目白大学大学院

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
Topics
この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

国際交流研究科

国際交流専攻(修士課程)

本専攻では、国際的・人類的な諸課題を学際的・複眼的な視点から分析・解明し、その解決のために実践的・主体的に活動できる国際人・教養人を育成しています。カリキュラムは、「国際・地域社会コース」、「地域文化・交流コース」の2つの科目群を設置。「国際・地域社会コース」では政治・経済・地域社会など、社会科学的分野に焦点を当てた科目を用意し、「地域文化・交流コース」では歴史・思想・文化比較など、人文科学的分野に焦点を当てた科目を設けています。それぞれの学生の研究テーマや興味・ 関心に沿って、2コースから自由に科目を選択し、横断的に知識を深めることが可能です。

各専攻の学びの詳細

心理学研究科

現代心理学専攻(修士課程)

社会と人間との関わりに重点を置いた心理学的諸問題を対象に教育研究を行うのが特徴です。現代社会のさまざまな現場で生じている問題や現象に対して、認知心理学・発達心理学・社会心理学・産業組織心理学・犯罪心理学・臨床心理学など、幅広い心理学の専門的知識と方法論を駆使して分析を行います。また、本専攻のカリキュラムはアカデミック心理学と対人援助心理学をバランス良く研究できるように構成しています。心理学の研究とそれに基づく実践活動によって、問題の解決をリードし、社会に貢献できる人材を育成。現代社会に精通した研究者、研究マインドを持った高度専門職、コンサルタントやカウンセラーといった援助・支援の専門家の育成を目指しています。

臨床心理学専攻(修士課程)【公認心理師・臨床心理士 受験資格対応】

本専攻は教育研究の目標として、@心理臨床・カウンセリングの実践と研究を志向する人材の養成、A既に資格を取得し現場で働いている心理臨床の専門家に対する最新の知識・技能修得および研究の支援、B公認心理師および臨床心理士などの資格を取得できる人材の養成を掲げています。資格取得に際し、心理臨床の現場への理解を深めるとともに、臨床に役立つ感覚を身につけるため、幅広い領域における学内外施設での実習を重視しています。 実習は、学内の心理カウンセリングセンターや公認心理師法に定められた主要5領域の学外施設で行います。公認心理師の資格取得に対応したカリキュラムを編成するほか、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会による臨床心理士養成のための第1種指定大学院にも指定されているため、受験資格取得に必要な科目の履修や実習を行うことにより、公認心理師と臨床心理士の2つの資格取得が可能です。

心理学専攻(博士後期課程)

心理学研究科修士課程の2専攻(現代心理学専攻と臨床心理学専攻)を統合し、修士課程における教育研究をさらに発展させ、自立して研究活動を行うために必要な高度の研究能力と、その基礎となる豊かな学識を培うことを目的としています。社会心理学、発達心理学、健康心理学、カウンセリング心理学、臨床心理学という5つの分野を研究の柱として設定しつつ、全体として現代社会の心理学研究に適合した、人間の心理的特性の総合的な究明に資する教育研究、ならびに人材養成を図っています。

各専攻の学びの詳細

経営学研究科

経営学専攻(修士課程)

すべての組織を対象とする経営学、会計学、マーケティングなどについて、諸科学に基づき経営に関する高度な教育研究を行っています。経営学分野の「会計領域」と「経営管理領域」でカリキュラムを編成し、2つの領域から科目を選び、経営問題への応用力を養成します。会計学研究者・企業内会計専門職・ 税理士・公認会計士などを目指す「会計領域」、経営管理・経営戦略・人的資源管理・品質管理などの専門家を目指す「経営管理領域」から、横断的に学ぶことができます。講義だけでなく、ケーススタディーや演習、実践的実習などを数多く設置し、企業で実際に導入されている経営システムや企業モデルなどを用いて教育研究を行い、それらを改善、開発、構築しうる能力の開発を目指します。また、本専攻にて一定の条件を満たすことで、税理士試験科目の免除措置を受けることができます。

各専攻の学びの詳細

生涯福祉研究科

生涯福祉専攻(修士課程)

