北陸先端科学技術大学院大学

[国立]

  • 資料請求
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
Topics
社会人入試
入試要項
Topics
資料請求

研究科・専攻

先端科学技術研究科

北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)は、学部を置くことなく、独自のキャンパスと教育研究組織を持つ我が国最初の国立大学院大学として1990年に創設され、以下の2つを教育研究上の目的とする先端科学技術研究科を有します。
1.先端科学技術の確かな専門性とともに、幅広い視野や高い自主性、コミュニケーション能力を持つ、社会や産業界のリーダーを育成すること。
2.世界や社会の課題を解決する研究に挑戦し、卓越した研究拠点を形成すると同時に、多様な基礎研究により新たな領域を開拓し、研究成果の社会還元を積極的に行うこと。

先端科学技術研究科は面接主体の入試を行い、出身学部・学科を問わず、社会人、留学生などあらゆる分野から意欲ある人材を求めています。このため、入学後は多様な考え方や価値観に触れ成長することができます。

(1)先端科学技術研究科 先端科学技術専攻

先端科学技術専攻では学問分野の枠を超えた活動を行っており、2022年4月に新しい10の研究領域に生まれ変わりました。

創造社会デザイン研究領域

誰もが輝く創造社会をデザイン!科学・技術・芸術を融合・超越する豊かな生活のための知の冒険
キーワード:創造性支援、ソーシャルネットワーク、デザイン思考、ヒューマンコンピュータインタラクション、メディアインタラクション、ビジュアルコンピューティング、防災科学、レジリエンス工学、ネットワーク科学、コラボレーション、異文化理解、行動変容技術、身体性認知、STEAM教育、データ科学/AI応用

創造社会デザイン研究領域についてはこちら

トランスフォーマティブ知識経営研究領域

人間がウェルビーイングを実感・追求できる社会の推進に向けた変革志向の知識経営理論の構築および実践的問題解決を目指す
キーワード:ウェルビーイング、知識創造、組織変革、サステナビリティ、価値デザイン、IoTデザイン、持続可能性、医療現場のエスノグラフィ、ビジネスエスノグラフィ、次世代観光サービス創造、サービスインテリジェンス、人工知能

トランスフォーマティブ知識経営研究領域についてはこちら

共創インテリジェンス研究領域

テクノロジーと人間の共創的な知識創造の研究を通じて、高度知識社会を持続的に発展・進展させる新たな知性を探求する
キーワード:知識科学、知識創造、認知科学、データ科学、人工知能、言語・コミュニケーション、言語の哲学、意思決定論、メタ認知、教育工学、複雑系、創発・進化・制度、機械学習、計算科学、社会言語学、言語政策、創造プロセス、アイディア創出、経験学習、協調学習、学習プロセスデザイン

共創インテリジェンス研究領域についてはこちら

コンピューティング科学研究領域

計算を科学し、計算できることの限界を知り、膨大なデータから正しい結論を導く方法を明らかにする
キーワード:情報科学、情報セキュリティ、数理論理学、人工知能、定理自動証明、形式手法、理論計算機科学、データサイエンス、分散システム、アルゴリズム、情報理論

コンピューティング科学研究領域についてはこちら

次世代デジタル社会基盤研究領域

未来の社会を実現し、人類の発展を支える次世代情報システムの研究を推進
キーワード:スマートシティ、サイバーセキュリティ、IoT、インターネット、情報システム、組込みシステム、ソフトウェアエンジニアリング、次世代ワイヤレス通信、超LSI設計法、情報理論

次世代デジタル社会基盤研究領域についてはこちら

人間情報学研究領域

人間の情報処理機構を解明し、より高度な情報処理システムへと応用する
キーワード:知覚・知能情報処理、社会的信号処理、マルチモダリティ、コミュニケーション、教育・学習工学、ゲーム情報学、自然言語処理、音声情報処理、画像・映像情報処理、ヒューマンインタフェース、知能ロボティックス、ソフトロボット、触覚センシング

人間情報学研究領域についてはこちら

サスティナブルイノベーション研究領域

持続可能な環境エネルギー・経済社会システム構築のためのイノベーションを!
キーワード:持続可能エネルギー、熱電、太陽電池、人工光合成、天然分子、バイオプラスチック、サイレントボイスセンシング、マテリアルズ・インフォマティクス、人工知能理論、量子シミュレーション

サスティナブルイノベーション研究領域についてはこちら

物質化学フロンティア研究領域

化学分野の先端知識を用いて新材料を分子・原子レベルで設計することを通して、物質化学のフロンティアを開拓する
キーワード:ナノ材料化学、高分子化学、グリーンケミストリー、触媒化学、エネルギー関連材料、環境調和材料、バイオマテリアル、マテリアルズ・インフォマティクス、ナノマシン、高速AFMイメージング、レオロジー

物質化学フロンティア研究領域についてはこちら

ナノマテリアル・デバイス研究領域

ナノマテリアル・デバイスの先端科学技術を究め、サスティナブルな超スマート社会の実現を目指す
キーワード:ナノ粒子×バイオ・エネルギー、ナノワイヤ×スピンデバイス、二次元材料×先端顕微鏡、ナノイメージング×分光、原子分解能観察×オペランド計測、非線形光学顕微鏡×対称性の破れを持つ材料、ナノ分光学×超微量分析、スピントロニクス×量子センシング、半導体エレクトロニクス×デバイス計測技術、トランジスタ×機能性材料、ナノペーパーデバイス×低温結晶化プロセス、有機デバイス×オペランド解析、マテリアルサイエンス×DX・データ

ナノマテリアル・デバイス研究領域についてはこちら

バイオ機能医工学研究領域

バイオ機能の理解に基づく先端バイオテクノロジー研究とバイオメディカル分野への応用展開
キーワード:バイオテクノロジー、バイオメディカル、タンパク質、DNA/RNA、生体膜、糖鎖、バイオ分子解析、人工バイオ分子創出、バイオデバイス、遺伝子編集、分子ロボティクス

バイオ機能医工学研究領域についてはこちら

(2)先端科学技術研究科 融合科学共同専攻

将来が見通しにくい現代社会において、卓越した発想と行動力を基に、社会を力強く導いていけるような「科学技術イノベーション人材」を養成するため、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)と金沢大学が共同で設置する大学院です。
詳細についてはこちら

東京サテライト(東京社会人コース)

本学では、東京都内に複合的な機能を持った拠点として、品川駅港南口に立地する品川インターシティ内に東京サテライトを設け、働きながら修士や博士の学位を目指す意欲ある社会人学生を対象に東京社会人コースを開講し、以下の学修プログラムを提供しています。
●技術経営(MOT)プログラム[博士前期課程]
●サービス経営(MOS)プログラム[博士前期課程]
●IoT・AIイノベーションプログラム[博士前期課程] ※2022年4月 IoTイノベーションプログラムから名称変更
●先端知識科学プログラム[博士後期課程]
●先端情報科学プログラム[博士後期課程]
●価値創造実践プログラム[博士後期課程](自由選択)(2022年4月入学者からプログラムの提供を開始)

<働きながら学べる環境>
●社会人を考慮した講義開講日
講義は、無理なく通えるように「平日夜間、土曜日曜集中開講」を行っています。
●長期履修制度
社会人が学びやすい環境の実現のため、標準修業年限(博士前期課程:2年、博士後期課程:3年)の授業料で、博士前期課程は3年、博士後期課程は4年を最長期間として履修することができる長期履修制度を用意しています。
●教育訓練給付制度
東京社会人コース(博士前期課程・博士後期課程)は、一般教育訓練講座の指定を受けています。