国際教養大学専門職大学院

[公立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

英語教育実践領域

理論と実践を架橋することで、4技能型授業を展開する高度な授業力を涵養

「理論と実践の架橋」が特徴です。理論を学ぶことに加え、理論をどのように授業で具現化できるかを徹底的に議論します。カリキュラム外では、小・中・高生のための英語研修「English Village」を企画し、年間20回程度開催します。これにより、教科指導力はもちろん、生徒の意欲付けや危機管理能力など、教員に求められる資質を総合的に高めます。また、教員採用試験合格に向けて、年間100時間以上のトレーニングセッションも提供しています。(教員採用試験6年連続100%合格)

英語教育実践領域オフィシャルサイトはこちら

日本語教育実践領域

国内外での豊富な教育実習を通じて実践的な指導能力・コース運営能力を身に付けた日本語教師を養成

理論に裏打ちされた日本語教育に関する実践的な知識を習得し、3期にわたる国内外での教育実習を経験することにより、実践的な指導能力のみならずコース運営能力・異文化コミュニケーション能力も身に付けます。また、3期の教育実習はアクション・リサーチの枠組みで行われ、日々の授業実践を自分で振り返り改善できる自己研修能力を磨いていきます。予備知識の有無に関わりなく2年間で即戦力となる(一歩進んだ指導ができる)日本語教師を養成しています。

日本語教育実践領域オフィシャルサイトはこちら

発信力実践領域

文化、言語の境界を超えて情報発信ができる専門能力を養成し、多文化的な文脈・環境で活躍できるコミュニケーションのエキスパートをめざす

グローバル化が進展した今日の社会における、国際メディア、政府・非政府組織、民間企業などの相互関係を把握し、グローバル・コミュニケーションの本質を理解し、分析する能力を養成します。情報収集、データ分析技法、メディアライティング、インタビュー技法、ディベート技法、通訳スキル、研究・リサーチ手法などを習得し、ジャーナリストや国内外の広報担当者などとして活躍するために必要な実務スキルを身に付けます。

発信力実践領域オフィシャルサイトはこちら


この大学院の資料を請求する