東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科

[国立]

大学院紹介
基本情報
研究科・専攻

基本情報

海洋に関する学術の理論と応用を教授・研究し
その深奥をきわめ、文化の進展に寄与する

東京海洋大学は、東京商船大学と東京水産大学が統合して誕生した、海洋・海事・水産分野の教育・研究を担う国内唯一の海洋系大学です。東京海洋大学の大学院である海洋科学技術研究科は、海洋科学、海洋工学のそれぞれの研究内容をさらに専門的に探究し、問題提起と解決を試みます。また、複雑に融合した学際領域についても新しい教育研究分野として創生し、新発見、証明、応用をめざして探究します。

本研究科は博士前期課程と博士後期課程の2区分制となっており、博士前期課程(Master's Course)は、「海洋生命資源科学」「食機能保全科学」「海洋資源環境学」「海洋管理政策学」「海洋システム工学」「海運ロジスティクス」「食品流通安全管理」の7専攻で構成。学部の専門基礎教育に立脚した高度専門職業人などを養成します。博士後期課程(Doctoral Course)については、「応用生命科学」「応用環境システム学」の2専攻で構成し、先端領域を切り拓く自立した高度専門職業人などを養成します。
さらには、より幅広い専門分野を提供するため、連携大学院制度によって、水産研究・教育機構、海洋研究開発機構、海上・ 港湾・航空技術研究所といった学外の研究機関と連携して教育を行い、また産官学協同で寄附講座「サラダサイエンス寄附講座」を開設するなど、多岐にわたる内容で、教育研究の一層の充実と院生の資質向上を図っています。

また、グローバルな人材を育成するため、専門領域において国際的にリーダーシップがとれるだけの高度な英語スキルと論理的な自己表現力、討論力を身に付けることを目標とし、大学院授業の英語化および討論型授業の取り組みを進めています。

研究科・専攻

研究科 専攻 課程 募集人員(注)
海洋科学技術 海洋生命資源科学 博士前期 50名
食機能保全科学 32名
海洋資源環境学 65名
海洋管理政策学 22名
海洋システム工学 19名
海運ロジスティクス 32名
食品流通安全管理 8名
応用生命科学 博士後期 19名
応用環境システム学 21名

(注)募集人員は、各専攻とも一般選抜、外国人留学生特別選抜および社会人特別選抜の合計人数です。

学び方

◆該当項目に○がついています。
土日・夜間開講 通信制大学院   
長期履修制度 修業年限1年   
科目等履修生 駅前・サテライトキャンパス   
独自奨学金・学費減免

項目の説明

※専攻により異なります。

長期履修制度・早期修了制度

本学大学院では、職業を有しているなどの事情により、標準修業年限(博士前期課程は2年、博士後期課程は3年)を超えて、一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修することができる長期履修制度があります。また、優れた業績や研究実績を挙げた者について、条件を満たせば早期に修了できる制度もあります。

独自奨学金・学費減免

学業成績が優秀で、かつ経済的な理由により修学が困難である者を対象にした、独立行政法人日本学生支援機構などの各種奨学金制度があります。また、本人の申請に基づき、選考のうえで授業料や入学料を免除します。

問い合わせ先

東京海洋大学入試課入試第二係【品川キャンパス】

〒108-8477 東京都港区港南4-5-7
TEL:(03)5463-4265

https://www.kaiyodai.ac.jp

所在地・アクセス

品川キャンパス

〒108-8477 東京都港区港南4-5-7
JR各線・京浜急行線「品川」駅港南口(東口)から正門まで徒歩約10分
東京モノレール「天王洲アイル」駅から「ふれあい橋」を渡り正門まで約15分
東京臨海高速鉄道りんかい線「天王洲アイル」駅から「ふれあい橋」を渡り正門まで約20分

越中島キャンパス

〒135-8533 東京都江東区越中島2-1-6
JR京葉線・武蔵野線「越中島」駅2番出口から徒歩約2分
東京メトロ東西線・都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅4番出口から徒歩約10分
東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線「月島」駅2番出口から徒歩約10分


本学の入学案内はこちらから
https://www.kaiyodai.ac.jp/admission-cms/index.html