電気通信大学大学院 情報理工学研究科

[国立]

大学院紹介
基本情報
研究科・専攻

研究科・専攻

情報学専攻

情報学とテクノロジーを駆使し、メディア・経営・セキュリティ分野が進化する

「メディア情報学」「経営・社会情報学」「セキュリティ情報学」の3つのプログラムで、情報に関する学問をハード・ソフトの両面から幅広く学び、高度コミュニケーション社会に寄与する情報の応用・活用分野の高度専門技術者を養成します。

情報学専攻の研究室はこちらから

「メディア情報学」「経営・社会情報学」「セキュリティ情報学」の3つのプログラムで、情報に関する学問をハード・ソフトの両面から幅広く学び、高度コミュニケーション社会に寄与する情報の応用・活用分野の高度専門技術者を養成します。

情報学専攻の研究室はこちらから

メディア情報学

映像、音響、触覚などの情報処理を用いた五感メディア、人工知能やエージェント技術を用いた知的メディア、人間の感情とメディアの関わりを探る感性メディア、メディアを駆使したコンテンツデザインなどを多面的に学びます。

研究のキーワード バーチャルリアリティ、触覚ディスプレイ、Web学習、3Dコンピュータグラフィクス、マルチメディア処理、自然言語処理、ゲーム情報学、感性情報学、インタラクティブ技術、エンターテインメント情報学、プロジェクションマッピング、スポーツ情報学、人工知能、知能ロボット、ユビキタスネットワーク、画像検索・画像認識・画像処理、データベース、自律分散システム、音声認識・音響オーディオ処理、パターン認識 、メディアアート、情報検索 など
経営・社会情報学

多様な組織における運営・管理を高度化するために、経営に関わる生産管理、品質・信頼性、サービス・サイエンス、オペレーションズリサーチのシステムやしくみを研究するとともに、人間心理・認知・言語、リスク工学、組織科学についても学びます。

研究のキーワード サービス・サイエンス、安全システム設計、ゲーム理論、データマイニング、人工知能、ミクロ経済学、時系列解析、品質・信頼性管理、システム工学、空間情報科学、ソフトウェア工学、リスク工学、ヒューマンインタフェース、金融工学、組織科学、サプライチェーン、経営工学、環境科学、制度設計、経営情報システム、福祉工学 など
セキュリティ情報学

高い信頼性と、安全な社会基盤としてのインターネットや情報セキュリティの発展をめざし、「サイバー空間と実世界の安全性に対する脅威」に対抗する技術や管理・運用法、理論をハードとソフトの両面から学びます。

研究のキーワード 暗号理論、情報理論、ヒューマンインタフェース、Internet of Things、代数学、符号理論、組み込みシステム、知覚情報処理技術、プライバシー・個人情報保護、クラウドコンピューティング、知能ロボティクス、無線通信、高信頼システム、ネットワークセキュリティ、ユビキタスネットワーク、サイバーフィジカルシステム、ネットワークアーキテクチャ、離散数学、システムソフトウェア、バイオメトリクス、情報セキュリティ、パターン認識 など

情報・ネットワーク工学専攻

高度コミュニケーション社会を支える情報・通信・ネットワーク技術を発展させる

情報・通信・ネットワーク、メディア処理、マンマシンインタフェースや、それを支える数理情報解析技術、コンピュータ・電気電子システム技術など、高度コミュニケーション社会の基盤となる情報・通信・ネットワーク技術分野に関する教育研究を推進し、専門知識を縦横に応用できる豊かで柔軟な科学的思考能力を持つ人材を育成します。

情報・ネットワーク工学専攻の研究室はこちらから

情報・通信・ネットワーク、メディア処理、マンマシンインタフェースや、それを支える数理情報解析技術、コンピュータ・電気電子システム技術など、高度コミュニケーション社会の基盤となる情報・通信・ネットワーク技術分野に関する教育研究を推進し、専門知識を縦横に応用できる豊かで柔軟な科学的思考能力を持つ人材を育成します。

情報・ネットワーク工学専攻の研究室はこちらから

情報数理工学

物理現象、生命現象、経済活動、知的活動、社会システム、情報システムなどから社会の本質に潜在する課題を見抜き、モデル化や、コンピュータを用いた解析などから創造的に課題を解決できる人材を育成します。