乳幼児期に始まって保育・発達支援から高齢期における介護支援まで、あらゆる世代において多様化、深刻化する社会福祉の課題を体系的に学ぶことができます。「社会福祉」と「保育・発達支援」の2つの領域から科目を選択履修し、修了時には履修科目と修士論文の内容によって「修士(社会福祉学)」または「修士(保育学)」のいずれかの学位が取得できます。また、生涯福祉に関する教育研究を進めるにあたり、権利擁護、倫理学、精神医学、心理学などに関する諸学問を福祉に統合していくのが特徴です。このため教授陣に、福祉・保育領域のみならず心理学、医学分野を専門とする教育研究者を数多く配置しています。

各専攻の学びの詳細

言語文化研究科

日本語・日本語教育専攻(修士課程)

日本語学・日本文化について造詣を深め、かつ国際的視野を持つ高度な日本語教育能力を備えた人材を育成しています。希望の進路に応じて「日本語学」「日本語教育学」の2つの科目群(コース)から学びます。「日本語学コース」では日本言語文化研究および高度な日本語運用能力の育成を課題に、古典や近現代の日本語、漢語、漢籍など、日本語学に関する科目を中心に履修。「日本語教育学コース」では、日本語教育の古今の理論と実践の研究、および教育能力の育成を課題とし、第二言語習得、教材開発など、日本語教育学の基幹となる科目で学びます。それにより、日本語を「国語」「外国語」の両面から研究することができます。

中国・韓国言語文化専攻(修士課程)

東アジア全域を広く視野に入れた中国言語文化・韓国言語文化を研究対象とすることによって、多国籍的な状況が生み出す諸問題に対応できる高度な職業訓練を行い、状況を分析し問題解決に取り組むことのできる学問的素養を有した人材を養成します。カリキュラムは、「中国言語文化コース」と「韓国言語文化コース」の2つの科目群で構成。それぞれの学生の研究テーマに即した言語文化圏の科目を履修するだけでなく、研究科共通科目や東アジア関係の専攻共通科目、さらに両コースの科目を横断的に履修することで、東アジアの言語文化について包括的、複眼的に研究を進められます。そのほか、韓国語教育に関する専攻科目や本学韓国語学科の指定科目を履修し、教育実習を行うことにより、協定校などと目白大学が共に認定する韓国語教育の資格「外国語としての韓国語教育資格」(Teaching Korean as a Foreign Language)の取得が可能です。

各専攻の学びの詳細

看護学研究科

看護学専攻(修士課程)

本専攻は看護学の中でも、特に3つの分野を柱とした教育課程を編成。保健医療施設の看護サービス部門のマネジメント、キャリア形成、教育機能を研究する「看護マネジメント学」、コミュニティで生活する人々やその家族を支援するための研究を行う「コミュニティ看護学」、女性の健康支援について研究を行う「ウィメンズヘルス看護学」の3分野のいずれかを選択し、各自の経歴やキャリア目標に応じて、高度な知識・技術を身につけていきます。看護師・保健師・助産師のいずれかの資格を有することが入学条件となります。また、「看護マネジメント学分野」における指定の科目の履修と修士論文の内容、実務経験により、認定看護管理者認定審査の受験ができます。看護学専攻のキャンパスは、保健医療関連分野の一層の充実を目指し、独立行政法人国立病院機構埼玉病院(埼玉県和光市)の敷地内に開設されているのも特徴です。

各専攻の学びの詳細

リハビリテーション学研究科

リハビリテーション学専攻(修士課程)

理学療法・作業療法・言語聴覚療法の3分野において、包括的な支援力を持つリハビリテーションの高度専門職業人を養成することを目指しています。そのため、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のいずれかの資格を有することが入学条件となっています。それぞれが身につけてきた専門分野の知識や経験をより深く究め、それらを現場で実践していくための総合的な支援力を修得。分野相互の職種間連携を視野に入れたリハビリテーション専門職に共通する基本的および発展的な理論と研究遂行に必要な知識に加え、医学、心理学、工学、教育学、社会制度に関する幅広い領域を学びます。

各専攻の学びの詳細