金沢大学大学院 自然科学研究科 数物科学専攻

[国立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
この大学院の資料を請求する

研究科・専攻

数物科学専攻 【博士前期課程】

数学、物理学および計算科学の三つのコースがあり、それぞれ自然科学の基礎的な諸問題を本質的なレベルで理論的または実験的に解明することができる能力を養います。
科目は、「大学院GS基盤科目」「基礎科目」「専門科目」「発展科目」群に分かれ、ゼミナールや特別講義を重視したカリキュラムとなっています。全コースにおいて複数の教員による研究指導体制をとり、高度職業人の育成のみならず、博士後期課程の基礎教育を受けることが可能です。
学修成果の評価は、「大学院GS基盤・基礎・専門・発展科目」では試験、レポート、演習、ゼミナールでの発表などに基づき、「課題研究」については、修士論文とその発表に基づき行います。

数学コース

数学コースでは、数学の各専門分野において、一般化・抽象化された対象を探究し、物事の本質を見抜く力を養います。「基礎科目」から始まり「発展科目」で研究の最前線をめざします。

物理学コース

物理学コースでは、「素粒子物理学」「宇宙物理学」から「物性物理学」「プラズマ・非線形物理学」「生物物理学」に至る多様な科目群から選択し学びます。複雑な自然現象に隠れた基本的な法則を解明する能力を養います。

計算科学コース

計算科学コースでは、数学や物理学の基本的な知識を「基礎科目」で学び、知識を自然科学や工学への応用の視点を持って「発展科目」に繋ぎます。計算機シミュレーションなどの手法を高度に駆使できる能力を「応用計算科学」科目などで養います。

【博士前期課程】数物科学専攻の詳細はこちら

数物科学専攻 【博士後期課程】

入学前に、英語および専門分野に関する専門的基礎科目の基礎学力を身につけておくことが必要です。
博士前期課程で培った専門知識と経験をふまえ、最先端の課題への取り組みを通じて、新課題を自ら開拓する洞察力を養い、高度教育機関の教員や一般企業の研究職に相応しい高度の見識と専門性を持った人材を養成することを目的とします。
学修成果の評価は、総合・専門・専攻共通科目ではレポート、演習、あるいはゼミナールでの発表などに基づき行なわれます。

【博士後期課程】数物科学専攻の詳細はこちら