研究のキーワード アルゴリズム、計算科学、ナノスピントロニクス、オークションの理論と応用、計算量理論、ハイパフォーマンス、宇宙プラズマ、現象の数理、コンピューティング、シミュレーション、数理脳科学、微分方程式、オペレーションズ・リサーチ、数理計画法、マイクロマグネティックス、組合せ最適化、数値解析、離散データ構造、ゲーム情報学、精度保証付き計算法 など
コンピュータサイエンス

コンピュータとその利用に関する幅広い基幹技術と理論を学び、ネットワークのアーキテクチャやソフトウェアの解析・設計・制御手法などを駆使して、次世代情報化社会の創出をめざします。

研究のキーワード アルゴリズム、ヒューマンインタフェース、センサネットワーク、計算機アーキテクチャ、ゲーム理論、バイオインフォマティックス、ネットワークコンピューティング、組合せ理論・計算量理論、セキュリティ・プライバシー、プログラミング言語と処理、ハイパフォーマンスコンピューティング、認知科学、ビッグデータ、セマンティックWeb、植物工場、データマイニング、オペレーティングシステム など
情報通信工学

情報理論、通信理論、符号化技術、ネットワーク理論、暗号技術などの理論と、ワイヤレスや光情報伝送のためのシステム・デバイス・回路の基本設計法や通信ネットワーク設計・構築技術などを研究し、未来の通信システムを構築します。

研究のキーワード 情報理論、非線形工学、光通信システム、ネットワーク情報理論、通信理論、電子デバイス、量子情報理論、移動通信、化合物半導体デバイス、情報統計力学、通信・ネットワーク工学、電子機器、符号理論、無線回路、集積回路、誤り訂正符号、ワイヤレスネットワーク、宇宙科学、データ圧縮、マイクロ波工学、画像符号化、光信号処理 など
電子情報学

音響、画像、知能情報処理、電磁波伝送、宇宙電波観測、情報伝送ネットワークなどに用いられる電子情報システムについて学び、高度コミュニケーション社会を支える電子・情報・通信システムを開発します。

研究のキーワード 音声科学、通信工学、地球惑星物理学、音楽情報処理、ネットワーク解析、地震電磁気学、音響エレクトロニクス、波動情報学、マイクロ波電磁気工学、信号処理、知的情報処理、環境電磁気工学、画像処理、宇宙プラズマ理工学、高周波回路工学、計測工学、大気電気学、電磁界シミュレーション など

機械知能システム学専攻

メカトロニクスの研究・開発により、人間と環境に調和する「ものづくり」を推進する

高度に電子化・情報化されたメカトロニクスの研究・開発に求められる多様な基礎知識と、機械工学、計測・制御工学、電子・情報工学などを総合してシステムを設計できる能力を身に付けた、高度な専門技術者を育成します。

機械知能システム学専攻の研究室はこちらから

高度に電子化・情報化されたメカトロニクスの研究・開発に求められる多様な基礎知識と、機械工学、計測・制御工学、電子・情報工学などを総合してシステムを設計できる能力を身に付けた、高度な専門技術者を育成します。

機械知能システム学専攻の研究室はこちらから

計測・制御システム

計測・制御、信号処理技術を核として、家電・情報機器、自動車、航空宇宙機器、プラントなどの制御、高度レーダ計測機器や生体情報計測に基づく医療機器など、人間にやさしい先端システムを創出します。

研究のキーワード 計測工学、レーダ信号処理、リモートセンシング、計測信号処理、センサネットワーク、制御工学、自律分散システム、パワーエレクトロニクス、医用生体工学、生体計測、脳情報処理、ヒトの視覚・聴覚・触覚メカニズム、身体技能、バ イオメカニクス、応用健康科学など
先端ロボティクス

ロボット工学を軸に、ロボットのメカニックと知的制御、ブレインマシンインタフェース、視触覚情報のセンシングと処理、マルチメディア情報に基づくインタフェース技術、バーチャルリアリティ技術などを学びます。

