100周年を迎える電気通信大学は、科学技術イノベーションを先導し、知識基盤社会を支える高度な人材の育成や輩出を最重要使命として、2016年、さらなる機能強化に向けて改組・再編を実施、 大学院は従来の「情報理工学研究科」と「情報システム学研究科」を一体化し、新たな「情報理工学研究科」となりました。
新たな情報理工学研究科「4専攻・14の教育プログラム」では、自然、人工物を対象とする高度な理工学に関する学問領域、情報の処理や通信、ならびにこれらを融合する学問領域、人間の知識、行動、および複雑な社会経済システムに関する学問領域の教育研究を行い、国内外から広く人材を募ります。
これにより、互いに調和し、共生する高度なコミュニケーション社会を実現するための総合コミュニケーション科学に関わる新しい実践的な科学技術を創造・体系化し、独創的教育・研究を通じて社会に還元することをめざします。
改組(2016年4月)に関するお知らせ

研究科・専攻

研究科 専攻 プログラム 募集人員
博士前期
(修士)
博士後期
(博士)
情報理工学 情報学 メディア情報学
110名
13名
経営・社会情報学
セキュリティ情報学
情報・ネットワーク工学 情報数理工学
150名
18名
コンピュ−タサイエンス
情報通信工学
電子情報学
機械知能システム学 計測・制御システム
105名
12名
先端ロボティクス
機械システム
基盤理工学 電子工学
135名
16名
光工学
物理工学
化学生命工学

※大学院説明会(個別相談を含む)、研究室見学を受付けております。本ページ下部イベント情報をご覧ください。

学び方

◆該当項目に○がついています。
土日・夜間開講 通信制大学院  
長期履修制度 修業年限1年
科目等履修生   駅前・サテライトキャンパス  
独自奨学金・学費減免

項目の説明

土日・夜間開講

社会人は、昼夜開講制の特例により一部の授業を夜間または土曜日に行い、夜間または土曜日の授業のみで修了所要単位の修得が可能です。

長期履修制度

本研究科では、会社の業務などのためまとまった修学時間を確保することが難しい社会人学生向けに、長期履修制度を導入しています。長期履修制度は、職業を有する学生が、標準の修業年限を超えて一定の期間(在学期間を超えない範囲でなおかつ1年単位)にわたり計画的に教育課程を履修する制度です。標準の修業年数の授業料総額と同じ金額の授業料を、認められた履修期間の年数にわたって支払うことができます。これにより、毎年支払う授業料の金額を抑えつつ、時間をかけて学位論文をまとめることができます。

修業年限1年

博士後期課程(博士課程)の修業年数は基本的には3年ですが、優れた研究業績を上げた人は1年間で短縮修了することができます。ただし、前期課程を短縮修了した学生は、後期課程を1年で修了することはできません。前期と後期を併せて3年間が必要となります。特に社会人学生は、博士課程入学前の研究・開発業績を土台として学位論文をまとめる場合、短縮修了制度を有効に利用でき、少ない学費、短い期間で学位を取得できるチャンスがあります。

独自奨学金・学費減免

本研究科には、リサーチ・アシスタント制度・奨学金・学費免除制度など、充実した経済サポート体制があります。
日本学生支援機構、東京都育英会およびその他地方公共団体や民間団体などの育英制度があり、月額5万円〜13万円程度の奨学金が貸与または給付されます。さらに学生の経済的負担の軽減を図り、学位取得チャレンジを支援することを目的にティーチング・アシスタント制度、リサーチ・アシスタント制度を設置しています。

問い合わせ先

電気通信大学 入試課

〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
TEL:(042)443-5102

http://www.uec.ac.jp/

所在地・アクセス

〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
京王線「調布」駅中央口より徒歩5分


本学の学生募集要項はこちらから
http://www.uec.ac.jp/admission/ie_graduate/request.html

大学院案内はこちらから
http://www.uec.ac.jp/admission/ie_graduate/request_guide.html