昭和女子大学大学院(男女共学)

[私立]

  • この大学院の資料を請求する
大学院紹介
基本情報
研究科・専攻
一般入試
入試要項
社会人入試
入試要項
この大学院の資料を請求する

社会人入試 入試要項

入試日程

2023年度

◆7月期
研究科 課程 出願期間
(消印有効)
試験日 合格発表 入学手続期間※
文学 博士前期 2022年
5月31日(火)〜
6月14日(火)
7月2日(土) 7月9日(土) 入学金:
7月9日(土)〜7月19日(火)
情報登録・学費等:
11月14日(月)〜11月24日(木)
博士後期
生活機構 修士
博士後期 7月1日(金)

※後期入学者の入学金・情報登録・学費等の納入期間:7月9日(土)〜19日(火)

◆2月期
研究科 課程 出願期間
(消印有効)
試験日 合格発表 入学手続期間
福祉社会・経営 専門職 2023年
1月16日(月)〜
1月30日(月)
2月18日(土) 2月25日(土) 2月25日(土)〜3月10日(金)
文学 博士前期
博士後期
生活機構 修士
博士後期 2月17日(金)
◆3月期
研究科 課程 出願期間
(消印有効)
試験日 合格発表 入学手続期間
福祉社会・経営 専門職 2023年
2月13日(月) 〜 2月20日(月)
3月4日(土) 3月8日(水) 3月8日(水)〜 3月14日(火)

募集する専攻(専門職・博士前期課程・修士課程)

研究科 専攻
福祉社会・経営 福祉共創マネジメント
文学 日本文学
英米文学
言語教育・コミュニケーション※1
生活機構 生活文化研究
心理学※2 心理学講座
福祉社会研究
人間教育学
環境デザイン研究
生活科学研究

※1 英語教育専修コース(1年制)は、英語の中学校もしくは高等学校の一種教育職員免許状を取得済みの者、もしくは取得見込みの者。
※2 臨床心理学講座の募集はありません。

出願資格

【福祉社会・経営研究科】

次の1、2すべてを満たす者

  1. 入学時点で保健・医療、福祉等の関連機関・施設、研究・教育機関、官公庁、企業などに3年以上の実務経験を有する者、または会社や組織での経営に関する企画、立案、推進などを担う職で実務経験3年以上を有する者
  2. 次の1)、2)いずれかに該当する者
    1)学士の学位を有する者、および入学までに学士の学位を授与される見込みの者
    2)学士の学位を有する者と同等以上の学力があると認められる者
上記に加え、事前個別相談が必須となる。

【文学研究科/生活機構研究科】

次の1、2すべてを満たす者

  1. 入学までに2年以上の社会人経験のある者
  2. 次の1)、2)いずれかに該当する者
    1)学士の学位を有する者、および入学までに学士の学位を授与される見込みの者
    2)学士の学位を有する者と同等以上の学力があると認められる者

上記に加え、生活機構研究科生活文化研究専攻、福祉社会研究専攻を志願する者は、事前個別相談が必須となる。

選考方法・試験科目

【福祉社会・経営研究科】

1、2、3を総合的に評価し、合否を判定する。

  1. 書類審査
  2. 事前課題
  3. 口述試験(Zoomを利用しオンラインで実施)

【文学研究科/生活機構研究科】

1、2、3を総合的に評価し、合否を判定する。

  1. 書類審査
  2. 筆記試験:専門科目または小論文(専門分野に関するもの)
  3. 口述試験
専攻 筆記試験 口述試験
日本文学 小論文(日本文学・日本語学に関するもの) 「研究計画」「実務経験※」等に
ついて口頭発表及び質疑応答。
20〜30分程度。
英米文学 小論文(専門分野に関するもの)
(英語を含む)
言語教育・
コミュニケーション
日本語教育講座(2年制) 小論文(専門分野に関するもの)
英語教育講座(2年制) 小論文(専門分野に関するもの)
(日本語)
英語教育専修コース(1年制) 小論文(専門分野に関するもの)
(日本語)
生活文化研究 2年制・1年制 小論文(専門分野に関するもの)
心理学 心理学講座 心理学基礎・心理学専門
福祉社会研究 小論文(専門分野に関するもの)
人間教育学 小論文(専門分野に関するもの)
環境デザイン研究 専門科目(一般入試に準ずる)
生活科学研究 小論文(専門分野に関するもの)
(英語を含む)★

★ 英和辞書持ち込み可(電子辞書持ち込み不可)。
※ 生活文化研究専攻は「社会人経験」と読み替える。

試験時間

研究科 専攻 受験生入室 着席完了 専門科目・小論文 着席完了 口述試験
文学 日本文学 10:15 10:30 10:40〜11:40 13:00 13:10〜
英米文学
言語教育・
コミュニケーション
生活
機構
生活文化
福祉社会研究
人間教育学
環境デザイン研究
生活科学研究

注1)30分以内の遅刻は入室・受験を認めます。 注2)試験時間内の途中退室は認めません。 注3)志願専攻の全試験を受験することが必要です。

研究科 専攻 受験生入室 着席完了 専門科目・小論文 着席完了 口述試験
生活
機構
心理学 8:40 9:00 9:10〜10:40 10:50 11:00〜
研究科 専攻 受験生入室 口述試験
福祉社会・経営 福祉共創マネジメント 口述試験開始5分前 10:40〜

募集する専攻(博士後期課程)

研究科 専攻
文学 文学言語学
生活機構 生活機構学

出願資格

次の1、2すべてを満たす者

  1. 入学までに2年以上の社会人経験のある者
  2. 次の1)、2)いずれかに該当する者
    1)修士の学位を有する者、および入学までに修士の学位を授与される見込みの者
    2)修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認められる者

上記に加え、生活機構研究科生活機構学専攻を志願する者は、事前個別相談が必須となる。

選考方法・試験科目

1、2、3を総合的に評価し、合否を判定する。

  1. 書類審査
  2. 筆記試験:専門科目または小論文(専門分野に関するもの)
  3. 口述試験
専攻 研究領域 筆記試験 口述試験
文学言語学 日本語日本文学 小論文(専門分野に関するもの) 「修士論文」あるいは「研究業績」
「研究計画」について資料
(パワーポイント等)を用いて
口頭発表および質疑応答。
20〜30分程度
英語英米文学 専門科目(分野選択・記述式)
(英語を含む)
言語教育学 日本語教育講座 小論文(専門分野に関するもの)
英語教育講座 小論文(専門分野に関するもの)
(英語を含む)
生活機構学 生活文化 専門科目(英語を含む)★
人間社会 専門科目(英語を含む)★
生活科学 専門科目(英語を含む)★

★ 英和辞書持ち込み可(電子辞書持ち込み不可)。

試験時間

専攻 受験生入室 着席完了 専門科目・小論文 着席完了 口述試験
文学言語学 10:15 10:30 10:40〜11:40 13:00 13:10〜
生活機構学

注1)30分以内の遅刻は入室・受験を認めます。 注2)試験時間内の途中退室は認めません。 注3)志願専攻の全試験を受験することが必要です。