研究のキーワード ブレインマシンインタフェース技術、医用福祉工学、制御工学、マシンインタフェース技術、音響信号処理、生体計測、システム工学、知能機械学、精密機器システム、マイクロメカトロニクス、MEMS、ロボット・コミュニケーション、知覚情報処理、マルチメディア信号処理、顔画像情報処理・通信、知能システム、機械力学・制御、知能ロボティクス、ロボット、計測工学 など
機械システム

計算機支援、創造的加工法の開発、生産システムの自動化・高度化などに関する基盤技術、材料の強度と破壊、熱と流体に関する物理と制御、計算力学と数値シミュレーションなどの機械工学を総合し、優れたシステムを設計できる専門家を育成します。

研究のキーワード 機械工学、材料力学,材料物性、ナノ・マイクロ工学、破壊力学、非破壊検査、設計工学、信頼性工学、生産工学、塑性加工、木材加工、生産システム、知能情報学、熱工学、流体力学、乱流制御、熱流体工学、気体力学、スポーツバイオメカニクス、スポーツ流体力学、計測信号処理 など

基盤理工学専攻

自然界の原理・真理を探究し、技術に展開。革新的な次世代要素技術を創出する

先進的な科学技術の多くは、自然界の原理や真理を探究する「理学」と、原理・真理を技術に展開する「工学」とが統合された「理工学」によって発展してきました。本専攻では、本学が担う「総合コミュニケーション科学」の基盤的な要素である「電子工学」「光工学」「物理工学」「化学生命工学」について教育と研究を行い、専門知識と国際的な視野に基づいて、新たな方法で課題に取り組む創造的な技術者を養成します。

基盤理工学専攻の研究室はこちらから

先進的な科学技術の多くは、自然界の原理や真理を探究する「理学」と、原理・真理を技術に展開する「工学」とが統合された「理工学」によって発展してきました。本専攻では、本学が担う「総合コミュニケーション科学」の基盤的な要素である「電子工学」「光工学」「物理工学」「化学生命工学」について教育と研究を行い、専門知識と国際的な視野に基づいて、新たな方法で課題に取り組む創造的な技術者を養成します。

基盤理工学専攻の研究室はこちらから

電子工学

半導体をはじめとする電子材料やデバイス、集積回路設計の設計・開発までをカバーするカリキュラムを用意。電子工学の基礎と実践的な応用力を身に付け、企業や研究所の研究開発現場で通用する人材育成をめざします。

研究のキーワード 電子工学、ハードウェアシステムの集積化、計算物理学、 電子・光デバイス、超伝導デバイス、物理化学、電子材料工学、ナノサイエンス、電気化学、半導体工学、結晶工学、光電気化学、半導体デバイス、物性理論、光物性実験、集積回路工学、エネルギー変換、集積回路プロセス、触媒・資源化学プロセス など
光工学

光波の性質や物質との相互作用を理解し、精密計測やレーザー技術、太陽光発電や光メモリを実現する光機能材料、高速・大容量化する光通信を支える、光機能素子やディスプレイ装置など、光を用いた技術を幅広く研究します。

研究のキーワード 光精密計測、ファイバ光学、レーザー微細加工、情報フォトニクス、超高速光エレクトロニクス、光放射圧、精密時空間光学、量子エレクトロニクス、視覚機能センサ、レーザー物理学、非線形光学、太陽電池、レーザー工学、光ナノ材料、画像表示ディスプレイ、超短パルスレーザー、ナノフォトニクス、量子光工学、超安定化レーザー、プラズマフォトニクス、量子情報 など
物理工学

物理学を体系的に幅広く学び、原子や原子の集団である金属、半導体、誘電体、磁性体などの固体をミクロな視点で理解し、理学的視点と工学的手法を基盤に、新しい機能を持つ先端材料・素子を創造します。

研究のキーワード 原子物理学、固体物質の相転移、量子エレクトロニクス、原子・分子・光科学、固体の核磁気共鳴、量子光学、原子光学、固体の光物性、超伝導、冷却原子気体、磁性、低温物理学、レーザー物理学、光物性の理論、摩擦現象、ナノ物理工学、量子物理学、統計物理学、プラズマ、量子情報、非線形光学 など
化学生命工学

