二松學舍大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
この大学院の資料を請求する

基本情報

新しい時代を担う高度な研究者・専門的職業人を育成

二松學舍大学は、漢学者であり大審院判事、宮中顧問官などを務めた三島中洲(みしまちゅうしゅう)が自邸内に設けた漢学塾二松學舍として、1877(明治10)年に創立されました。中洲は明治新政府の欧化政策により、西洋文化の摂取に汲々とする当時の風潮を憂い、東洋の伝統的学問を学ぶことが、わが国本来の姿を知ることにつながると主張し、中国学・日本学を柱とする東洋学の確立と、新しい時代を担うことのできる人材の育成をめざしたのです。
本学大学院は、文学研究科と国際政治経済学研究科とを設置し、建学の精神――東洋学の確立と国家有為の人材の育成――を継承・発展し、時々刻々と変化する社会のニーズに応えうる研究者・専門的職業人の養成をめざしています。
文学研究科は、文学部国文学科・中国文学科の学部教育をふまえ、国文学専攻と中国学専攻を設置しています。研究に意欲ある社会人・外国人留学生の要請に応え、社会人入試・外国人留学生入試に定員枠を設け、昼夜開講制を導入しています。
国際政治経済学研究科は、アジア太平洋諸地域における政治・経済・社会全般に通暁し、国際的視野と実践的対応能力を身に付けた、高度な専門的職業人の育成と再教育を目的として2001(平成13)年に開設されました。

研究科・専攻

研究科 専攻 募集人員
文学 国文学 博士前期 16名
博士後期 5名
中国学 博士前期 16名
博士後期 5名
国際政治経済学
国際政治経済学 修士 10名

学び方

◆該当項目に○がついています。
土日・夜間開講 通信制大学院   
長期履修制度   修業年限1年
科目等履修生 駅前・サテライトキャンパス   
独自奨学金・学費減免      

項目の説明

※研究科・専攻により異なります。

昼夜開講制

文学研究科では、昼間、夜間のいずれの授業科目も分野に偏りなく開講されるよう、時間割を編成しています。
夜間および土曜日の授業科目と夏期・冬期の集中講義を活用することにより、社会人でも2年間で前期課程の修了が可能です。

科目等履修生

文学研究科では、1科目または複数の授業科目の履修を希望する人を、科目等履修生として積極的に受け入れています。
履修期間は原則として1年間になります。

問い合わせ先

入試課

〒102-8336 東京都千代田区三番町6-16
TEL:(03)3261-7423

http://www.nishogakusha-u.ac.jp/e1.htm

所在地・アクセス

九段キャンパス

〒102-8336  東京都千代田区三番町6-16(1・2号館)
〒102-0074  東京都千代田区九段南2-2-4(3号館)
〒102-0074  東京都千代田区九段南2-4-14(4号館)
東京メトロ東西線・半蔵門線/都営新宿線「九段下」駅下車、徒歩8分
JR総武線/東京メトロ有楽町線・南北線/都営新宿線「市ヶ谷」駅下車、徒歩15分
JR総武線/東京メトロ有楽町線・東西線・南北線「飯田橋」駅下車、徒歩15分