自然界にある優れた生体機能から電子・光・磁気機能材料や医療技術、バイオテクノロジーなどの開発に必要となる化学と生物学を総合的に研究し、環境にやさしく、資源の循環や社会を向上させる「未来型ものづくり」を担う人材を育成します。

研究のキーワード 脳情報理科学、細胞生物学・生理学、構造生物学、分子磁性科学、グリーン化学、計算分子科学、バイオイメージング、神経科学、生体機能科学、有機ケイ素化学、ルミネッセンス化学、超音波化学、創薬システム工学、生化学、生物有機化学、原子核分析化学、分子分光学、機能分子科学、運動生理学、分子生物学、ナノ材料科学、超分子科学 など

共同サステイナビリティ研究専攻

3大学の専門分野を活かし地球規模の課題解決に貢献できる博士人材を育成

電気通信大学は、東京外国語大学、東京農工大学と共に、貧困、紛争、食料・資源、エネルギー・環境、情報・ICTなどの地球規模の課題の解決に貢献できる文理協働の博士人材の養成に向けて、2019年4月に「共同サステイナビリティ研究専攻」を設置し、情報学分野、情報通信分野、ロボット制御分野、光工学分野において、グローバルな視点とイノベ―ティブな高度専門技術者の育成を行います。

共同サステイナビリティ研究専攻の研究室はこちらから

電気通信大学は、東京外国語大学、東京農工大学と共に、貧困、紛争、食料・資源、エネルギー・環境、情報・ICTなどの地球規模の課題の解決に貢献できる文理協働の博士人材の養成に向けて、2019年4月に「共同サステイナビリティ研究専攻」を設置し、情報学分野、情報通信分野、ロボット制御分野、光工学分野において、グローバルな視点とイノベ―ティブな高度専門技術者の育成を行います。

共同サステイナビリティ研究専攻の研究室はこちらから

研究のキーワード 社会システム工学、空間情報科学、都市・地域計画学、環境科学、災害科学、知的システム、人間中心システム、コンピュータ・ヒューマン・インタラクション、ソフトコンピューティング、人工知能、ロボット工学、機械工学、筋電義手、パワーアシスト機器、光機能材料、有機エレクトロニクス、視覚機能素子、視覚情報処理
特色

○これまでの3大学による様々な連携事業の実績を基に人材養成を展開
○文理各分野における卓越・ユニークな単科大学の協働により、国内外で活躍する強い人材を養成
○西東京エリアの近接地における実質的・効果的な教育の展開
○複合新領域の研究の推進

人材像

自身の専門性に軸足を置き、その専門的な観点から人類の未来の持続的発展のために、グローバル化社会の抱える地球規模の課題を分野横断的な問題として捉え、他分野の研究成果を取り入れることによってイノベーションを生み出すことができる学際的、越境的な実務人材

学位

Doctor of Philosophy 博士(学術)

カリキュラムの特徴

3大学の教育研究資源を効果的に活用し、国際連合の「持続可能な開発目標SDGs」の概念や視座を実践的に具体化することで、体系的かつ柔軟性のある文理協働型教育課程を提供

  • 普遍的かつ実践的学識を基盤とする国際感覚および国際通用性のある実践的理論・技法の修得
  • 高度な専門性の修得および多様な価値観・社会環境に対応できる適用力と調整できる合意形成力の醸成
  • 「理解」、「分析」、「実装」という3相(アスペクト)から成る包括的教育により、国際通用性のある論理的思考力と機能的伝達力を向上
  • 3大学の教育研究資源を十分に協働活用したトリプレット体制による相互補完強化的な教育研究を実施
  • ワークショップ、文理協働コロキウム、インターンシップなどの多元的な協働作業による実践的アクティブラーニングの幅広い導入


本学の学生募集要項はこちらから
https://www.uec.ac.jp/admission/ie_graduate/request.html

大学院案内はこちらから
https://www.uec.ac.jp/admission/ie_graduate/request_guide.html

共同サステイナビリティ研究専攻の入試情報はこちら
http://www.tufs-tuat-uec.jp/page/coproduction/admission.html